Create issue ticket

考えれる158県の原因 下腹部の圧痛

  • 尿路感染症

    身体所見 :体温38.5 ,心拍数120,呼吸数25,血圧100/60.全身状態:きつそうである.頭頸部:異常なし.心臓:I・II音正常,雑音なし.胸部:肺胞呼吸音,ラ音なし.腹部:平坦・軟,右背部(肋骨脊椎角)の叩打,腹部触診にて筋性防御はなく下腹の軽度あり,肝脾腫なし,四肢:皮疹なし.尿バルーン内は混濁尿を認める.[igaku-shoin.co.jp]

  • 急性膀胱炎

    こんな症状の方はご相談ください 尿失禁、尿漏れ 頻尿(トイレが近い)、過活動膀胱 排尿困難 間質性膀胱炎 急性膀胱炎 腎盂腎炎 健康診断で血尿を指摘された 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある 慢性骨盤症候群(明らかな原因が無いのに、下腹がある) 腹性尿失禁 女性の正常な体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん[clinic-kawai.jp]

  • 便秘

    便秘(べんぴ、英: constipation)とは、ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている状態の総称である。原因は腫瘍の増殖に伴う消化管の狭窄や閉塞などの器質的な要因による便の通過障害もあれば、気質的には全く異常を認めない機能性の便秘もあるなど、多岐にわたる。自覚症状として、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい等のほか、肩や背中に放散痛を伴う場合がある。2017年10月には、日本消化器病学会により「慢性便秘症診療ガイドライン2017」が作成された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    、腹部全体に広がる痛み、響く痛み 微熱 震え、寒気を伴う発熱 便秘 や下痢 おりものの量が多い、悪臭をともなう 吐き気・嘔吐 骨盤内炎症性疾患(PID)の検査・診断 問診 ;性病のリスクを性格の評価するために、性行動を聴取する 触診:下腹がないかなどを調べる 血液検査: 炎症 が起こっていないかなどを調べる 画像検査:子宮や[medley.life] 下腹と子宮付属器および周囲の圧痛を必須所見とし、38 以上の発熱、白血球数10,000/μl以上、ダグラス窩穿刺による膿汁の吸引、内視鏡や開腹による病巣確認の所見などをもって診断を行う。 経腟・経腹超音波検査を含めた内診により炎症の主座を同定し、その程度を把握する。重症例ではMRIなどの画像評価を考慮する。[clinicalsup.jp] 下腹自発もしくは下腹 (子宮体部もしくは子宮付属器の圧痛) ・季肋部自発痛もしくは季肋部圧痛 年齢 16歳 80歳 性別 女 エンドポイント データレビュー委員会判定によるDay 15の臨床効果・データレビュー委員会判定による臨床効果〔投与終了(中止)時,Day 15およびDay 29〕 ・治験責任(分担)医師判定による臨床効果[rctportal.niph.go.jp]

  • 分娩

    無痛分娩 当院では無痛分娩の方法として硬膜外麻酔を取り入れています。麻酔科の経緯のある院長が麻酔を担当し、硬膜外腔という神経の外側の隙間に細いチューブを挿入して麻酔薬を注入し、子宮収縮による痛みの神経をブロックします。 一番の目的は痛みを和らげることによって余分な力がぬけ、その作用で骨盤筋の弛緩が得られ分娩の進行がスムーズになること、それによって分娩後に疲れが残らないようにすることです。 良い点 他の痛み止めの方法より、効果が確実です。 児への影響を認めません。 帝王切開が必要になった時に、同じ麻酔方法で行うことができます。 分娩後の回復が早く、体力が温存できます。 開始する時期[…][asamotoclinic.com]

  • 虫垂炎

    一般的には、発熱、CRP上昇・白血球増多など炎症所見があり、右下腹があれば急性虫垂炎を考える。腹部所見はと腹膜刺激症状をチェックする。軽症の虫垂炎ではピンポイントの右下腹を示す(McBurney point)。炎症が広がると痛点は広がるが、やはり右下腹に最強の痛点がある。[nakano-kodomo.or.jp] 上腹部,嘔吐(おうと)などで始まることが多く,痛みは次第に右下腹に限局し,軽度の発熱を伴う。右下腹,筋性防衛(反射性の腹壁緊張),白血球数増加などにより診断する。炎症が進行し虫垂が破れて膿瘍(のうよう)を作り,さらに腹腔内に広がり 腹膜炎 を起こすと重症。[kotobank.jp] 下腹のみでは虫垂炎だけではなく、他の疾患も鑑別する必要があるので、血液および超音波検査を実施します。治療方針を決定するのに最も有用な画像診断は超音波検査ですが、肥満が強い患児や腸管内ガスが多い患児にはCTを実施します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 感染性大腸炎

    抄録 細菌による感染性大腸炎は多種多様なものがあり,その中で最近注目されている病原性大腸菌腸炎,MRSA腸炎,キャンピロバクター腸炎,腸結核について,その背景,症状,内視鏡所見,診断を概説した.病原性大腸菌は5群に大別され,特にO157は集団発生や重篤化が社会的問題となった.早期診断上,内視鏡は重要であり,深部大腸の出血性粘膜,浮腫,縦走潰瘍が特徴的所見である.MRSA腸炎は術後感染症以外でも,免疫力が低下している患者にも発症し,内視鏡所見は右半結腸[…][jstage.jst.go.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

  • 大腸閉塞

    排便のない下腹痙攣が起こる。身体診察では大きな腹鳴を伴う腹部膨隆が典型的に認められる。はなく,通常直腸は空である。閉塞性腫瘍の部位に一致して腫瘤を触知できることがある。全身症状は比較的軽度で,水分および電解質の不足はまれである。 腸捻転 はしばしば突然発症する。疼痛は持続性で,ときに仙痛の波が併発する。[msdmanuals.com]

  • 常位胎盤早期剥離

    【症状の現れ方】 剥離の程度により異なりますが、出血、下腹、子宮痛、子宮硬直などが多くみられます。次第に腹痛が強くなり、子宮内の出血の増加に伴い、子宮は板状に硬直し、子宮内胎児死亡、ショック症状が現れてきます。 【治療の方法】 治療の基本方針は、すみやかな子宮内容の除去です。[yomidr.yomiuri.co.jp] 症状の現れ方 臨床症状は剥離の程度により異なりますが、出血、下腹、子宮痛、子宮硬直などが多くみられます。次第に腹痛が強くなり、子宮内の出血の増加に伴い、子宮は板状に硬直し、子宮内胎児死亡、ショック症状が現れてきます。 検査と診断 臨床症状から本症を疑った場合には、超音波断層法と胎児心拍モニターを行います。[qlife.jp]

さらなる症状

類似した症状