Create issue ticket

考えれる482県の原因 下腹部痛

  • 尿路感染症

    症状としては排尿、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。 検査は、尿検査と尿の細菌培養検査*で診断します。トイレで紙コップに尿を採って来ていただき、それを顕微鏡で見て白血球(炎症細胞)が増えていれば膀胱炎と診断します。結果はすぐに出ます。[nomura-hinyokika.com] 症状としては排尿、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。 症状などから膀胱炎の発症が疑われる場合は、尿検査と尿の細菌培養検査 ※ を行います。これは採取した尿を顕微鏡で調べ、白血球(炎症細胞)が増えていると確認されると膀胱炎と診断されます。[tamada-clinic.com] ー間質性膀胱炎 下腹、頻尿、残尿感、排尿時痛などの症状あり 急性膀胱炎と違い尿に細菌を認めない膀胱のアレルギー性病変と言われています。 治療は水圧拡張、抗アレルギー薬の投与、膀胱内注入療法(キシロカイン、DMSO)などを行います。[kurume-urol.com]

  • 膀胱炎

    【症状の現れ方】 下腹の不快感、頻尿(ひんにょう)、排尿、尿意切迫感、残尿感、下腹、血尿、尿失禁など急性膀胱炎と同様の症状があり、それが持続したり繰り返したりします。一方、排尿後に何となくすっきりしないといった違和感や、尿の混濁があったりするだけで、ほとんど症状がないことも少なくありません。[yomidr.yomiuri.co.jp] Cystitis 解説:戸邉 豊総 ( 宇都宮病院 泌尿器科診療科長) 膀胱炎はこんな病気 一般的な症状として、排尿、頻尿、尿意切迫感(突然我慢できないほどトイレに行きたくなること)、残尿感、下腹などや、尿の混濁がみられる病気です。血尿が出ることもありますが、発熱はあっても軽度です。膀胱炎は尿路感染症の一種です。[saiseikai.or.jp] その他に残尿感(オシッコが残っている感じ)、下腹下腹が痛い)などの症状があります。 急性膀胱炎になった場合の治療について 急性膀胱炎は抗菌剤(細菌を殺す薬)が非常によく効くので、適切な薬を早めに服用すれば100%治ってしまいます。 注意: 薬を飲んで、何か気になる症状が出たら、すぐに申し出てください。[niigata-kouseiren.jp]

  • 卵巣嚢胞

    あまりに大きくなると腹部膨満や下腹、頻尿などの腹部症状がでてきますが、小さいうちは無症状で経過します。このため、2センチの卵巣嚢胞があるあなたは、卵巣嚢腫による症状はないと考えられます。そして、卵巣嚢腫は健康診断の超音波検査で診断されたのではないでしょうか。 超音波検査ですが、その良性・悪性の正診率はおおよそ90%です。[tokushima.med.or.jp] 腹部膨満感(お腹が張って苦しい) 下腹 頻尿 などで、気づくことが多いのです。 また、進行して大きくなると、腫瘍が破裂したり、腫瘍がおなかの中でねじれてしまう(茎捻転)と、突然、我慢できないほどの強い下腹を起こすこともあります。こうなると救急車で緊急手術ということにもなりかねません。進行する前に、見つけておくことが大切です。[mylohas.net] 自覚症状としては腹部膨満感(お腹の張り)、下腹、頻尿などがありますが、症状がない方も多くいます。 中には赤ちゃんの頭くらいの大きさになっても腫瘍の成長速度がゆっくりなことが多いため太ってきたと思う方も少なくありません。 ただ腫瘍が捻じれる 卵巣腫瘍茎捻転や破裂を起こした場合には急激な下腹が起こります。[yokoso.or.jp]

  • 急性膀胱炎

    排尿、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い 検査は? 尿検査と尿の細菌培養検査で診断します。 トイレで紙コップに尿を採ってきていただきます。 当院では尿道から管を入れて尿を採ることはしていません。[knuc.jp] こんな症状の方はご相談ください 尿失禁、尿漏れ 頻尿(トイレが近い)、過活動膀胱 排尿困難 間質性膀胱炎 急性膀胱炎 腎盂腎炎 健康診断で血尿を指摘された 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある 慢性骨盤症候群(明らかな原因が無いのに、下腹がある) 腹圧性尿失禁 女性の正常な体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん[clinic-kawai.jp] Cystitis 解説:戸邉 豊総 ( 宇都宮病院 泌尿器科診療科長) 膀胱炎はこんな病気 一般的な症状として、排尿、頻尿、尿意切迫感(突然我慢できないほどトイレに行きたくなること)、残尿感、下腹などや、尿の混濁がみられる病気です。血尿が出ることもありますが、発熱はあっても軽度です。膀胱炎は尿路感染症の一種です。[saiseikai.or.jp]

  • 外陰炎

    関連する検査や病気 膣培養検査 細菌性膣炎、カンジダ膣炎 クラミジア、淋菌、トリコモナス検査、ヘルペス検査 クラミジア頸管炎、、淋菌感染、トリコモナス膣炎、ヘルペス外陰炎などの性感染症など その他 アレルギーによる皮膚炎、毛のう炎、バルトリン腺のう胞、外陰部掻痒症など 下腹 妊娠したみたい。[kinohosp.com] 泡沫状、粘性 おりものの量 中等度 臭気 あり(強い) 患者の主訴 泡状のおりもの、悪臭、外陰の瘙痒、排尿困難 誘因 性交渉が誘因となる場合が多い 他覚所見(炎症所見等) 淡膿性、泡沫状のおりもの、腟壁発赤 淋菌性腟炎 原因 淋菌 おりものの性状 粘液性、膿性 おりものの量 少ない 臭気 あり(弱い) 患者の主訴 疼痛を伴う、稀に排尿困難、下腹[brand.taisho.co.jp] トリコモナス 主な症状 おりもの(多量) 時ににおい おりもの うみ性 泡沫状 量多 炎症 腟壁発赤 主な誘因 性交渉など 細菌性腟症 病因 嫌気性菌など 主な症状 おりもの(軽度) におい おりもの 灰色 量普通 炎症 特になし 主な誘因 性交渉の場合が多い 骨盤内感染症 病因 クラミジアや淋菌 好気性菌 嫌気性菌 主な症状 おりもの 発熱 下腹[empecid.jp]

  • 性感染症

    性感染症の主な症状 男性 尿道のかゆみ・不快感、排尿時のかゆみ・痛み、 膿が出る、陰部のかゆみ、痛み、腫れ、ただれ 女性 おりものが増える、下腹、 性器周辺のかゆみ・痛み・排尿困難・性行時の痛み 性感染症の主な症状は、表のようになっています。[nho-kumamoto.jp] 淋病 クラミジア感染症と似ていますが、女性の症状が軽いため、気づかずにいると淋菌性膣炎・子宮内膜炎・卵管炎を発症し、激しい下腹や発熱を引き起こします。パートナーの自覚症状で発見されることもあります。 自覚症状がない潜伏期間が長く続き、知らぬ間に多くの人に感染させる恐れがあります。[chofu-lc.jp] 約2割におりものの増加、軽い下腹。 検査 尿・分泌物をとって検査。 治療 抗生物質の服用 淋菌感染症 特徴 クラジミアにつぐ感染者数。性行動の多様化により咽頭炎や直腸炎なども増えている 原因 【潜伏期間】 淋菌という細菌が原因。 【潜伏期間:2 10日】 症状 男性:排尿時の強い痛み。尿道から膿が出る。 女性:無症状のことも多い。[city.osaka.lg.jp]

  • 子宮内膜症

    生理以外のときにも下腹が痛い 月経以外のときにも「下腹」があるというのもよくある訴えで、子宮内膜症の女性の約7割の人にみられます。月経が始まる1週間ほど前から痛くなることが多いようですが、生理が終わっても痛みが続き、結局一カ月のうち痛みがない日のほうが少ないというケースもあります。[kissei.co.jp] 子宮内膜症の症状は日常生活で下腹・腰痛・性交時や排便時の痛み。出血量の多い過多月経、不正出血などの月経異常と様々ですので発見に時間が掛かることが多い病気です。[komatu.org] 起こる場所 骨盤内の臓器 卵巣の表面・仙骨子宮靭帯の表面・ダグラス窩・卵巣の中・後靭帯の後ろ 骨盤内の臓器 子宮の筋肉層 まれに・・・ 骨盤外子宮内膜症 肺・へそ・膣・外陰部・リンパ節など 症状について 月経時の症状 吐き気・嘔吐(骨盤内の病巣が腹膜を刺激するため) 生理下腹(この数年で生理痛が激しくなりますますひどくなってくる。[muraguchikiyo-wclinic.or.jp]

  • 妊娠

    少量の性器出血、軽度の下腹を呈し、内子宮口が未開大である場合は切迫流産の可能性が高い。性器出血に加え、陣痛様の下腹を呈し、内診にて子宮口の開大が認められる場合は進行流産を疑う。切迫流産の場合は妊娠の継続が可能な場合もあるので安静、臥床とし16週以降で子宮の収縮が認められる場合は子宮収縮抑制薬を使用する。[ja.wikipedia.org] 妊娠22週未満に子宮収縮または子宮収縮による下腹を認められるが、子宮口の拡大といった頸管の熟化が認められない場合は切迫流産の可能性がある。医療機関の受診を行い、超音波検査によって胎嚢や胎児心拍の確認を行い妊娠継続が可能かを評価したのち、安静にて対応することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    そこで、 「女性の下腹」からPIDを疑うことができるか? が大きな鍵になります。女性の下腹には虫垂炎、腸炎、膀胱炎、子宮外妊娠、卵巣嚢腫捻転・・・など多くの疾患の可能性を同時に考える必要があります。[tokyobay-mc.jp] 妊娠を希望している女性は特に、下腹などの症状に十分気をつけ、少しでも不安があるときは婦人科で診てもらいましょう。 骨盤内炎症性疾患(PID)を予防するには?[192abc.com] 症状 ほぼ全例に認められる症状は、下腹と発熱です。発熱は、全身への炎症による影響がある程度出てきている段階とも考えられるため、自宅で休んでいるだけや、解熱鎮痛薬の内服のみでは改善しないことがほとんどですので、速やかに婦人科を受診するべきでしょう。ときに、消化器症状(吐き気や嘔吐、下痢など)を伴うこともあります。[medicalnote.jp]

  • 虫垂炎

    典型的な症状は、右下腹(右の腰骨とおへそをつないだ線の外側3分の1の場所)です。みぞおちからおへその上あたりの痛みから始まり、4 6時間後から吐き気、食欲不振が現れ、そのあと右下腹、発熱と続きます。虫垂炎だと判断するには、痛みが移動することとその順番が重要です。[saiseikai.or.jp] 下腹がよく知られているが、典型的にはまず心窩(みぞおち付近)に痛みが出て、時間の経過とともに右下腹部へと移動していくことが多い。その他の主な症状としては、食欲不振、嘔気、発熱などがある。 診断学の世界では、虫垂炎の病態生理は次のように理解されている。[ja.wikipedia.org] 頻尿・排尿。右腰部叩打。悪寒戦慄(虫垂炎ではまれ)。 ②産婦人科疾患 異所性妊娠(子宮外妊娠):妊娠可能な女性の下腹(右下腹)では常に考慮する。月経不順、不正出血。 卵巣出血:物理的刺激で卵巣嚢胞が破裂して出血する。誘因の多くは性交渉。 卵巣軸捻転:下腹、嘔吐、圧痛を伴う腫瘤触知。[kunichika-naika.com]

さらなる症状