Create issue ticket

考えれる32県の原因 下肢の近位筋脱力

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 潜在性悪性腫瘍

    【インタビュー】 公開日 2017 年 02 月 06 日 更新日 2018 年 03 月 09 日 扁平苔癬 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 顎口腔外科学分野 津島 文彦 先生 口腔 扁平苔癬 (こうくうへんぺいたいせん)という疾患をご存知でしょうか。口腔扁平苔癬とは口腔粘膜に生じる難治性の慢性炎症性疾患の一つで、歯科領域では比較的よく見かける口腔粘膜疾患です。よくウェブサイトなどで混同されている口腔白板症とはまったく違う疾患です。 (口腔白板症については、記事2 『口腔白板症(こうくうはくばんしょう)とは-癌化の可能性もあり注意が必要』 で詳しくお伝えします)[…][medicalnote.jp]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    無痛性甲状腺炎 病態は異なるが、バセドウ病にそっくりの症状をみせる疾患がある。無痛性甲状腺炎が、その1つ。甲状腺に炎症が起こり、細胞破壊によりたくわえられている甲状腺ホルモンが流出するため、甲状腺機能亢進症の症状が現れる。頸部の痛みを伴う場合は亜急性甲状腺炎であるが、痛みを伴わない場合は無痛性甲状腺炎ということになる。無痛性甲状腺炎では眼球突出は生じず、首のはれもごくわずかで、甲状腺ホルモンの流出後は、逆に甲状腺機能低下症の症状が現れ、3か月から半年程度で自然治癒するケースが多い。[nurseful.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    […] δ-アミノレブリン酸合成酵素 1( ALAS1 )遺伝子の発現誘導と神経毒性のある中間体の蓄積は,ヘム生合成のまれな遺伝性疾患である急性間欠性ポルフィリン症患者において,内臓神経性発作や疾患の症状発現につながる.ギボシラン(givosiran)は,肝臓の ALAS1 合成を阻害する開発段階の RNA 干渉治療薬である. 急性間欠性ポルフィリン症患者を対象にギボシランの第 1 相試験を行った.試験のパート A では,最近ポルフィリン症発作のない(すなわちベースライン前の 6 ヵ月間に発作がない)患者を,ギボシランの 5 段階の用量(0.035,0.10,0.35,1.0,2.5 mg/kg[…][nejm.jp]

さらなる症状