Create issue ticket

考えれる299県の原因 下肢の浮腫, 肝腫大

  • 心不全

    この場合、液体が過剰に貯留するのは体全体、特に下肢であり、心不全徴候としての下腿浮腫は有名である。そのほか、腹水、肝腫大、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 右心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に圧負荷がかかり、右心不全を起こす。[ja.wikipedia.org] そのほか、腹水、、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 右心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に圧負荷がかかり、右心不全を起こす。治療薬にコルホルシンダルパートがある。[ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    ここ3日で夜間発作性起座呼吸,下肢浮腫が強くなりERに搬送。O 2 8 L/分でSpO 2 93%,血圧150/40 mmHg,心拍数90/分,呼吸数25/分,体温36.5 ,両肺野喘鳴著明,両下肢浮腫,体重 2 kg。うっ血性心不全急性増悪でICU入室。[igaku-shoin.co.jp] 血(胆道系酵素上昇)など うっ血性心不全はうっ血による症状が主体となるため、肺うっ血による左心不全症状、体静脈うっ血による右心不全症状に注意しながら観察していくことが大切です。[kango-oshigoto.jp] その症状は心臓ポンプ機能低下により肺や末梢組織に過剰な血液が貯まって起こるもので、一般には全身あるいは下肢浮腫、胸水の貯留などが認められます。 原因として虚血性心疾患(陳旧性心筋梗塞後が多い)、高血圧症、弁膜症、心筋症などの心臓病変以外に腎臓や内分泌臓器疾患もあげられます。[fukushihoken.metro.tokyo.jp]

  • 肝硬変

    血液からの血管外へ水分が出やすくなったことに伴って浮腫が見られるようになり、特に下肢浮腫は目立ってくる。肝硬変に伴う血液の異常はこれに留まらない。脾腫に伴って、脾臓の機能が亢進するために、赤血球、血小板などが破壊されやすくなり、汎血球減少症を来たすこともある。赤血球の破壊亢進によって、貧血やビリルビンの大量遊離が起きてくる。[ja.wikipedia.org] これを萎縮症という。… 【】より …慢性肝炎では,肝臓は通常1 2横指,大して硬くなる。アルコール性脂肪とアルコール性肝硬変では,ほとんどを伴うが,禁酒によって急速に正常の大きさに戻る。 黄疸 , 腹水 を伴う重症な非代償性 肝硬変 では,肝臓が触れられなくなり,肝臓の萎縮の程度は肝臓疾患の重症度にほぼ並行する。[kotobank.jp] 具体的には、脱水、黄疸、下肢浮腫、肝性脳症などの肝機能低下や門脈圧亢進症による症状が認められない場合を代償性肝硬変、1つでも認められる場合を非代償性肝硬変と呼ぶ。 C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 心筋疾患

    看護師求人TOP ナースフル疾患別シリーズ 循環器疾患 第2章 主な循環器疾患 心筋疾患 心筋症 病態 心機能障害をきたす心筋疾患の総称である。原因不明の「特発性心筋症」と原因疾患や毒性物質が明らかな「 二次性心筋症 」に分ける。 * 二次性心筋症の除外診断が必要である 治療 特発性心筋症は、以下のとおりである。 肥大型心筋症 […][…]治療目標は、突然死の防止である。致死性不整脈があれば、予防内服薬としてβ遮断薬、CA拮抗薬、抗不整脈薬を用いる。 拡張型心筋症[…][nurseful.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    6) 消化器症状: 機能異常 (ルポイド肝炎)、脾 腹水、腸間膜の血管炎 蛋白漏出性胃腸症 7) 腎臓: 浮腫、尿所見異常(蛋白尿、各種円柱)、 腎機能異常 8) 中枢神経: 意識障害、高次機能障害、痙攀、精神症状、脳梗塞、髄膜炎、脊髄炎 9) 末梢神経障害: 多発性単神経炎、末梢神経症状(しびれ、麻痺) 3.検査 1) 血液学的検査[ryumachi.umin.jp]

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症

    低酸素血症の進行に伴い、チアノーゼ、右心不全症状を来たすと、腹部膨満感や体重増加、下腿浮腫、肝腫大、などがみられる。下肢の深部静脈血栓症を合併する症例では、下肢の腫脹や疼痛が認められる。 4. 主な治療法 原則として血栓再発予防と二次血栓形成予防のための抗凝固療法が選択される。[kitakyushu-shogai.net] 肺高血圧の合併により右心不全症状をきたすと, 腹部膨満感や体重増加, 下腿浮腫などがみられる. 理学所見としては, 低酸素血症の進行に伴いチアノーゼ, および過呼吸, 頻脈がみられる. 下肢の深部静脈血栓症を合併する症例では, 下肢の腫脹や疼痛が認められる.[m.chiba-u.ac.jp] 肺高血圧値に影響を及ぼしている可能性がある.酸素療法は酸素輸送能の向上による自覚症状の改善に加え,低酸素性肺血管攣縮の解除により一定範囲での降圧が期待できる場合がある.我が国では肺高血圧症例は在宅酸素療法(home oxygentherapy: HOT)の保険適用が得られており, CTEPHもその対象疾患である. 4)右心不全対策 胸水や[jcs2012-nakanishi-h.medicalvista.info]

  • アミロイドーシス

    初期には全身倦怠感、体重減少、浮腫、貧血などの非特異的症状があり、経過中にうっ血性心不全、蛋白尿、吸収不良症候群、末梢神経障害、起立性低血圧、手根管症候群、、巨舌、皮下出血などを呈する。巨舌は特徴的であり約20%に認められる。血管への沈着が著明であれば出血傾向を呈し、紫斑や皮下出血、粘膜下出血を認める。[ja.wikipedia.org] ①主要症状および所見 (a)全身衰弱・体重減少・貧血・浮腫・呼吸困難・胸痛・紫斑 (b)心電図における低電位・不整脈・伝導ブロック・QS型(V1 V3)・低血圧・起立性低血圧・心肥大 (c)頑固な便秘・下痢を主徴とする胃腸障害、吸収不良症候群 (d)蛋白尿・腎機能障害 (e)・脾腫・ときにリンパ節腫大 (f)巨舌 (g)shoulder-pad[nanbyou.or.jp] 初期には全身倦怠感、体重減少、浮腫、貧血などの非特異的症状があり、経過中にうっ血性心不全、蛋白尿、吸収不良症候群、 末梢神経障害 、起立性低血圧、手根管症候群、、巨舌、皮下出血などを呈する。巨舌は特徴的であり約20%に認められる。血管への沈着が著明であれば出血傾向を呈し、紫斑や皮下出血、粘膜下出血を認める。[ja.wikipedia.org]

  • 急性妊婦の脂肪肝

    胎児の症状として、.腹水、胎児水腫、胎盤肥厚等がありますが、ペニシリン治療は先天梅毒の予防効果が高いことが知られています。梅毒感染妊婦からの出生児は、先天梅毒の検査を行います。 抗リン脂質抗体症候群等の疾患を有するお母さんは、梅毒に罹患していないのに梅毒検査で陽性になることがあります。[w-health.jp] 細胞の多くが小空砲で充満されしており、これを脂肪染色すると細胞の高度な小から中滴性の脂肪変性であることがわかります。 肝細胞の壊死炎症反応には乏しく、広範囲な壊死、帯状壊死所見は認めません。 鑑別診断 HELLP症候群と基本的に同じ鑑別診断です。 治療 出産することが唯一の治療法です。[blogs.yahoo.co.jp] 肝性脳症 1) Eck瘻症候群 森脇 久隆 318 2) 門脈循環性脳症(PSE) 柳瀬 幹雄 321 3) 猪瀬型性脳症 佐原 圭 326 Ⅵ. 肝肉芽 1. 肝炎と肉芽腫性疾患 中沼 安二 333 2. 肝類上皮肉芽腫 中沼 安二 338 3. 原発性胆汁性肝硬変と肉芽腫 中沼 安二 343 4.[nippon-rinsho.co.jp]

  • 全身性アミロイドーシス

    (肝臓が腫れて大きくなること) 黄疸 (皮膚や白眼の部分が黄色く変色) 腹水 吐き気 嘔吐 下痢 血便 腎臓( アミロイド腎症 ) ネフローゼ症候群 腎不全 消化器 巨舌(舌が大きくなる) 食欲低下 吸収不良症候群 蛋白漏出性胃腸症 慢性下痢 末梢神経 アミロイドポリニューロパチー( 家族性アミロイドポリニューロパチー を参照)[medley.life] ①主要症状および所見 (a)全身衰弱・体重減少・貧血・浮腫・呼吸困難・胸痛・紫斑 (b)心電図における低電位・不整脈・伝導ブロック・QS型(V1 V3)・低血圧・起立性低血圧・心肥大 (c)頑固な便秘・下痢を主徴とする胃腸障害、吸収不良症候群 (d)蛋白尿・腎機能障害 (e)・脾腫・ときにリンパ節腫大 (f)巨舌 (g)shoulder-pad[nanbyou.or.jp] 初期には全身倦怠感、体重減少、浮腫、貧血などの非特異的症状があり、経過中にうっ血性心不全、蛋白尿、吸収不良症候群、 末梢神経障害 、起立性低血圧、手根管症候群、、巨舌、皮下出血などを呈する。巨舌は特徴的であり約20%に認められる。血管への沈着が著明であれば出血傾向を呈し、紫斑や皮下出血、粘膜下出血を認める。[ja.wikipedia.org]

  • 肺動脈高血圧症

    進行すると、全身倦怠感、運動能低下、安静時の呼吸困難、胸痛、失神、下肢浮腫などが見られる。 レイノー症状、関節痛、手指の腫れ、皮膚硬化、爪床の毛細血管異常、間質性肺炎の存在は、膠原病性(結合組織病に関連した肺高血圧症)を疑う重要な所見である。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 主な症状 自覚症状 労作時息切れ、易疲労感・胸痛・失神、動悸・咳嗽・喀血、右心不全を伴うと:腹部膨満感・食欲不振、下腿浮腫 身体所見 IIp亢進、傍胸骨拍動、胸骨左縁下部での汎収縮期雑音、胸骨左縁での拡張早期雑音、右心性IV音、右心不全を伴うと:頸静脈怒張、右心性III音、、腹水 肺高血圧症の分類 再改訂版肺高血圧症臨床分類(ニース分類[md.tsukuba.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状