Create issue ticket

考えれる15県の原因 下肢の片側性浮腫, 腹部痛

  • 動脈塞栓症

    肝梗塞は,無症状の場合もあるが,右上腹部,発熱,悪心,嘔吐,黄疸などを引き起こすこともある。白血球増多とアミノトランスフェラーゼ高値がよくみられる。 診断 肝動脈閉塞症の確定診断は,ドプラ超音波検査と通常は続いて施行する血管造影による。[msdmanuals.com]

  • 腹水

    肝硬変腹水で特に注意しなければならないのは特発性細菌性腹膜炎(spontaneous bacterial peritonitis: SBP)の合併である.本症を示唆する発熱,腹痛,腹部,Blumberg徴候などの頻度は低く,腹水好中球数算定と細菌培養は必須である.細菌培養ではベッドサイドで腹水をカルチャーボトルに直接入れる方法の感度が高[kotobank.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    前述のようにPIDは発熱、下腹部、右上腹部(肝周囲炎)、帯下の増加・色の変化、性交時痛、不性出血などが症状として出る可能性があります。しかし、いつもこれらが全て揃うわけではなく、程度も軽いものから重いものまで様々です。さらに、無症状の人も多いとされています。[tokyobay-mc.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 子宮内膜炎を経て、骨盤内炎症性疾患pelvic inflammatory disease(PID)を発症すると、腹部鈍痛や牽引など不定症状や不妊を訴えます。 肝周囲に進展すると右上腹部、発熱などのFitz-Hugh-Curtis症候群となります。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 下肢蜂巣炎

    長時間の同一姿勢(座位や臥位など)のエピソードがあり、Homans徴候(膝関節伸展・足関節背屈での腓腹部)陽性で、D-dimer陽性であれば、深部静脈血栓症を考え、造影CT(下肢・腹部のみならず、肺血栓塞栓症の合併も考え胸部も)を行うべきです(腎障害やアレルギーなどで造影剤が使用できない場合は、血管エコーで代用します)。[jhf.or.jp] 月実績 期間 2017.4.1 2017.10.31 のうち、総合診療科にて対応した症例数 実入院患者数総数 444人 持込病名種類 148種類 その他1症例の件数 2型糖尿病、ANCA関連血管炎、アルツハイマー型認知症、インフルエンザA型、ウイルス性髄膜炎、ケトーシス、ケトン血性嘔吐症、マイコプラズマ肺炎、意識消失、胃潰瘍、咽頭喉頭炎、右上腹部[ube-hp.or.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp]

  • 早発性リンパ浮腫

    通常、膵管がんが進行してくると、上腹部、体重減少、黄疸の症状がでてきます。上腹部は最も多く見られる症状で、食事とは関係なく、背中の痛みや夜中の痛みなどが激しく続くのが特徴的です。膵臓の周囲にはたくさんの神経が分布しているため、がんが浸潤(しんじゅん)すると神経を侵しやすく、そのため痛みも強くなります。[onaka-kenko.com] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 原因 先天性原発性リンパ浮腫の一部では遺伝子の異常が原因と言われているが、多くは孤発例であり、早発、遅発と同様に原因は不明。 4. 症状 主な症状は四肢、特に下肢浮腫であり、片側であることが多い。浮腫は徐々に進行して皮膚の肥厚、皮下組織の繊維化を来す。 5.[nanbyou.or.jp]

  • 再発肺塞栓症

    、上腹部、血便排泄、下痢、逆流性食道炎、悪心 直腸出血、痔出血、後腹膜出血、吐血、マロリー・ワイス症候群、出血性消化性潰瘍 肝胆道系障害 血中ビリルビン増加、γ-GTP増加、肝機能異常 腎及び尿路障害 血尿、尿中血陽性 尿中蛋白陽性 生殖系及び乳房障害 前立腺炎、膣出血、不規則月経 不正出血、尿生殖器出血、月経過多 傷害、中毒及び処置合併症[kegg.jp] アナフィラキシー反応等) 神経系障害 味覚異常、くも膜下出血、三叉神経痛 脳出血、頭蓋内又は脊髄内出血(硬膜下血腫及び脊髄血腫等) 眼障害 眼出血 眼充血 血管障害 血腫 腹腔内出血 呼吸器、胸郭及び縦隔障害 鼻出血 喀血、咳嗽 気道出血(肺胞出血、喉頭出血、及び咽頭出血等) 胃腸障害 歯肉出血、胃腸出血、消化不良、便潜血陽性 口腔内出血、便秘、腹部不快感[kegg.jp]

  • 骨盤腫瘍

    卵管留水腫は通常波動性で,圧があり,可動性がなく,ときに両側性である。女児では,骨盤内臓器の腫瘤が腹部から触知できる場合があるが,これは,大きな腫瘤に対して骨盤が小さすぎるためである。 検査 腫瘤の存在や由来(婦人科的 vs 婦人科以外)が臨床的に確定できない場合は,画像検査により通常確定できる。通常,まず骨盤内超音波検査を施行する。[msdmanuals.com]

  • 対麻痺

    この疾患は突然に発生するものであり、通常は急な胸背部を主訴とします。また、症例によっては意識障害(脳血管の虚血症状)、腹痛(腹部血管の虚血症状)、下肢の痛みや麻痺(下肢の虚血症状)、対麻痺(脊髄の虚血症状)など重篤な合併症状を伴う事があります。突然死の原因にもなる疾患です。[jpats.org] 腹部あるいは大腿にまでおよぶ近位部への放散があり、この痛みは歩行や長時間の立位によって増悪し、夜間増悪もある。感覚障害は圧迫やあるいは足部内がえし強制でも悪化する。 脊髄症(ミエロパチー) [ 編集 ] 代表的な脊髄症候群 [ 編集 ] 脊髄病変はその高位と横断面の広がりによって障害パターンが異なり、脊髄症候群としてまとめられている。[ja.wikipedia.org] 神経根 放散 知覚障害 脱力 筋萎縮 反射 誘発試験 L1 鼡径部、大腿内側 鼡径部、大腿内側 なし L2 腰背部、側腹部、大腿前内側部 大腿前内側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿四頭筋 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部[ja.wikipedia.org]

  • 肝臓の受動性うっ血

    長時間の同一姿勢(座位や臥位など)のエピソードがあり、Homans徴候(膝関節伸展・足関節背屈での腓腹部)陽性で、D-dimer陽性であれば、深部静脈血栓症を考え、造影CT(下肢・腹部のみならず、肺血栓塞栓症の合併も考え胸部も)を行うべきです(腎障害やアレルギーなどで造影剤が使用できない場合は、血管エコーで代用します)。[jhf.or.jp] 副腎皮質機能亢進症 黄疸 ・貧血 肝前性(溶血性) 肝性 肝後性 腹水 ・慢性肝疾患 ・腫瘍 ・膵炎 ・うっ血性心不全 肝腫大 ・原発性肝疾患 ・腫瘍 ・コルチコステロイド肝障害 ・受動性うっ血(訳注:右心不全性 うっ血性肝障害) ・脂肪肝 ・アミロイドーシス ・肝硬変(ネコ) 呼吸困難/増強した肺音 ・うっ血性心不全 ・甲状腺機能亢進症(ネコ) 腹部[monolis.com] うっ血した肝臓によって、腹部に不快感が生じることもありますが、通常は軽度です。肝臓(右上腹部)に圧と腫大が起こります。重度の場合、黄疸と呼ばれる病態が生じ、皮膚と白眼の部分が黄色くなります( 成人の黄疸 )。腹部には体液が貯留することがあります(腹水— 腹水 )。脾臓も腫大する傾向があります。[msdmanuals.com]

  • 大腿蜂巣炎

    長時間の同一姿勢(座位や臥位など)のエピソードがあり、Homans徴候(膝関節伸展・足関節背屈での腓腹部)陽性で、D-dimer陽性であれば、深部静脈血栓症を考え、造影CT(下肢・腹部のみならず、肺血栓塞栓症の合併も考え胸部も)を行うべきです(腎障害やアレルギーなどで造影剤が使用できない場合は、血管エコーで代用します)。[jhf.or.jp] 月実績 期間 2017.4.1 2017.10.31 のうち、総合診療科にて対応した症例数 実入院患者数総数 444人 持込病名種類 148種類 その他1症例の件数 2型糖尿病、ANCA関連血管炎、アルツハイマー型認知症、インフルエンザA型、ウイルス性髄膜炎、ケトーシス、ケトン血性嘔吐症、マイコプラズマ肺炎、意識消失、胃潰瘍、咽頭喉頭炎、右上腹部[ube-hp.or.jp] 11.2 その他の副作用 0.5〜2%未満 0.5%未満 頻度不明 血液 貧血 白血球減少 皮膚 湿疹 脱毛症、扁平苔癬 代謝 低リン酸血症 内分泌 血中副甲状腺ホルモン増加 精神神経系 めまい 循環器 高血圧 呼吸器 鼻咽頭炎 消化器 胃炎、口内炎、歯周炎、胃食道逆流性疾患 上腹部、口腔ヘルペス、歯肉炎、悪心、嘔吐 筋骨格系 背部痛 関節痛[kegg.jp]

さらなる症状

類似した症状