Create issue ticket

考えれる110県の原因 下肢の片側性浮腫, 肺性P波

  • 再発肺塞栓症

    また肺拡散能も, 血栓の閉塞により肺血管床が大きく低下しない限り正常のことが多い. (3)心電図・心臓超音波検査 心電図では, 高血圧の進展に伴い, 右軸偏位や, 胸部誘導V1からV3にかけての陰性T波出現, V1誘導での R/S 1, V5誘導でのR/S 1などといった, 右室肥大および右心負荷所見が観察される.[m.chiba-u.ac.jp]

  • 血栓塞栓症

    また肺拡散能も, 血栓の閉塞により肺血管床が大きく低下しない限り正常のことが多い. (3)心電図・心臓超音波検査 心電図では, 高血圧の進展に伴い, 右軸偏位や, 胸部誘導V1からV3にかけての陰性T波出現, V1誘導での R/S 1, V5誘導でのR/S 1などといった, 右室肥大および右心負荷所見が観察される.[m.chiba-u.ac.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 肺性心

    心電図では右心室の拡大所見、Pの増高(P)が認められる。X線撮影では、肺動脈、後大静脈の拡大所見、肺のうっ滞所見が認められる。治療には循環障害の原因となっている肺の疾患の治療を行う。[ja.wikipedia.org] Pなどの右房負荷所見などが認められる(図9). (5)胸部単純写真 左第二弓の突出や右動脈下行枝の拡大に加え, 心拡大などが認められる(図9).[m.chiba-u.ac.jp] 右房負荷 先天心疾患や高血圧などで右心房に負荷がかかっているために、心電図のPが変化する所見です。 完全房室ブロック 心臓の上方にある右心房から心室へ、電気が流れていきますが途中でブロックされた状態です。心房と心室が個々に独立して電気が発生します。人工ペースメーカによる治療を行います。[dock-tokyo.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 深部静脈血栓症

    DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp]

    不足: 肺性P波
  • 睡眠時無呼吸症候群

    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である 。OSAのリスクファクターには、肥満、家族の病歴、アレルギー、咽頭扁桃肥大(アデノイド)などがある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 閉塞性睡眠時無呼吸

    Primer Nature Reviews Disease Primers 2015年6月25日 Obstructive sleep apnoea syndrome[…][natureasia.com]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 有痛性青股腫

    下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp]

    不足: 肺性P波
  • 急性広範型肺血栓塞栓症

    右室負荷所見は急激な肺動脈圧の上昇(肺高血圧)に起因し、SⅠQⅢTⅢ所見(I誘導のS波とIII誘導のQ波および陰性T波の出現)、右軸偏位(左軸偏位のこともある)、時計方向回転、右脚ブロック、右室肥大、右側胸部誘導(V1 V3)のT逆転、Pなどを呈する。[med.hirosaki-u.ac.jp] 解説6 解答:心電図所見:右室肥大、右房負荷 臨床診断:原発性肺高血圧症(PPH) 解説: レートが120拍/分の洞頻脈で、P波高はII誘導で約4 mm(0.4 mV)と増高し、Pの所見を呈する。[med.hirosaki-u.ac.jp] すなわちQRSのベクトルは右方、前方に向かっており、右室肥大の所見と考えられる。 若い女性で、P(右房負荷)と右室肥大を認め、肺門部肺血管陰影の増大を認めるものの末梢血管の増強はなく、 またシンチグラムの所見より肺血栓塞栓症は否定され、従ってPPHがもっとも考えられる。[med.hirosaki-u.ac.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 有痛性青股腫

    下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp]

    不足: 肺性P波

さらなる症状