Create issue ticket

考えれる1県の原因 下虹彩のコロボーマ

  • コロボーマ

    ( 瞼のコロボーマ図の出典 )もっとも多く見られるのが虹彩(いわゆる茶目と呼ばれる部分)のコロボーマです。 ( 図の出展 )。 虹彩コロボーマ では鍵穴状にに伸びた瞳孔を示します。目の中の冒されている部分によっては視力への影響が無い場合がしばしばあります。[kiyosawa.or.jp] ぶどう膜は発生学的に、上から包み込まれるように出来上がってきますので、先天的に側に欠損部分ができてしまうことがあります。これをぶどう膜欠損(ぶどう膜コロボーマ)と言いますが、虹彩コロボーマもこれの一つです。虹彩コロボーマは、瞳のの方が丸くなく鍵穴のような形に見えます。[totsukaganka.com] 特に、眼球は受精後の32から37日ころに上から眼胚が眼内の物を上から巻き込むようにして眼球の内容物になるべき物を囲い込んでゆき、最終的には側で閉じます、ですからこの過程が遅れて発生するコロボーマでは、虹彩や脈絡膜の欠損部分は必ず眼の側にあります、この虹彩と脈絡膜は眼の中では毛様体と同じ血管性の起源を持ち、ぶどう膜と総称される近縁のものです[kiyosawa.or.jp]

さらなる症状