Create issue ticket

考えれる24県の原因 下肢の片側性浮腫, 呼吸困難

  • 再発肺塞栓症

    ヘパリン投与を再開すると呼吸困難症状は速やかに緩和していきましたが、また中断すると、15日後には重篤な呼吸困難発現し呼吸停止した。集中治療にて救命したが、その後はヘパリン皮下投与に加えヘパリン持続投与も併用した。それからは確実に呼吸困難症状が消失し、23日後にはPao2 95.7 mm Hgと正常化し退院とした。[sagamigaoka-ac.com] 軽度であれば胸やけや発熱程度で治まりますが、急性型では短時間のうちに呼吸困難・チアノーゼが起こり死に至ることもあります。慢性型の場合、呼吸困難などが繰り返し起こるうちに徐々に増強してくることがあります。治療が奏効すれば生命予後は良好ですが症状消失後も再発のおそれがあり、抗凝固療法を続ける必要があります。[kmu.ac.jp] ところが入院の数時間後、呼吸困難、左胸痛、血圧低下となり、酸素投与を開始しましたが呼吸困難が増強し、心肺停止し、救命処置を施行したが死亡し、解剖により急性肺血栓塞栓症と診断されました。 医療事故の再発防止に向けた提言としては、以下のようにまとめられています。[lawyer-koga.jp]

  • 腹水

    呼吸困難感に対してできること 低酸素血症がみられている場合には酸素投与が有効です。また、頭側挙上気味にすると横隔膜が下がることで呼吸のしやすさにつながります 呼吸困難感が強い時は空気の流れを作り出すことも症状緩和につながる場合があります。扇風機やうちわなどで優しく風を送ったり、個室で窓を開けることが可能な場合は換気します。[kango-oshigoto.jp] 腹水貯留は拘束性換気障害を来す因子となるため、呼吸困難を来しやすい。さらに、腹水貯留により電解質異常や全身倦怠感を来たし、結果として廃用症候群を引き起こす一因となる。そのため、癌性腹水貯留患者においてもリハビリテーションにより、身体能力やADL、健康関連QOLを改善させることが期待される。[ci.nii.ac.jp] 塩分制限などの食餌療法や利尿剤・アルブミン投与にも反応しない難治性腹水は腹部膨満感や呼吸困難感、食欲低下、便秘などに伴うQOL(生活の質)の低下を招きます。[nho-kumamoto.jp]

  • 血栓塞栓症

    ヘパリン投与を再開すると呼吸困難症状は速やかに緩和していきましたが、また中断すると、15日後には重篤な呼吸困難発現し呼吸停止した。集中治療にて救命したが、その後はヘパリン皮下投与に加えヘパリン持続投与も併用した。それからは確実に呼吸困難症状が消失し、23日後にはPao2 95.7 mm Hgと正常化し退院とした。[sagamigaoka-ac.com] 臨床症状 突然の呼吸困難が高頻度にみられる.広範囲の肺血栓塞栓症では失神やショック状態となることがある.ときに喘鳴が出現する.胸膜近傍の肺血栓塞栓症では胸膜痛もみられる.呼吸困難,胸痛および頻呼吸は,肺血栓塞栓症の97%にみられ,肺血栓塞栓症の3徴候とされている. [kotobank.jp] リスク3 :呼吸困難.胸痛.ショック. 産褥看護ポイント 産褥期血栓塞栓症ほど予防が重要な疾患はない。わずかな注意で、深刻な状態を未然に防ぐことができる。 妊娠中の長期臥床(疾患は問わず)、予定帝王切開、肥満などのリスクをもつ妊婦をあらかじめ確認しておく。[www2.nms.ac.jp]

  • 深部静脈血栓症

    足背動脈、腋窩動脈の触知困難か触知不可能 DVTがあると、動脈の触知が弱くなったり触知できなくなったりします。 呼吸困難や胸痛 血栓が肺動脈に詰まり肺塞栓となり、肺梗塞が起こった場合には、呼吸困難や胸痛が起こります。長時間安静状態にあった人が臥床した状態から座位になった際に呼吸困難や胸痛が起きる場合があります。[kango-oshigoto.jp] 血栓が肺に流れ込んで 肺塞栓 を起こすと胸痛や呼吸困難を伴い、死に至ることもある。先天性の異常や外傷などによる血管の損傷のほか、長時間同じ体勢をとることによって血流が停滞し、発症する場合もある。 DVT (deep vein thrombosis)。[kotobank.jp] 「術後肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症」 症状 肺血栓塞栓症は、手術や入院安静などの後に呼吸困難や胸部痛ではじまり、重篤な場合は死にいたる合併症です。 長時間の航空機搭乗や災害時に自家用車に避難していて生じたという報告もあります。いわゆる「エコノミークラス症候群」です。[joa.or.jp]

  • 静脈瘤

    静脈を焼灼した断端にできた血栓が深部静脈に伸展することがあり、ほとんどの場合には1か月程度で消失するが、この血栓が心臓、肺へ流れていくと急な呼吸困難に陥り、命にかかわる危険性がある。[ja.wikipedia.org] 静脈を焼灼した断端にできた血栓が深部静脈に伸展することがあり、ほとんどの場合には1か月程度で消失しますが、この血栓が心臓、肺へ流れていくと急な呼吸困難に陥り、命にかかわる危険性があります。 国立循環器病研究センターでは、2018年5月から下肢静脈瘤のレーザー治療を一泊入院で行えるようになります。[ncvc.go.jp] つまり、血液が下肢に滞ることで血栓(血のかたまり)ができ、それが急に歩いたときに心臓、そして肺へ流れ、肺の血管に詰まってしまい、呼吸困難に陥ってしまうのです。 脚のむくみなどの症状を訴えて受診する人の中には、下肢深部静脈弁不全症の人が意外に多いのです。早期に発見し、早期に治療することが突然死を未然に防ぐことにつながります。[healthcare.omron.co.jp]

  • 動脈塞栓症

    特異的な症状はなく、原因不明の呼吸困難や胸痛が突発した場合、本症を疑う。症状の程度は塞栓領域の大きさに影響され、ほとんど無症状のものから、ショックを起こし急速に重篤になるものまでさまざまである。[med.toaeiyo.co.jp] 冷や汗、呼吸困難、発疹[ショック、アナフィラキシー様症状] 動悸、胸苦しさ、呼吸困難[心不全、肺水腫] 頭痛がする、嘔吐をする、吐血をする[脳出血、消化管出血] 胸が痛い、胸がしめつけられる感じがする、冷や汗[心筋梗塞] からだがだるい、皮膚や白目が黄色くなる、食欲不振[肝機能障害、黄疸] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。[rad-ar.or.jp] 肺血栓塞栓症では、呼吸困難が生じ、重症の場合はショック状態になります。 飛行機で長時間旅行した後、突然、呼吸困難やショックを起こす「エコノミークラス症候群」と呼ばれる病気は、深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症によるものです。[ncvc.go.jp]

  • 有痛性青股腫

    肺血栓塞栓症は無症状の場合もありますが、呼吸困難やショック状態などに陥り心停止にいたることもあります。 急激に発症する重症の急性肺塞栓症(acute pulmonary embolism:APE)では致死率が32%にもなります。 しかも、死亡例のうち43%が発症後1時間以内の突然死です(文献1参照)。[nursepress.jp] 下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp]

  • 有痛性青股腫

    肺血栓塞栓症は無症状の場合もありますが、呼吸困難やショック状態などに陥り心停止にいたることもあります。 急激に発症する重症の急性肺塞栓症(acute pulmonary embolism:APE)では致死率が32%にもなります。 しかも、死亡例のうち43%が発症後1時間以内の突然死です(文献1参照)。[nursepress.jp] 下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp]

  • 下肢蜂巣炎

    結核の症状 初期は無症状で経過し、咳、痰が出る、微熱が典型的な症状で、胸の痛み、呼吸困難、血の混じった痰が出る、全身倦怠感、食欲不振などがみられることもあります。[tyojyu.or.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] これは深部にある静脈に血栓(血の塊)ができて詰まり、脚が腫れたりする「深部静脈血栓症」や、その血栓が肺の動脈に飛んで、呼吸困難やショックを起こす「肺塞栓症」を引き起こす病気です。 飛行機やバスなどに乗って長時間、座ったままの姿勢でいると、静脈内の血液が滞って(「うっ滞」と言います)血が固まり、血栓ができるために起こるのです。[ncvc.go.jp]

  • 股関節部骨折

    肺の血管がふさがると、血液ガスの交換がうまくおこなわれず、呼吸困難や胸の痛みを感じるようになります。まれに命を脅かす重篤な症状を引き起こす可能性があります。 6.脚の長さの差:可能な限り脚の長さを揃えますが、若干脚の長さの差が残る場合があります。 7.神経障害:術後神経の障害に伴う痺れ、筋力低下が起こる場合があります。[kitasato-u.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状