Create issue ticket

考えれる25県の原因 下肢の片側性浮腫, 疼痛

  • 深部静脈血栓症

    筆者の場合は疼痛という症状がありましたが、DVTを発症しても疼痛等の症状が全くなく、血液検査によってはじめてDVTを発症していることがわかったケースもあるため、 看護師として常に患者さんはDVTをいつ発症してもおかしくないことを念頭に置き、異常の早期発見に努める必要がある と考えます。[ogw-media.com] DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp] DVTは無症状の場合もあるが,四肢に疼痛および腫脹が生じる場合もあり,肺塞栓症が直接の合併症の1つである。診断は病歴聴取と身体診察で行われ,客観的検査法(典型的にはduplex法の超音波検査)で確定診断が得られる。[msdmanuals.com]

  • 有痛性青股腫

    松原健太郎,松本 賢治,和多田 晋 秋好 沢林,井上 史彦,金田 宗久 新谷 恒弘,北島 政樹 慶應義塾大学医学部 一般消化器外科 症例は50歳,男性.2003年10月 9 日朝,突如左下肢全体の疼痛が出現し,歩行不能となった.発症から約 2 時間後当院救急外来を受診した.来院時左下肢鼡径部から足指までの疼痛,冷感,著明なチアノーゼ,緊満を[js-phlebology.org] 下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp] 透析患者が四肢・体幹の疼痛・潰瘍を訴えたらカルシフィ ラキシス を考える。[tyabu7973.hatenablog.com]

  • 動脈塞栓症

    表在静脈血栓症は、通常強い炎症反応を伴い、疼痛、発赤、熱感、腫脹がみられます。深部静脈血栓症は、上肢では腫脹、表在静脈怒張などが出現し、下肢では下腿に起こる歩行時痛、圧痛、腫脹がみられます。 表在静脈血栓症の治療は、鎮痛剤、圧迫包帯をおこないます。[jikei-kch.jp] 上下肢の突然の疼痛、しびれ、冷感の出現と経時的な増強傾向を訴える場合に、塞栓症による急性動脈閉塞を想起する。 下肢の間欠性跛行の既往があり、疼痛、しびれ、冷感が徐々に増強する場合には、血栓症による閉塞性動脈硬化症の急性増悪(急性動脈閉塞)を想起する。[clinicalsup.jp] 聖マリアンナ医科大学放射線科では産婦人科医師および麻酔科医師と連携をとり、症状コントールや手技前後の全身管理および疼痛管理を行います。初診は放射線科外来受診、その後産婦人科を受診していただき、2科の受診にて適応判断を行います。 子宮動脈塞栓術は、子宮筋腫が原因で起こる症状を軽減する治療法です。[marianna-u.ac.jp]

  • 静脈瘤

    […] d)合併症対策 合併症を減らすには、(1)出血量を減らすこと(皮下出血や血腫を抑え、疼痛を少なくする)、(2)神経障害を予防すること、(3)傷を小さくきれいに治すことが挙げられます。出血は静脈抜去時に起こり、術後の血腫・硬結・疼痛の原因となります。[hospital.asahi.chiba.jp] レーザー焼灼による疼痛や出血を大幅に改良した波長1470nmの新型レーザー治療器の保険収載(2014年5月)に合わせ、最新式ELVeS レーザー(インテグラル社製)を導入し血管内焼灼術開始。[memuro.com] 2016年8月からは痛みが少なく保険適応の「新型ELVeSレーザー1470nm」を導入し、焼灼後の皮下出血や疼痛も軽減され、患者さんの術後満足度も高くなっております。 治療は、ご希望や病状に応じて、日帰りも可能です。また、患者さんの症状に合わせ、弾性ストッキング着用や硬化療法などの治療にも対応しています。[hokujun.or.jp]

  • 有痛性青股腫

    松原健太郎,松本 賢治,和多田 晋 秋好 沢林,井上 史彦,金田 宗久 新谷 恒弘,北島 政樹 慶應義塾大学医学部 一般消化器外科 症例は50歳,男性.2003年10月 9 日朝,突如左下肢全体の疼痛が出現し,歩行不能となった.発症から約 2 時間後当院救急外来を受診した.来院時左下肢鼡径部から足指までの疼痛,冷感,著明なチアノーゼ,緊満を[js-phlebology.org] 下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp] 透析患者が四肢・体幹の疼痛・潰瘍を訴えたらカルシフィ ラキシス を考える。[tyabu7973.hatenablog.com]

  • 股関節部骨折

    左大腿骨転子部骨折後,慢性疼痛に移行した症例 ― 複合性局所疼痛症候群 ― 2015年度 【理学療法士学科 昼間部】 口述演題 背景 左大腿骨転子部骨折を受傷され,観血的骨接合術(PFNA)施行後,左大腿骨近位部に疼痛が残存し,治療に難渋した.急性疼痛に対する治療を行ったが、疼痛の軽減に至らなかった症例を担当したためここに報告する.[ocmw.ac.jp] 【症状】 股関節部(脚の付け根)に疼痛があり、多くの場合、起立不能・歩行困難となります。 患肢の自動運動不能 患肢を他動的に動かすと疼痛 【検査】 レントゲン検査 レントゲン検査にて明らかでない場合、いわゆる“ヒビ”では、MRIを施行して判明する場合もあります。[kosei.jp] 正常 外転筋機能不全 頸部内反位 図2 大腿骨頭にかかる関節応力(文献2より一部改変)  :応力の大きさと方向 以上より,アライメント,骨構造,筋機能障害の有無あるいは運動の設定方法などによって股関節負荷は変化するため,疼痛などの臨床症状と合わせながら,股関節負荷を考慮することは理学療法を進める上で重要です。[pt-hokkaido.jp]

  • 下肢蜂巣炎

    皮膚の発赤、腫脹、熱感、疼痛、発赤部位に一致した圧痛を認め、リンパ管炎を伴うこともある。 蜂窩織炎は、基本的には臨床的に診断される。比較的急性(2 3日)の経過で皮膚の発赤、熱感、疼痛が出現し、発熱や悪寒戦慄を伴うこともある。 蜂窩織炎の特徴的症例: 図表 境界明瞭な皮膚の発赤と腫脹を認める場合は丹毒を疑う。[clinicalsup.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] […] d)合併症対策 合併症を減らすには、(1)出血量を減らすこと(皮下出血や血腫を抑え、疼痛を少なくする)、(2)神経障害を予防すること、(3)傷を小さくきれいに治すことが挙げられます。出血は静脈抜去時に起こり、術後の血腫・硬結・疼痛の原因となります。[hospital.asahi.chiba.jp]

  • 血栓症

    DVTを見抜くための観察項目 疼痛や腫脹、皮膚色の変化 下腿が急に腫脹し疼痛が起こり、血栓ができたことで血流がうっ滞し、下腿の腫脹や疼痛、あるいはチアノーゼなど下腿の皮膚色が変化します。片側だけにこのような症状が起きた場合は注意が必要です。すぐに医師に報告し診察の依頼をする必要があります。[kango-oshigoto.jp] 5 血栓症の診断 臨床症状としては下肢の浮腫、腫脹、発赤、熱感、疼痛、圧痛などです。足首を背屈させると腓腹筋に疼痛を感ずるHoman徴候は大切な所見で陽性率は約40%です。手術後24時間以降、多くは離床し歩行開始した術後2 3日に症状が出現します。 確定診断は静脈造影ですが、最近は超音波ドプラー血流測定も有用です。 [jaog.or.jp] また、下肢のむくみが強く、疼痛などの症状が強い場合には、カテーテル血栓溶解療法や血栓除去術をおこなう場合もあります。 この処置により血栓後症候群(静脈瘤、潰瘍、腫脹など)の予防になると報告されております。また、さらさらの薬は、最低3ヶ月飲んでいただき、その後は、患者さんの状況に合わせて考えます。[pref.saitama.lg.jp]

  • 早発性リンパ浮腫

    がん性疼痛看護認定看護師 富永治美 個別的ながん性疼痛緩和のための看護を行いたい 2006年に認定を受けました。現在は外科病棟に勤務しており、病棟と緩和ケアチームを中心に、がん患者さんに対しどのような看護が必要なのかを、看護チーム・緩和ケアチームで話し合い、質の高い看護の提供ができるよう活動しています。[nagahama.jrc.or.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 原因 先天性原発性リンパ浮腫の一部では遺伝子の異常が原因と言われているが、多くは孤発例であり、早発、遅発と同様に原因は不明。 4. 症状 主な症状は四肢、特に下肢浮腫であり、片側であることが多い。浮腫は徐々に進行して皮膚の肥厚、皮下組織の繊維化を来す。 5.[nanbyou.or.jp]

  • 再発肺塞栓症

    3.がん治療に伴う静脈血栓塞栓症の原因 がん手術に関連した血流停滞・臥床・脱水・炎症 手術の影響で創部付近の静脈の圧迫や血流障害が生じた時や、手術後の疼痛や発熱、脱水、体力低下などで、なかなか離床が出来ない方などでは、静脈血栓症の合併が多くなります。[cick.jp] 深部静脈血栓症では疼痛、 痺 れ、浮腫などが見られるが、自覚症状がなく肺塞栓症に移行して初めて気付かれる ケース も少なくない。肺血栓塞栓症の症状は、胸痛、呼吸困難、頻呼吸などがあり、重篤な場合は 心肺停止 し、 突然 死する。この場合、治療が間に合わないため、予防が重要となる。[dic.nicovideo.jp] ③ 下肢深部静脈血栓症を疑わせる臨床症状(下肢の腫脹及び疼痛)が以前に少なくとも1回以上認められている。④ 肺野にて肺血管性雑音が聴取される。⑤ 胸部聴診上、肺高血圧症を示唆する聴診所見の異常(Ⅱ音肺動脈成分の亢進など)が挙げられる。 e.[irdph.jp]

さらなる症状

類似した症状