Create issue ticket

考えれる104県の原因 下肢痛

  • 関節炎

    発熱・腫脹・疼痛・熱感といった炎症徴候が強く、下肢関節炎では荷重時を訴えたり、触診を嫌がるほどの疼痛がみられる。高尿酸血症が持続した結果として尿酸ナトリウム結晶の析出が起こるが発作時の血清尿酸値は正常であることもある。痛風発作を繰り返し、慢性化した場合は痛風結節の形成や多関節炎への移行がみられる。[ja.wikipedia.org] Step6 疼痛関節の分布から疾患を想起する上肢では手指のPIP関節/MCP関節/手関節を中心に分布する多関節なら関節リウマチ、手指の遠位のDIP関節中心ならば変形性関節症や乾癬性関節炎が想起される。下肢の膝関節中心ならば血清反応陰性脊椎関節炎、結晶誘発性関節炎、変形性関節症、関節リウマチなどが想起される。[ja.wikipedia.org]

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • ニューロパチー
  • 変形性関節症

    年齢を重ねるにつれて膝関節に覚える痛み。 だんだん狭まる生活範囲に、 行動が制限されてしまうことも[…][…]。 これからも自分の足で楽しみを見つけていくために、 膝についての基礎知識や最新の治療法まで 役立つ情報を分かりやすくお届けします。[xn--r0z03jkvt.com]

  • 深部静脈血栓症

    深部に血栓ができた場合は下肢の腫れ(47%)、下肢(26%)、下肢の色調変化(7%)で血栓より遠位の浮腫などといった症状がでるが無症状のこともある。特に下肢静脈血栓は左に起きやすい。これは左の総腸骨静脈と右の総腸骨動脈が交差しているため、後者によって前者が圧迫されやすいためである。[ja.wikipedia.org]

  • 坐骨神経痛

    […] low back painより強い一側の下肢、足かつま先に放散する痛み、痛みと同領域の異常感覚、ラセーグ徴候で陽性、1つの神経に由来する神経症状によって坐骨神経痛と診断される、 その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもある。 根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛 坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    この記事で示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、 特定が求められています 。ご存知の方は 加筆 をお願いします。 ( 2014年6月 ) ニューロパチー ( ニューロパシー [1] 、Neuropathy)は、 末梢神経 の正常な伝導が障害される病態。障害される神経の種類は 運動神経 、 感覚神経 、 自律神経 に及び、ミクロ的な障害部位は 軸索 であったり 髄鞘 ( シュワン細胞 )であったりする。マクロ的にどこが障害されるかによって、 単神経炎 ・ 多発性単神経炎 ・ 多発神経炎 に区別される。 主な疾患は、 ギラン・バレー症候群[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう、骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様な医薬品など薬物、栄養などによる二次的なものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 病的肥満

さらなる症状