Create issue ticket

考えれる965県の原因 下肢痛

  • 関節炎

    発熱・腫脹・疼痛・熱感といった炎症徴候が強く、下肢関節炎では荷重時を訴えたり、触診を嫌がるほどの疼痛がみられる。高尿酸血症が持続した結果として尿酸ナトリウム結晶の析出が起こるが発作時の血清尿酸値は正常であることもある。痛風発作を繰り返し、慢性化した場合は痛風結節の形成や多関節炎への移行がみられる。[ja.wikipedia.org] Step6 疼痛関節の分布から疾患を想起する上肢では手指のPIP関節/MCP関節/手関節を中心に分布する多関節なら関節リウマチ、手指の遠位のDIP関節中心ならば変形性関節症や乾癬性関節炎が想起される。下肢の膝関節中心ならば血清反応陰性脊椎関節炎、結晶誘発性関節炎、変形性関節症、関節リウマチなどが想起される。[ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    SFN は数多くの代謝性疾患と関連している可能性があり、四肢の突発性の灼熱によって特徴づけられ、これは下肢に最も高頻度に発症する。この疾患は、疼痛刺激を感知し、侵害性傷害に関する情報をCNS に 伝達するA-δ 線維およびC 線維に対して特異的に影響を及ぼす。[natureasia.com] 下肢への放散がある場合はその位置を聞く。 L3/4のような高位椎間板ヘルニア(L4神経根障害)の場合は、大腿神経に沿って大腿前面から膝内側にかけて放散痛がある(膝疾患と間違われたりする)。 L4/L5やL5/S1のような下位椎間板ヘルニアなら坐骨神経に沿って大腿後面から下腿外側後面さらに足指に放散するともある。[yamamotoclinic.jp]

  • 変形性関節症

    関節や関節液の過剰分泌、可動域制限、関節の変形等の症状が認められ、膝関節及び股関節などの下肢荷重関節、手指関節、脊椎が好発部位であることが知られています。 変形性関節症の症状 変形性関節症の発症初期は運動開始時に軽い疼痛を感じる程度ですが、中期には運動時・荷重時の疼痛が継続するようになり、関節の轢音(ポキポキ音)や関節液貯留を認めます。[e-mediceo.com]

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    -坐骨神経の改善・予防- ①正しい姿勢を意識する(姿勢矯正) ②冷えを防ぐ(腰・下肢) ③肥満に注意する(ダイエット) ④ストレッチを行う(筋肉のこわばりをなくす) 神経障害性疼痛の治療 神経障害性疼痛治療の目的は、痛みを軽減するとともに、身体機能とQOLを維持・改善することです。[azumanaika.com]

  • 骨粗鬆症

    や放散の原因となる. 2)他覚所見: 椎体骨折が存在する例では,身長の低下や脊柱の後彎などが認められる.身長測定により2 cm以上の低下がみられたり,頭部を正面に向けた姿勢で後頭部が身長計から離れるような例では,椎体骨折が存在する可能性が高い.[kotobank.jp] い.転倒など,身長の高さ以下からの落下と同等の外力により骨折したと考えられる場合は,椎体・非椎体を問わず骨強度の低下による脆弱性骨折と考えてよい.椎体骨折をきたすと,円背など脊椎変形による活動制限や腰背部痛のほか,逆流性食道炎などの消化器症状,呼吸機能の低下による呼吸器感染症の増加などの呼吸器症状に加え,椎体圧潰によって神経が圧迫されると下肢神経麻痺[kotobank.jp]

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 血栓症

    主な症状 深部静脈血栓症では下肢の腫脹、圧、発赤などがみられ、肺血栓塞栓症では呼吸困難、胸痛、失神などが認められる。肺血栓塞栓症では時に心停止となり、突然死に至る場合もある。 5. 主な合併症 深部静脈血栓症では静脈弁不全が発生し、慢性的な下腿腫脹や皮膚障害きたす血栓後症候群が生ずることがある。[nanbyou.or.jp] A3.現場や避難所では、脚の腫れ、痛み、胸痛、背部、息切れなどの症状を聴取します。下肢の腫れ、痛み、皮膚の色の変化、把握(握って痛いかどうかを確認する)の有無になど関して診察し、超音波検査の機会があれば、下肢静脈血栓の有無に関しても評価します。下肢静脈血栓症が疑われた場合は、速やかに医療機関へ紹介します。[jrs.or.jp] 産科特有の疾患としては高齢妊娠、重症妊娠中毒症、前置胎盤や切迫早産による長期ベット上安静、常位胎盤早期剥離、帝王切開術、著明な下肢静脈瘤などがリスク因子となります。 5 血栓症の診断 臨床症状としては下肢の浮腫、腫脹、発赤、熱感、疼痛、圧などです。足首を背屈させると腓腹筋に疼痛を感ずるHoman徴候は大切な所見で陽性率は約40%です。[jaog.or.jp]

  • 滑液包炎

    罹患者は、関節、こわばり、赤みまたは腫れを経験する。一般症状には、疲労、不快感、発熱および体重減少などが含まれる。膝、足首を含む下肢の関節および足の関節がもっとも一般的な関与部位であるが、症状は手首、手指、肘、肩、首および背中下部においても起き得る。他の症状としては、男性の尿道炎や前立腺炎および女性の子宮頸炎や卵管炎が含まれる。[biosciencedbc.jp]

  • 脊柱管狭窄症

    この結果、下肢症状や腰痛が生じたりするのが、腰部脊柱管狭窄症と呼ばれるものです。 症状 腰背部下肢・「しびれ」が主な症状です。腰部脊柱管狭窄症による下肢は、腰椎椎間板ヘルニアにおける下肢ほどは強くはありません。[neurospine.jp] この結果、下肢症状がみられたり腰痛が生じたりしますが、これが腰部脊柱管狭窄症です。 背部下肢が主な症状です。 腰部脊柱管狭窄症の場合の下肢は腰椎椎間板ヘルニアにおける下肢ほどはひどいものではありません。[heiseihp.com] 手術後直ちに下肢は消失しました。 図13-③ 脱出ヘルニア 右上窓:術前椎間板造影後CT像 中央 :手術中内視鏡視像 術前の椎間板造影でヘルニア(矢印)がみられ、同時に行ったブロックで一時的に下肢が軽減しました。 手術中にはインジゴカルミンで青く染まった椎間板から小さなヘルニアが脱出していることがわかりました(赤矢印)。[mizuno.or.jp]

さらなる症状