Create issue ticket

考えれる157県の原因 不全対麻痺

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 神経根脊髄障害
  • 筋萎縮性側索硬化症

    痙性麻痺(SPG)20型(トロイアー症候群) の臨床的特徴は,構語障害,遠位筋萎縮,軽度発達遅滞,低身長を伴う痙性不全麻痺である.ほとんどの患児には初期に発達指標(歩行・言語)の遅れを認め,その後,歩行や言語機能の緩徐な低下が見られる.病的な多幸症や号泣といった情動不安定や感情障害もよく見られる.軽度の小脳症状も一般的に認める.最重症の[grj.umin.jp]

  • 不全対麻痺

    抄録 【目的】第3腰髄(以下;L3)不全麻痺症状を呈した患者に対して装具療法を実施した。術後7か月を経過した時期からでも歩行に改善がみられて活動性が向上したが、その間には装具の変更と破損に対する修理が何度も必要だった。今回の装具療法の経験について症例報告する。 【方法】下記経過の症例に対して、外来での装具処方検討を実施した。[jstage.jst.go.jp] 不全麻痺を呈しASIA Impairment Scale(以下AIS)はC,ASIA Lower Extremity Motor Score(以下LEMS)3/50,感覚は左L5 S1で軽度鈍麻,両下肢にアロディニアを認めた。[ci.nii.ac.jp] 【考察】 今回,不全麻痺例に対し,当院訓練用のスタンダードなSLBでは,立脚期の膝折れは改善されず立脚期の不安定を認め,歩行動作獲得は困難であったため,SLB処方に工夫を行った.立脚中期に外側への転倒傾向があることから外側ウェッジ・外側フレアをそれぞれ7mm追加することで安定性が増した.また立脚後期に起こる膝折れに対してはトゥスプリングを[jstage.jst.go.jp]

  • 頸部椎間板ヘルニア

    症例Report 『頸部椎間板ヘルニア』 :2014. 7. 10 :平塚 症例 頸部椎間板ヘルニア  ミニチュアダックスフント 13歳 オス 主訴 食欲・元気消失、歩様の異常、頸部の疼痛 レントゲン検査 胸部、腹部及び頸部のレントゲン検査では特に異常所見は認められなかった。 MRI検査 頸部MRI検査にてC(頸椎)4-5椎間で腹側(左寄り)から中程度の、C3-4椎間及びC5-6椎間の腹側から軽度の脊髄圧迫所見を認めた。なお、頭部検査では、脳実質内に腫瘍・炎症等の器質的変化を疑う所見は認められなかった。以上のことから、C4-5間の頸部椎間板ヘルニアと診断。 [MRI 頸部矢状断面 T2強調画像][…][kanjipc.jp]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性骨髄線維症

    原発性骨髄線維症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 骨髄線維症進行期 上: 100 下: 200 顆粒球系細胞、赤芽球系細胞は認められず. 巨核球は増加、著明な線維化が認められる. 解説 はじめに 原発性骨髄線維症は骨髄の広範な線維化と骨硬化、髄外造血を特徴とする慢性骨髄 増殖性疾患の一つです。その本態は本態性血小板血症、真性多血症と同様に造血幹 細胞レベルで生じた遺伝子異常であり、造血細胞はモノクローナルに増殖、特に血小板 産生細胞である巨核球から産生される種々のサイトカインが骨髄の間質細胞に作用し[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    きゅうせいかんけつせいぽるふぃりんしょう 急性間欠性ポルフィリン症 ヘモグロビンを構成するヘムの合成に障害がおこり、精神症状や腹部症状が出る病気。ポルフィリン症の一種 3人の医師がチェック 19回の改訂 最終更新: 2019.02.19 POINT 急性間欠性ポルフィリン症とは[…][medley.life]

さらなる症状