Create issue ticket

考えれる334県の原因 下肢筋低下

  • 糖原病 2 型

    遅発型は1 70歳と幅広い年代で発症が報告され、特徴として筋ジストロフィーに似た筋力低下(とくに下肢)、高血清クレアチンキナーゼ(CK)値の異常、呼吸が侵されやすいなどが挙げられる。とくに背部筋肉の萎縮は強く、側彎などもみられるという。[carenet.com] 下肢腱反射の消失あるいは低下 18. 糖尿病性萎縮症とくに臀筋の萎縮 19. 手及び足の骨間筋萎縮、特に手の第一指と第二指の間の筋萎縮 20. 爪白癬症、足底白癬症 21.[ibaraisikai.or.jp]

  • ニューロパチー

    これらの疾患は,特に腓骨および下肢遠位の筋力低下および筋萎縮を特徴とする。患者はしばしば神経障害の家族歴をもつ。自然経過は様々である:無症状で(神経伝導検査における)伝導速度の遅延しか認めない患者もいる一方,より重症の患者もいる。[msdmanuals.com] 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] 一方、筋力低下は、下肢末端の内在に生じやすく、早朝からつま先立ち、踝歩きが障害され、凹足、槌指、アキレス腱短縮などの変形を伴いやすい。 深部腱反射は減弱する。 下肢は血流の増加による"hot leg"を呈する。主に大径有髄線維(Aβ線維)が障害されるため、NCV検査が診断に有用である。[shiga-med.ac.jp]

  • 末梢神経障害

    上肢の筋力低下萎縮で発症することが多く、進行すると下肢にも筋力低下が出現します。感覚障害はなく、萎縮性側索硬化症(ALS)と鑑別が必要な場合がありますが、ALSと違い、構音障害や嚥下障害はありません。 免疫グロブリン大量療法が有効ですが、繰り返し治療が必要な場合があります。また、リハビリテーションによって運動機能の改善を図ります。[utanohosp.jp] 進行すると手足の感覚障害が強まり、筋力低下萎縮がともないます。下肢のむくみも現われます。 治療 ビタミンB 1 を補給します。ニューロパチーの回復には時間がかかることが多いものです。日頃のきちんとした食生活がもっともたいせつです。[kotobank.jp] 無痛性心筋梗塞(心筋梗塞がおきると胸痛がでることが一般的だが、心臓神経に障害があると痛みの症状がでないことがある) 起立性低血圧(急に体を起こした時に血圧が下がって、たちくらみがおきやすい) 頻脈や徐脈をおこす 四肢の異常 四肢の運動神経の障害で、筋力低下萎縮がおきることがあります。[dmic.ncgm.go.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    四肢,特に下肢の遠位部優位の筋力低下,感覚障害を認め,振動覚低下,近位の筋力低下,自律神経障害(直腸膀胱障害,低血圧,低体温,発汗異常,消化管蠕動障害)などもみられる.神経伝導速度の遅延や筋電図で神経原性変化を認める.ときに髄液蛋白が増加する.飲酒中止やVB 1 の投与で改善する. h)アルコール性ミオパチー(alcoholic myopathy[kotobank.jp]

  • 多発性神経炎

    一方、筋力低下は、下肢末端の内在に生じやすく、早朝からつま先立ち、踝歩きが障害され、凹足、槌指、アキレス腱短縮などの変形を伴いやすい。 深部腱反射は減弱する。 下肢は血流の増加による"hot leg"を呈する。主に大径有髄線維(Aβ線維)が障害されるため、NCV検査が診断に有用である。[shiga-med.ac.jp]

  • 糖尿病

    概念 糖尿病に由来する神経障害で,左右対称性下肢遠位優位に感覚運動障害を生じる糖尿病性多発神経障害(diabetic polyneuropathy),糖尿病性自律神経障害(diabetic autonomicneuropathy),単発性に末梢神経や脳神経の麻痺を生じる糖尿病性単神経障害(diabetic mononeuropathy),下肢近位[kotobank.jp] の筋力低下を特徴とする糖尿病性筋萎縮症(diabetic amyotrophy)に分類される.[kotobank.jp]

  • 凹足

    歩きにくさは「つまずいてよく転倒する」、「階段が登りにくい」、「スリッパが脱げやすい」 [1] など両下肢遠位の筋力低下に起因するものである。特に足関節の背屈、挙上を行う 前脛骨筋 ( 深腓骨神経 支配)の筋力低下や足関節の背屈や外反を行う 腓骨筋 の筋力低下によってこれらの症状が起こると考えられている。[ja.wikipedia.org] シャルコー・マリー・トゥース病は多くの場合、下肢から始まる遠位優位の萎縮、筋力低下を初発症状とし [1] [2] 、左右対称性、長さ依存性(長い神経ほど症状出現が早く、かつ症状が強い)の遺伝性のポリニューロパチーである。その他の特徴として上肢では手内在筋が障害されやすいこと、骨格系の変化、易疲労性などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性自律神経障害

    一方、筋力低下は、下肢末端の内在に生じやすく、早朝からつま先立ち、踝歩きが障害され、凹足、槌指、アキレス腱短縮などの変形を伴いやすい。 深部腱反射は減弱する。 下肢は血流の増加による"hot leg"を呈する。主に大径有髄線維(Aβ線維)が障害されるため、NCV検査が診断に有用である。[shiga-med.ac.jp] [ 編集 ] 糖尿病性神経障害の中に急性または亜急性の経過で臀部や大腿部などの下肢近位部に筋力低下萎縮が出現する病態に遭遇する。[ja.wikipedia.org] 概要 [ 編集 ] 中高年の2型糖尿病患者に体重減少を伴って急性もしくは亜急性の経過で発症し、下肢近位群を中心に非対称の筋力低下および筋萎縮を認めることに加えて、同部位に強い疼痛を認めることが多い糖尿病性筋萎縮症と発症と糖尿病罹患年数、血糖コントロールは関連が乏しい。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能低下症

    : T : TSH T : TRH TSH T 身体所見では、甲状腺腫大、下肢の非圧痕性浮腫、アキレス腱反射の弛緩相遅延などみられる。 甲状腺ミオパチーでは、筋力低下、易疲労性、強直、筋痛をしばしば認める。筋肉組織内への粘液物質の蓄積が原因と考えられている。甲状腺ミオパチーにおいて筋肥大がめだつものを Hoffmann症候群と呼ぶ。[ja.wikipedia.org]

  • 自律神経性ニューロパチー

    これらの疾患は,特に腓骨および下肢遠位の筋力低下および筋萎縮を特徴とする。患者はしばしば神経障害の家族歴をもつ。自然経過は様々である:無症状で(神経伝導検査における)伝導速度の遅延しか認めない患者もいる一方,より重症の患者もいる。[msdmanuals.com] 一方、筋力低下は、下肢末端の内在に生じやすく、早朝からつま先立ち、踝歩きが障害され、凹足、槌指、アキレス腱短縮などの変形を伴いやすい。 深部腱反射は減弱する。 下肢は血流の増加による"hot leg"を呈する。主に大径有髄線維(Aβ線維)が障害されるため、NCV検査が診断に有用である。[shiga-med.ac.jp]

さらなる症状