Create issue ticket

考えれる124県の原因 下腹部の圧痛, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 下腹部の圧痛, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 身体所見 :体温38.5 ,心拍数120,呼吸数25,血圧100/60.全身状態:きつそうである.頭頸部:異常なし.心臓:I・II音正常,雑音なし.胸部:肺胞呼吸音,ラ音なし.腹部:平坦・軟,右背部(肋骨脊椎角)の叩打,腹部触診にて筋性防御はなく下腹の軽度あり,肝脾腫なし,四肢:皮疹なし.尿バルーン内は混濁尿を認める.[igaku-shoin.co.jp] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp]

  • 骨盤静脈血栓性静脈炎

    静脈洞化膿敗血症血栓静脈 (2014/5/13 更新) 日本語版サンフォード感染症治療ガイド-アップデート版 ️臨床状況 ︎ 横静脈洞化膿敗血症血栓静脈は中耳炎/乳様突起炎の合併症である. ︎ 診断は CT または MRI による. ︎[shiseikaidai2.crayonsite.net] 敗血症 のような症状を伴う場合もある。病型は種々あり,閉塞血栓静脈,遊走性静脈炎,手術後静脈炎,分娩後静脈炎,外傷性静脈炎,静脈注射後静脈炎,化膿性静脈炎などに分けられる。[kotobank.jp] における静脈合併症 産褥性血栓静脈 産褥白股症 分娩後骨盤血栓静脈 分娩後深在静脈血栓症 分娩後痔核 産褥脳静脈洞血栓症 産褥陰部静脈瘤 産褥血栓症 産褥静脈 産科的塞栓症 産科的空気塞栓症 羊水塞栓症 産科的塞栓症 産科的膿血塞栓症 産科的敗血症性塞栓症 産科的脂肪塞栓症 産科的会陰創の離開 会陰切開創離開 腟壁血腫縫合創離開[scuel.me]

  • 急性膀胱炎

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] こんな症状の方はご相談ください 尿失禁、尿漏れ 頻尿(トイレが近い)、過活動膀胱 排尿困難 間質性膀胱炎 急性膀胱炎 腎盂腎炎 健康診断で血尿を指摘された 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある 慢性骨盤症候群(明らかな原因が無いのに、下腹がある) 腹性尿失禁 女性の正常な体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん[clinic-kawai.jp] また、細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がった場合(敗血症)、血圧低下(敗血症性ショック)、急性腎不全、多臓器不全となり命にかかわることがあります。 一方、慢性腎盂腎炎の場合、自覚症状がない場合も多く、あっても軽い腰痛や微熱、食欲不振などが現れる程度です。しかし、急激に症状が悪化した場合、急性腎盂腎炎のような症状が生じます。[tokushukai.or.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    感染が血液に広がり敗血症を起こすと、命にかかわることがあります。 骨盤内炎症性疾患は膿状の液体を生じることが多く、これが原因で生殖器内や腹部臓器の間に瘢痕や癒着(異常な瘢痕組織による結合)が生じます。その結果、不妊になることもあります。炎症の期間が長く重症度が高いほど、また、再発を繰り返すほど、不妊などの合併症のリスクが高くなります。[aioi23.exblog.jp] 、腹部全体に広がる痛み、響く痛み 微熱 震え、寒気を伴う発熱 便秘 や下痢 おりものの量が多い、悪臭をともなう 吐き気・嘔吐 骨盤内炎症性疾患(PID)の検査・診断 問診 ;性病のリスクを性格の評価するために、性行動を聴取する 触診:下腹がないかなどを調べる 血液検査: 炎症 が起こっていないかなどを調べる 画像検査:子宮や[medley.life] この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、血栓静脈、カンジダ症、発疹、じんましん、かゆみ、アトピー性皮膚炎悪化、光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなる)、紅斑、水疱、皮膚剥離、多形紅斑、寝汗、多汗症、皮膚乾燥、皮膚変色、脱毛などが報告されています。[rad-ar.or.jp]

  • 急性前立腺炎

    しかし炎症が激しい場合は、マッサージなどのような操作は細菌を血液中に押し込んで敗血症を併発したりする危険性があるため、このような診断は行なわない。膀胱炎を併発している場合には、尿の中に膿である白血球が認められるようになる [5] 。 超音波検査の場合、腫れた前立腺が認められ、時には膿が溜まっているのが見られる。[ja.wikipedia.org] 中には会陰部下腹など典型的な慢性前立腺炎の症状があり、前立腺の強い痛もみられるのに、前立腺圧出液やマッサージ後尿に白血球が全くみられない症例もあります。このようなものも非炎症性の慢性骨盤疼痛症候群として慢性前立腺炎の一つの病型に分類されています。[matsumoto-hinyoukika.jp] 炎症が激しい場合には 敗血症 にまで進展し、この場合には 多臓器不全 などで 死亡 する事もある [3] 。 診断方法 [ 編集 ] 急性前立腺炎の診断方法として 直腸診 、尿と 精液 の検査、 超音波検査 の3つがある [4] 。 直腸診の場合、前立腺は直腸から触れることができるので、直腸から前立腺を触れて見る。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂炎

    腹膜炎を併発したり、細菌が血流に乗って全身に広がる敗血症になると命に関わることもあるため、初期段階での発見・早期治療が重要です。 症 状 初期症状として多いのは、上腹部(みぞおち)またはへそ周辺の腹痛です。腹痛は時間の経過とともに右下腹部へと移動します。吐き気や嘔吐はこの経過中に起こります。[chiba-city-med.or.jp] 一般的には、発熱、CRP上昇・白血球増多など炎症所見があり、右下腹があれば急性虫垂炎を考える。腹部所見はと腹膜刺激症状をチェックする。軽症の虫垂炎ではピンポイントの右下腹を示す(McBurney point)。炎症が広がると痛点は広がるが、やはり右下腹に最強の痛点がある。[nakano-kodomo.or.jp] また、虫垂が破裂すると、細菌が血流に感染して 敗血症 という生命を脅かす状態に至ることがあります。[msdmanuals.com]

  • 分娩

    発熱が敗血症のサインかどうかを見分けるにはバイタルサインを用いるという方法も知られている。これらは患者が安静にしている場合の指標であるため泣き出してしまうと心拍数、呼吸数とも上昇してしまうので判定が難しくなる。正常範囲より 2SD以上の心拍数の変化や呼吸数の変化は発熱だけが原因とは考えられず敗血症の可能性も考える。[ja.wikipedia.org] 肺炎球菌であればそのまま自然経過で改善するが、インフルエンザ桿菌の場合は90%以上の確率で敗血症や髄膜炎にいたるといわれている。体温39度以上で白血球数15,000/μl以上であると潜在性菌血症の可能性が高くなる。尿路感染症も1歳以下の男児や2歳以下の女児では見つけにくい疾患となる。[ja.wikipedia.org] 早期乳児が発熱した場合、大抵はウイルス性感染症であることが殆どであるが約10%程に細菌性髄膜炎や敗血症といった重症感染症が含まれている。そのため、小児科専門の医師の診察が求められるが1か月以内であると各種検査の有効性も疑問視される。生後3ヶ月未満で感染のフォーカスが明らかにならない場合は入院適応となることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸閉塞

    一方,肺炎や脳梗塞,腫瘍の伸展に伴う敗血症など周術期合併症を起こした7 例は治療開始までの期間が延長していた。悪性大腸閉塞に対する減圧法は様々だが,ストーマ造設を要する症例では周術期合併症の低減と後続治療によるストーマ合併症の予防に努めることが,安定した治療につながると考えられた。 Full text loading...[pieronline.jp] 排便のない下腹痙攣が起こる。身体診察では大きな腹鳴を伴う腹部膨隆が典型的に認められる。はなく,通常直腸は空である。閉塞性腫瘍の部位に一致して腫瘤を触知できることがある。全身症状は比較的軽度で,水分および電解質の不足はまれである。 腸捻転 はしばしば突然発症する。疼痛は持続性で,ときに仙痛の波が併発する。[msdmanuals.com] 大腸閉塞は診断と治療に遅れが生じると,壊死や穿孔をきたし,敗血症性ショックから致死的な状態に至る,極めて緊急性が高い疾患です.初期治療としては減圧処置が重要となりますが,その方法は原因疾患によって異なり,それぞれの病態と治療法を理解しておく必要があります.また,閉塞性大腸癌では急性疾患でありながらも腫瘍学的側面を考慮した治療戦略が重要です.[webview.isho.jp]

  • 感染性大腸炎

    あり 稀 ない、または軽度(37 台) 多い 合併症 稀に 心臓 障害を起こすことがある 敗血症 、 髄膜炎 敗血症、 ギラン・バレー症候群 溶血性尿毒症症候群 (HUS)、 血栓性血小板減少性紫斑病 (TTP) 溶血性尿毒症症候群(HUS)、 ライター症候群 脱水症状 脱水症状、 腸重積症 、 肝炎 、 心筋炎 、 脳炎 、 ウイルス性急性脳症[ja.wikipedia.org] Yersinia enterocolitica (エルシニア・エンテロコリチカ) Yersinia enterocolitica は腸内細菌科のグラム陰性桿菌で、その一部の血清型は胃腸炎、敗血症などを起因します。典型的な感染経路は経口感染であり、菌は保菌者・感染症例の糞便に排出されます。[yoshida-pharm.com] 新生児では敗血症や髄膜炎などの全身感染をおこすこともある。急性に発症する左右対称性の四肢運動麻痺を起こす ギラン・バレー症候群 の原因ともなる。 ・・・・・・・・・・・・・・ ギラン・バレー症候群 末梢神経の一次的障害によって 急性の筋力低下 をきたす疾患である。[nsknet.or.jp]

  • 卵管・卵巣膿瘍

    ) 、胆道感染 (30%) (炎症・外傷) 腹膜炎 (80%) 、腹壁膿瘍 (94%) 敗血症 3)膣内常在嫌気性菌 (分娩・流産・帝王切開) 卵管炎・骨盤腹膜炎 (56%) 、卵管・卵巣膿瘍 (92%) 、外陰・膣膿瘍 (74%) 敗血症、IE 4)糞便・土壌 (創傷感染) 軟部組織感染症 Clostridium (経口感染) 食中毒 嫌気性菌感染症[hica.jp] 慢性期に移行すると、骨盤内の臓器が癒着を起こし、下腹、腹部膨満感、下痢、便秘などがみられます。 -検査と診断- 急性期には下腹が認められ、腹壁の筋肉が緊張し硬く触れます(筋性防御)。 内診ではダグラス窩(子宮と直腸の間の腹膜腔)に圧痛が認められます。 血液検査では、白血球増多、CRP陽性などの急性炎症所見が認められます。[mybee.or.jp] 下腹と子宮付属器および周囲の圧痛を必須所見とし、38 以上の発熱、白血球数10,000/μl以上、ダグラス窩穿刺による膿汁の吸引、内視鏡や開腹による病巣確認の所見などをもって診断を行う。 経腟・経腹超音波検査を含めた内診により炎症の主座を同定し、その程度を把握する。重症例ではMRIなどの画像評価を考慮する。[clinicalsup.jp]

さらなる症状

類似した症状