Create issue ticket

考えれる508県の原因 下腹部痛, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 下腹部痛, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 尿路感染症

    症状としては排尿、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。 検査は、尿検査と尿の細菌培養検査*で診断します。トイレで紙コップに尿を採って来ていただき、それを顕微鏡で見て白血球(炎症細胞)が増えていれば膀胱炎と診断します。結果はすぐに出ます。[nomura-hinyokika.com] 上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 尿道炎では下腹の不快感、膀胱炎では排尿、頻尿、残尿感、下腹などの症状が見られます。アデノウイルスによる急性出血性膀胱炎では、四―七日間肉眼的血尿が見られ、自然に軽快します。一方、上部尿路感染症では発熱、悪寒、不快感、背中や脇腹の痛みが見られます。[glico.co.jp]

  • イレウス

    絞扼性イレウスの場合は腸管壊死による敗血症性ショックを生じる前に緊急手術が適応される。 腸重積症 イレウス MSDマニュアル プロフェッショナル版[ja.wikipedia.org] また、絞扼性の場合は腸管の血流障害が生じ、壊死を招いて、敗血症や消化管穿孔などを起こし、救命に速やかな外科的処置が必要になります。 レントゲンとCTで診断 特殊な検査はなく、下記のような一般的な検査で診断ができます。 レントゲン 拡張した小腸にガス像を認めます。[tokushukai.or.jp]

  • 大腸菌

    内毒素(リポ多糖)を産生するため、大腸菌による敗血症は重篤な内毒素ショック(エンドトキシンショック)を引き起こす。敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿路感染症であるが、大腸菌は尿路感染症の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    Cystitis 解説:戸邉 豊総 ( 宇都宮病院 泌尿器科診療科長) 膀胱炎はこんな病気 一般的な症状として、排尿、頻尿、尿意切迫感(突然我慢できないほどトイレに行きたくなること)、残尿感、下腹などや、尿の混濁がみられる病気です。血尿が出ることもありますが、発熱はあっても軽度です。膀胱炎は尿路感染症の一種です。[saiseikai.or.jp] 早急に治療しなければ、敗血症になる場合があるので、必ず医療機関を受診してください。 膀胱炎は、背後に原因となる病気があって起こる「慢性膀胱炎」がありますが、これは比較的高齢の男性に多く、前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などが原因になります。[oka-clinic.jp] 常に尿の中に細菌がいる状態で、普段はほとんど症状がなく、治療の必要はありませんが、急に悪化し腎盂腎炎や敗血症(血管内に細菌が入り込み、全身にまわる)を起こしたときは治療が必要です。治療は抗生剤だけでなく、ベースとなる病気をコントロールして全身状態を改善させることが重要です。[do-yukai.com]

  • 腎盂腎炎

    症状としては排尿、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。 症状などから膀胱炎の発症が疑われる場合は、尿検査と尿の細菌培養検査 ※ を行います。これは採取した尿を顕微鏡で調べ、白血球(炎症細胞)が増えていると確認されると膀胱炎と診断されます。[tamada-clinic.com] 腎臓は血液が豊富であるため菌血症、敗血症をきたしやすい。敗血症のマーカーとしてプロカルシトニンを測定する場合がある。 CTなどの画像診断によって水腎症が著明である場合は、緊急処置として腎瘻造設(経皮的に腎盂を穿刺して排膿)を行う事がある。[ja.wikipedia.org] ・急に頻尿になる ・排尿時の痛み(特に排尿終了時に強い痛みがある場合が多い) ・尿が白く濁る ・残尿感 ・下腹 ・尿失禁 ・血尿 上記の症状の他に高熱や腰痛の痛みなどがある場合は腎盂腎炎が疑われます。腎盂腎炎の症状には下記のような症状があります。[mizuo-clinic.com]

  • 急性膀胱炎

    【症状の現れ方】 突然の頻尿(ひんにょう)、排尿時の痛み、とくに排尿終了時の強い痛み、尿の混濁が現れ、残尿感、下腹、尿失禁、血尿などを伴うことがあります。 一般に発熱は伴わず、高熱や腰痛が現れた場合には、腎臓にまで炎症が及んでいる可能性があります(腎盂腎炎(じんうじんえん))。[yomidr.yomiuri.co.jp] 上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 排尿、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い 検査は? 尿検査と尿の細菌培養検査で診断します。 トイレで紙コップに尿を採ってきていただきます。 当院では尿道から管を入れて尿を採ることはしていません。[knuc.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    そこで、 「女性の下腹」からPIDを疑うことができるか? が大きな鍵になります。女性の下腹には虫垂炎、腸炎、膀胱炎、子宮外妊娠、卵巣嚢腫捻転・・・など多くの疾患の可能性を同時に考える必要があります。[tokyobay-mc.jp] 感染が血液に広がり敗血症を起こすと、命にかかわることがあります。 骨盤内炎症性疾患は膿状の液体を生じることが多く、これが原因で生殖器内や腹部臓器の間に瘢痕や癒着(異常な瘢痕組織による結合)が生じます。その結果、不妊になることもあります。炎症の期間が長く重症度が高いほど、また、再発を繰り返すほど、不妊などの合併症のリスクが高くなります。[aioi23.exblog.jp] この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、血栓静脈、カンジダ症、発疹、じんましん、かゆみ、アトピー性皮膚炎悪化、光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなる)、紅斑、水疱、皮膚剥離、多形紅斑、寝汗、多汗症、皮膚乾燥、皮膚変色、脱毛などが報告されています。[rad-ar.or.jp]

  • 虫垂炎

    下腹がよく知られているが、典型的にはまず心窩(みぞおち付近)に痛みが出て、時間の経過とともに右下腹部へと移動していくことが多い。その他の主な症状としては、食欲不振、嘔気、発熱などがある。 診断学の世界では、虫垂炎の病態生理は次のように理解されている。[ja.wikipedia.org] 腹膜炎を併発したり、細菌が血流に乗って全身に広がる敗血症になると命に関わることもあるため、初期段階での発見・早期治療が重要です。 症 状 初期症状として多いのは、上腹部(みぞおち)またはへそ周辺の腹痛です。腹痛は時間の経過とともに右下腹部へと移動します。吐き気や嘔吐はこの経過中に起こります。[chiba-city-med.or.jp] また、虫垂が破裂すると、細菌が血流に感染して 敗血症 という生命を脅かす状態に至ることがあります。[msdmanuals.com]

  • 急性前立腺炎

    症状 [ 編集 ] 主な症状として高熱、下腹、会陰部痛、排尿困難、頻尿、膀胱炎とそれを併発した事による排尿、残尿感、筋肉、関節がある [3] 。 通常は40度前後の 高熱 が出て、 血液 中の 白血球 が増える。[ja.wikipedia.org] しかし炎症が激しい場合は、マッサージなどのような操作は細菌を血液中に押し込んで敗血症を併発したりする危険性があるため、このような診断は行なわない。膀胱炎を併発している場合には、尿の中に膿である白血球が認められるようになる [5] 。 超音波検査の場合、腫れた前立腺が認められ、時には膿が溜まっているのが見られる。[ja.wikipedia.org] また下腹や会陰部( 肛門 の前辺り)などに痛みを起こし、それにより歩行や座位が難しくなることが多く、通常は入院して絶対安静にして治療する事になる。炎症のため前立腺が腫れる事になり、真中を通っている尿道が圧迫されて 前立腺肥大症 に似たような症状が出る [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管炎

    急性卵管炎を起こすと、痛みの程度は様々ですが、下腹を感じることが多くあります。 症状が進行すると、発熱や吐き気、嘔吐を伴うこともあります。また、おりものの量が増え、排便・排尿時に痛みを感じる人もいます(※1)。[192abc.com] 適切な治療をせず放置すれば、炎症が骨盤腔をこえて広がり、腹膜炎(「 腹膜炎とは 」)、敗血症(はいけつしょう)(「 敗血症 」)、まれに大腸や膀胱(ぼうこう)への穿孔(せんこう)(穴があくこと)をおこすことがあります。 卵管炎は卵管の通過性を阻害し、不妊の原因となることがあります。[kotobank.jp] このほか、敗血症感染などの血行性やリンパ行性感染、あるいは虫垂炎など近接臓器からの下行性ならびに連続性感染もみられる。症状は起炎菌の種類や毒性、患者の抵抗力などによって異なり、急性、慢性、潜伏性など多様な経過をとる。淋菌や化膿菌による場合は急性で、下腹部痛や腰痛が激しく、発熱や嘔吐 (おうと) などもみられる。[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状