Create issue ticket

考えれる153県の原因 下肢の腫れ

  • 血栓症

    発病から時間がたち、下肢腫れやむくみが残るときには、空気波動マッサージ(ハドマー)や弾力ストッキングを着用します。 [予防] 入院患者さんは、なるべく早く離床することが望まれます。長期間ベッドから離れられない患者さんの場合は、脱水症状の予防に注意しながら、ベッド上で足首の曲げ伸ばしを行ないます。[kotobank.jp] A3.現場や避難所では、脚の腫れ、痛み、胸痛、背部痛、息切れなどの症状を聴取します。下肢腫れ、痛み、皮膚の色の変化、把握痛(握って痛いかどうかを確認する)の有無になど関して診察し、超音波検査の機会があれば、下肢静脈血栓の有無に関しても評価します。下肢静脈血栓症が疑われた場合は、速やかに医療機関へ紹介します。[jrs.or.jp] 静脈血栓は主に下肢の静脈に好発 し下肢の痛みや腫れが出現することがあります。下肢静脈の血栓が静脈の流れに乗って移動すると、心臓の右心房・右心室を通って肺動脈に辿り着き、 肺動脈血栓塞栓症 を起こすことがあります。これらをまとめて静脈血栓塞栓症と表現しますが、今回のコラムはこの静脈血栓塞栓症についてお話します。[cick.jp]

  • 脂肪浮腫

    むくみと体重はとても強く関係しており、単純に太るとむくみます。これはまず間違いありません。ですが、「肥満性浮腫」という病名はなく、通常「脂肪浮腫」と呼ばれます。脂肪浮腫は典型的には左右対称的な「乗馬ズボン」体型の特徴的な浮腫です。皮下脂肪組織の病的な増殖による疾患として海外の書物では記載があります。[…][mukumi.com]

  • 深部静脈血栓症

    発病から時間がたち、下肢腫れやむくみが残るときには、空気波動マッサージ(ハドマー)や弾力ストッキングを着用します。 [予防] 入院患者さんは、なるべく早く離床することが望まれます。長期間ベッドから離れられない患者さんの場合は、脱水症状の予防に注意しながら、ベッド上で足首の曲げ伸ばしを行ないます。[kotobank.jp] 深部に血栓ができた場合は下肢腫れ(47%)、下肢痛(26%)、下肢の色調変化(7%)で血栓より遠位の浮腫などといった症状がでるが無症状のこともある。特に下肢静脈血栓は左に起きやすい。これは左の総腸骨静脈と右の総腸骨動脈が交差しているため、後者によって前者が圧迫されやすいためである。[ja.wikipedia.org] A3.現場や避難所では、脚の腫れ、痛み、胸痛、背部痛、息切れなどの症状を聴取します。下肢腫れ、痛み、皮膚の色の変化、把握痛(握って痛いかどうかを確認する)の有無になど関して診察し、超音波検査の機会があれば、下肢静脈血栓の有無に関しても評価します。下肢静脈血栓症が疑われた場合は、速やかに医療機関へ紹介します。[jrs.or.jp]

  • 急性腎不全

    急性腎不全 ブックマーク: 1) 急性腎不全とは 2) 急性腎不全の様々な原因 3) 急性腎不全の起こり方 急性腎不全とは 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する 状態です。通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 無尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。 このページの先頭へ 急性腎不全の様々な原因 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 肝硬変

    肝硬変は、機能を果たさない瘢痕組織が大量の正常な肝組織と永久に置き換わり、肝臓の内部構造に広範な歪みが生じることです。肝臓が繰り返しまたは継続的に損傷を受けると、瘢痕組織が生じます。 肝硬変の最も一般的な原因は、慢性的なアルコール乱用、慢性ウイルス性肝炎、飲酒によらない脂肪肝です。 食欲不振、体重減少、疲労、全身のだるさなどの症状が現れます。 腹部への体液の貯留、消化管の出血、脳機能の異常など、多くの重篤な合併症が起こる可能性があります。 診断は、症状や身体診察の結果のほか、ときに生検の結果に基づいて下されます。 医師は合併症の治療を行いますが、肝硬変によって生じた損傷は元に戻りません。[…][msdmanuals.com]

  • 右心不全

    また下肢のむくみ、頸静脈の怒張、痛みを伴う肝臓の腫れ、腹水などが出現します。最重症では、チアノーゼ、黄疸、体重減少がみられます。肺高血圧症があると症状はさらに悪化します。 診断 聴診で本症に特徴的な心雑音を認めます。三尖弁閉鎖不全症が疑われた際は、 心エコー検査 が負担も少なく診断に有用です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • リンパ水腫

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 リンパ水腫 ( - すいしゅ、 英 : lymphedema )または リンパ浮腫 ( - ふしゅ)とは局所の リンパ 増多に起因する 水腫 。 リンパ管系 の発達異常を原因とする原発性リンパ水腫と、 外傷 ・ 外科 的 腫瘍 治療のための リンパ節郭清 ・腫瘍自体の浸潤や 転移 ・ バンクロフト糸状虫 感染等でリンパ管系が 閉塞 することを原因とする続発性リンパ水腫に分類することができる。 四肢 に生じることが多く、 細菌 の 感染 や 創傷治癒 の遅延の原因となることがある。 下肢 リンパ浮腫[…][ja.wikipedia.org]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管性浮腫

    C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫は,予測不能な腫脹を繰り返すのが特徴である.腫脹は,血漿カリクレインの制御不能な産生と,高分子キニノゲンの分解によってブラジキニンが過剰に遊離されることで生じる.ラナデルマブ(lanadelumab)(DX-2930)は,C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫の発作を予防する可能性のある新規カリクレイン阻害薬である. 第 1b 相多施設共同二重盲検プラセボ対照複数用量反復投与試験を行った.C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫患者を,ラナデルマブ群(24 例)とプラセボ群(13 例)に 2:1 の割合で無作為に割り付け,14 日間隔で 2[…][nejm.jp]

  • ネフローゼ症候群

    ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、英: Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。 低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める。時に脂質異常症も合併する。ネフローゼ症候群は元来病理学的な概念であり、腎炎 nephritisと異なり、炎症性の変化(炎症細胞浸潤など)がみられないものの総称として提唱された。若年層(特に幼少期では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状