Create issue ticket

考えれる152県の原因 下肢の知覚障害

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • むずむず脚症候群

    むずむず脚症候群 (むずむずあししょうこうぐん、 英 : restless legs syndrome 、RLS)は、身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態である。 レストレスレッグス症候群 (レストレスレッグスしょうこうぐん)、 下肢静止不能症候群 (かしせいしふのうしょうこうぐん)ともいう。現在は 周期性四肢運動障害 ( 英語版 ) (PLMD)と表裏一体の関係にあるとされている。 病名 [ 編集 ] むずむず脚症候群は、ヨーロッパでは 17世紀[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害とは、手や足、口のまわりや喉のしびれが起きることを言います。注射剤でのエルプラット、シスプラチン、タキソール、タキソテールで起こることがあります。 エルプラットの末梢神経障害では、冷感を感じる部分が増えて冷たさに敏感になるしびれと、慢性の持続するしびれがあります。 シスプラチンでは手足のしびれ、聴力に影響がでる事があります。 タキソール、タキソテールではグローブアンドストッキングと呼ばれるしびれがあります。これは、手や足の先からしびれが始まり、手袋や靴下で覆われた部分までしびれが広がることから言われるよういなりました。[…][takeda.or.jp]

  • 脊椎すべり症

    身体診察では下肢の筋力低下の有無、知覚障害の有無を評価、確認します。 画像診断 X線検査(レントゲン):腰椎の側弯やすべり症などの形態的な異常がないか、骨折の有無、椎間板の狭小化の有無、身体の動きによる腰椎の不安定性の有無を評価します。 立位の姿勢での背骨の変形を評価するために立位全脊椎撮影を追加する場合もあります。[hospital.luke.ac.jp] 下肢の症状は片側のことがほとんどですが、両側が痛くなることもあります。下肢の筋力低下、知覚障害、しびれを伴うことが多く、まれに排尿障害(頻尿や尿失禁)が出ることがあります。診断はMRI検査が最も有効です。 左の写真で矢印が示しているところが腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎変性疾患の中では最も多く、20 30歳代に起こりやすくなります。[takaoka-seishikai.jp] 異常知覚下肢の脱力感などが認められます。症状が重症化すると頻尿・残尿感・便秘といった排尿・排便障害をきたします。 勃起不全などの性機能不全が起こる可能性もあります。逆に歩行後に持続勃起(プリアピズム)症状が出ることもあります。手術適応症例がほとんどです。[sada.or.jp]

  • 足根管症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年10月 ) 足根管症候群 (そくこんかんしょうこうぐん、 英語 :tarsal tunnel syndrome、略称:TTS)とは、 足根管 ( 腱 と神経が通っている足首内の管)の中を走る 脛骨神経 が何らかの原因で足根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 目次 1 病因 2 症状 3 所見 4 治療 病因 [ 編集 ] 多くは特発性であるが以下の関連は指摘されている。 外傷性 事故による足首の強い圧迫・深い 切創 ・ 骨折 ・[…][ja.wikipedia.org]

  • 腰椎神経根障害

    診断 症状 腰痛、運動時痛(体幹前屈)、下肢しびれ感(主に片側)、患側下肢知覚障害、運動神経麻痺、重症では排尿障害、長期化すると大腿や下腿の筋萎縮なども出現します。 痛みの特徴 成長期では腰臀部痛、成人では下肢痛が特徴です。[zamst.jp] この場合は 両上肢や両下肢知覚障害などの症状が現れ 、場合によっては 歩行障害、筋委縮、膀胱・直腸障害など、深刻な状態 となります。 このどちらかではなく両者の合併が起こることもあるので、神経学的検査を慎重に行って画像所見と照らし合わせて確認していきます。[secure01.red.shared-server.net] 臨床テスト SLRテスト*(坐骨神経伸展)で下肢挙上90度を目安とします(写真1)。このほか、知覚障害領域のチェック(部位、左右差、程度をみる)、徒手筋力検査法(MMT)では前脛骨筋(L4)・長母趾伸筋(L5)・腓腹筋(S1)の筋力の左右差をチェック、臀部の坐骨神経痛の有無を確認します。[zamst.jp]

  • 腰部脊椎症

    ページの先頭へ戻る 症状 腰痛、足のしびれ、筋肉の衰え、間歇性跛行、下肢知覚障害、排尿・排便、生殖器障害、時に会陰部灼熱感などがあります。 ページの先頭へ戻る 診断 理学的所見、神経学的所見の他に、レントゲン、MRI、脊髄造影、CTなどの画像診断を行います。[keijinkai-hp.net] 神経損傷による下肢麻痺、下肢知覚鈍麻、排尿排便障害これらの神経損傷は、腰椎を高速回転のドリルで削除する際やヘルニア塊を摘出する操作の際に生じやすいとされています。[heiseihp.com] その他に、腰痛、下肢の筋力低下、しびれ、知覚障害、膀胱直腸障害(トイレが近い、回数が多い、残尿感があるなど)が生じる場合もあります。 診断 診断では脊髄造影、MRIなどにより、脊柱管の狭窄が分かります。近年ではMRIが比較的容易に撮影できるようになったため、MRIで診断を付ける場合が多くなりました。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    【症状の現れ方】 脊髄の梗塞では、(1)両下肢の対麻痺(ついまひ)または四肢麻痺、(2)温度と痛みの感覚が損なわれるけれども触覚、位置覚、振動覚は保たれる解離性知覚障害、(3)膀胱や直腸の障害が急激に現れます。これらの症状の組み合わせを前脊髄動脈症候群といいます。 [yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    多発性硬化症(MS)を有する人々の推定85%が最初に再発寛解型MS(RRMS)と診断されている。これらの人々の大部分は、最終的に二次進行型MS(SPMS)を発症します。これはより安定した症状と障害の進行およびより少ないまたは全く再発しないことを特徴とします。 疾患修飾治療が広く利用可能になる前は、RRMS患者の約90%が25年以内にSPMSを発症し、10年以内に約半分を発症しました。疾患修飾療法がMSの進行にどのような影響を与えるかは現在不明であるが、この割合がより低いこと、そしてSPMSの開発がより遅いことを仮定している(そして望んでいる)。 誰が危険にさらされている[…][ja.diphealth.com]

  • 異常感覚性大腿痛

    診断 下肢のしびれや筋力低下、知覚障害などの神経症状、レントゲンでみられるような骨の変化はありません。また、鑑別はなかなか困難ですが、前述の所見のない腰痛全般です。いわゆるぎっくり腰の多くは筋膜が損傷したものだと思われます。[zamst.jp] しかし糖尿病神経障害の診断は、神経障害がかなり進んでからの足のくるぶし部分の腱反射の喪失をみるアキレス腱反射、音叉の振動を下肢のどのあたりで知覚できるか調べる振動覚試験がまだ一般的という状態です。[dm-net.co.jp] (間歇性跛行) ・末期:知覚障害、運動麻痺、筋委縮、膀胱直腸障害。 部位 腰部、坐骨部、大腿前面・側面・後面、下肢側面・後面 なぜ痛くなるの?[higashiohsawa.jp]

さらなる症状