Create issue ticket

考えれる1,164県の原因 不全麻痺

  • イレウス

    麻痺性イレウス;adynamic Ileus;不全麻痺) 執筆者: Parswa Ansari, MD, Assistant Professor and Program Director in Surgery, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York イレウスとは,腸蠕動が一時的に停止[msdmanuals.com]

  • 脊髄精神的外傷

    完全麻痺不全麻痺 脊損には、完全損傷(完全マヒ)と不完全損傷(不全マヒ)があり、その損傷部位と程度(損傷状態)によって、マヒの重さと広がりが違い、特に頚損の場合は著しい障害差があります。また、頚損に多い不全マヒの多くは不自由ながら歩行できますが、手にマヒの残ることがあります。[sekison-osaka.sakura.ne.jp] この脊髄を傷めると、傷ついたところから下に、運動麻痺の他、知覚麻痺(痛み、温度、触覚等の喪失・低下)、体幹内臓機能不全(直腸膀胱障害、発汗体温調整機能障害、内臓機能低下、呼吸器機能低下)などの複合した重い後遺症が残ります。[sekison-osaka.sakura.ne.jp]

  • 大動脈解離

    裂けた箇所によって、また病状の進展によって、大動脈弁閉鎖不全や脳虚血症状(意識消失、麻痺)、腸管虚血症状(腹痛、下血)、腎不全、下肢虚血症状などの併発症状を引き起こすこともあります。新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)を通して、血液が薄くなった外膜から染み出したり破裂すると、や血胸をおこします。[jsvs.org] 救命できた場合でも四肢麻痺、多臓器不全となり重篤である。 6. 治療法 現時点では、緊急手術しか救命の方法はない。 7. 研究班 急性大動脈症候群に対する予防治療の指針作成に向けた基礎研究班[nanbyou.or.jp] 大動脈の手術を受けられた方へ(術後の注意点) 大動脈の手術後には脳梗塞、心筋梗塞、不整脈、脊髄麻痺、腎不全といった様々な合併症を起こす可能性があります。合併症が起こったときには、その治療が優先されます。 一方、多くの患者さんは、合併症なく手術を乗り切れるので、できるだけ早くに元の生活に戻るようにリハビリテーションを行うことが重要です。[ncvc.go.jp]

  • 不全麻痺

    声帯麻痺の場合には、周囲の人が分かるほど極端にかすれた声やガラガラ声になりますが、声帯不全麻痺の場合には、声はそれほど悪くないものの、これまで出ていた高い声が出なくなります。 診断 声帯不全麻痺の診断は、症状経過の問診と経鼻内視鏡検査によって行います。発声時の声帯に特殊なストロボ光をあて、声帯の振動を観察します。[hiroshiba.com] 両社は、今後、 ATC-1906 を胃不全麻痺とその症状に対する治療薬として開発する予定です。 胃不全麻痺は、胃排出遅延を特徴とした慢性的な胃運動障害であり、早期満腹感、食後膨満感、嘔気、嘔吐、腹部不快感などの症状を伴います。糖尿病性の胃不全麻痺および特発性胃不全麻痺には大きなアンメットメディカルニーズが存在します。[takeda.com] 胃内容物半減時間の短縮、嘔吐頻度の減少、重症度の軽減をRCTで確認 同グループは、糖尿病胃不全麻痺に対するグレリン受容体作動薬relamorelinの有効性を検討する多施設ランダム化比較試験を実施した。対象は204例(88%が2型糖尿病)。[medical-tribune.co.jp]

  • ポルフィリン症

    筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸筋まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 脊髄圧迫

    [対麻痺もしくは不全麻痺の症例] dexamethasone 96 mg/日 3日ずつ漸減 [軽度の神経学的所見のある症例] dexamethasone 16 mg/日から開始し漸減 2.外科的治療 1)脊椎の安定性 外科的治療の適応を検討する際、脊椎安定性は重要な因子のひとつである。[medical.nikkeibp.co.jp] 症状 脊椎痛や両後肢の不全麻痺、ふらつきを呈することが多く、急性に発症することもあれば慢性経過をたどることもあります。 診断 椎間板関連動的圧迫は、通常のMRI検査や脊髄造影検査では診断できず、確定診断のためには脊髄造影ストレス撮影が必要です。[aikawavmc.com] Grade2 後肢の不全麻痺、運動失調を認める。[animalhospital.gifu-u.ac.jp]

  • 不全対麻痺

    抄録 【目的】第3腰髄(以下;L3)不全麻痺症状を呈した患者に対して装具療法を実施した。術後7か月を経過した時期からでも歩行に改善がみられて活動性が向上したが、その間には装具の変更と破損に対する修理が何度も必要だった。今回の装具療法の経験について症例報告する。 【方法】下記経過の症例に対して、外来での装具処方検討を実施した。[jstage.jst.go.jp] 不全麻痺を呈しASIA Impairment Scale(以下AIS)はC,ASIA Lower Extremity Motor Score(以下LEMS)3/50,感覚は左L5 S1で軽度鈍麻,両下肢にアロディニアを認めた。[ci.nii.ac.jp] 【考察】 今回,不全麻痺例に対し,当院訓練用のスタンダードなSLBでは,立脚期の膝折れは改善されず立脚期の不安定を認め,歩行動作獲得は困難であったため,SLB処方に工夫を行った.立脚中期に外側への転倒傾向があることから外側ウェッジ・外側フレアをそれぞれ7mm追加することで安定性が増した.また立脚後期に起こる膝折れに対してはトゥスプリングを[jstage.jst.go.jp]

  • 視神経症
  • 骨髄性プロトポルフィリン症

    筋力低下はしばしば下肢近位側より始まり、上肢や下肢遠位にみられることもあり、呼吸筋まで悪化して呼吸不全を伴う完全麻痺になることがある。両側性軸索運動神経障害は遠位橈骨神経を障害することもある[King et al 2002]。運動神経障害は脳神経も含み、球麻痺をおこすことがある。[grj.umin.jp]

  • 皮膚筋炎

    皮膚筋炎(ひふきんえん、Dermatomyositis; DM)は自己免疫疾患の一種である。慢性疾患であり、膠原病の1つとして分類されている。横紋筋が冒される特発性炎症性筋疾患の一つであり、他には多発筋炎(PM)がある。両者は皮膚症状の有無によって区別されるが、そもそも基本的に疾患が異なるとする考えもある。他の膠原病においてもしばしば本症と同様の筋炎の臨床および病理所見が伴うことがある。なお、略称のDMは糖尿病と共通しており、また糖尿病のほうが有名であるため、うかつに略称で話すと勘違いされる可能性がある。 年間発病率は100万人あたり2[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状