Create issue ticket

考えれる27県の原因 下肢の片側性浮腫

  • 深部静脈血栓症

    DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp]

  • 有痛性青股腫

    下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp]

  • 有痛性青股腫

    下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp]

  • 下肢蜂巣炎

    下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] また稀に、骨盤内の腫瘍などによって片側下肢静脈が圧迫されることで、片側下肢静脈灌流障害が生じ、片側下肢浮腫や深部静脈血栓症を生じることもあります( 図1 )。 基本的な病歴聴取・診察・検査で上記のような疾患が疑われる場合には、専門医にご相談ください。 図1 鼠径部悪性リンパ腫による片側下肢浮腫[jhf.or.jp]

  • 静脈瘤

    1. 下肢静脈瘤とは? 体のすみずみに行きわたった血液が、心臓に戻る血管を静脈といい、足の静脈が太くなって瘤(こぶ)状に浮き出て見えるようになった状態を下肢静脈瘤といいます。 静脈瘤が下肢に起こりやすいのは、心臓から遠い位置にあることや、人が立って生活していることが関係しています。足の静脈の中の血液が心臓に戻るには、重力に逆らって上昇しなければなりません。歩くことで「ふくらはぎの筋肉」が収縮して静脈の中の血液を押し上げ、途中にある「静脈弁」が下に逆流しないように支えています。[…][ncvc.go.jp]

  • 股関節部骨折

    股関節部骨折の手術は,最新の血栓予防治療の実施にもかかわらず,静脈血栓塞栓症の高リスクを伴っている.合成五糖類のフォンダパリヌクス(fondaparinux)は,このリスクを低下させる可能性のある新規の抗血栓薬である. 二重盲検試験において,大腿骨の上部 1 / 3 の骨折に対して手術を受ける予定に なっていた 1,711 例の連続した患者を,術後に開始するフォンダパリヌクス 2.5 mg 1 日 1 回の皮下投与か,または術前に開始するエノキサパリン 40 mg 1 日 1 回の皮下投与のいずれかを,少なくとも 5 日間実施する治療に無作為に割付けた.有効性の主要転帰は,術後 11[…][nejm.jp]

  • 再発肺塞栓症

    静脈内で凝固した血液が血管を詰まらせる 静脈血栓塞栓症とは、静脈の中に「血栓」(※1)ができて血管を詰まらせる疾患です。静脈血栓塞栓症にはいくつかの種類がありますが、特に重要なものは肺の動脈が詰まる「肺血栓塞栓症」と、手足の静脈が詰まる「深部静脈血栓症」です。この2つの疾患は連続する疾患で、致死的な状態を招くことがあります。一般によく知られているエコノミークラス症候群や災害の後に起こる血栓症もその1つです。 がん患者さんの体は、がんによる直接的な侵襲だけでなく、間接的にもさまざまな影響を受けています。その1つが血栓であり、がんの患者さんは、血栓ができやすいことが知られています。[…][akiramenai-gan.com]

  • 動脈塞栓症

    肺動脈が塞栓子により閉塞され、肺循環障害を起こした状態をいう。静脈系の血栓症、特に下肢深部静脈に由来するものが多く、まれに脂肪、空気、腫瘍細胞塊などが原因となる。特異的な症状はなく、原因不明の呼吸困難や胸痛が突発した場合、本症を疑う。症状の程度は塞栓領域の大きさに影響され、ほとんど無症状のものから、ショックを起こし急速に重篤になるものまでさまざまである。[…][med.toaeiyo.co.jp]

  • 早発性リンパ浮腫

    下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 原因 先天性原発性リンパ浮腫の一部では遺伝子の異常が原因と言われているが、多くは孤発例であり、早発、遅発と同様に原因は不明。 4. 症状 主な症状は四肢、特に下肢浮腫であり、片側であることが多い。浮腫は徐々に進行して皮膚の肥厚、皮下組織の繊維化を来す。 5.[nanbyou.or.jp] 上肢の場合は乳がんで乳房の切除と同時にわきの下のリンパ節を取ってしまうため、同じ側の腕に浮腫がみられます。また、下肢の場合は左右いずれかに浮腫が生じる場合(片側)が多いですが、両方の脚に出る場合(両側性)もあります。ただし両側性でも多くの場合、左右差があります。 リンパ浮腫のリスク 遺伝との関連は?[medicalnote.jp]

  • 悪性腹水

さらなる症状