Create issue ticket

考えれる23県の原因 下肢の浮腫, 下肢の片側性浮腫

  • 深部静脈血栓症

    深部静脈血栓症 下肢の深部静脈に血栓を生じた状態。明らかな症状を呈さない場合もあるが,下肢の特徴的な浮腫と皮膚色調を呈し,肢周囲径の左右差,静脈拡張,皮膚色素沈着,湿疹,びらん,潰瘍などを生じる。血栓が遊離して肺塞栓を生じると致死的病態となる。[jaam.jp] DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp] 深部に血栓ができた場合は下肢の腫れ(47%)、下肢痛(26%)、下肢の色調変化(7%)で血栓より遠位の浮腫などといった症状がでるが無症状のこともある。特に下肢静脈血栓は左に起きやすい。これは左の総腸骨静脈と右の総腸骨動脈が交差しているため、後者によって前者が圧迫されやすいためである。[ja.wikipedia.org]

  • 有痛性青股腫

    身体所見では右下肢に高度の浮腫と足先が冷たく変色し、脈拍はドプラでなければ検出できなかった。 左下肢は軽度の浮腫はあるものの、脈拍触知は良好。 下肢浮腫、チアノーゼ、痛みという三徴が揃っており、稀な症候群である有痛性青股腫(phlegmasia cerulea dolens)が想起される。[yaplog.jp] ( より引用)  急性かつ広範な下肢痛/下腿浮腫/チアノーゼを見たら有痛性青股腫を疑え! 多系統萎縮症 Multiple systems atrophy こちらもかなりレア疾患。診断時に立ち会うのはなかなかないです。[tyabu7973.hatenablog.com] ①動脈血行障害、重症下肢虚血(閉塞性動脈硬化症ASO・末梢動脈疾患PAD、バージャー病など) ②重症心不全、高度心機能低下(肺水腫、下肢の広範な心性浮腫など) ③静脈血行障害(有痛性青股腫、有痛性白股腫など) ④圧迫による重篤な肺血栓塞栓症が危惧される深部静脈血栓症(DVT) ⑤重度の感染性急性炎症(感染性静脈炎、化膿性静脈炎、重度の蜂窩織炎[beauty.withus-corp.jp]

  • 早発性リンパ浮腫

    また、肉眼的に腫れている(腫脹)原因は、浮腫のほかに炎症や血腫、筋組織の肥厚、腫瘍などが含まれます。 予想問題 問題1 下肢リンパ浮腫について正しいのはどれか。1つ選べ。[medimaga.medica.co.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 原発性リンパ浮腫(平成23年度) げんぱつせいりんぱふしゅ 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 原因が特定できないリンパ節、リンパ管の形成不全や機能不全により四肢、特に下肢浮腫が発症する。[nanbyou.or.jp]

  • 下肢蜂巣炎

    さらにリンパ浮腫が起こった状態で感染を伴った場合、蜂窩織炎とよばれる炎症が生ずることがあります。蜂窩織炎が起こると、下肢が赤くなり発熱が生じ入院治療が必要になることもあります。 リンパ浮腫を予防することは、治療をお受けになった患者さんのQOLを良好に保つため非常に大事なことです。[lab.toho-u.ac.jp] 下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 症例の内訳は、上肢リンパ浮腫11例、下肢リンパ浮腫84症例です。術前1年間の蜂窩織炎の平均発生頻度1.46回だったものが、術後1年間では0.18回まで低下しています。つまり、蜂窩織炎の発生頻度が約1/8まで減少したことになります。[saiseikai.or.jp]

  • 有痛性青股腫

    身体所見では右下肢に高度の浮腫と足先が冷たく変色し、脈拍はドプラでなければ検出できなかった。 左下肢は軽度の浮腫はあるものの、脈拍触知は良好。 下肢浮腫、チアノーゼ、痛みという三徴が揃っており、稀な症候群である有痛性青股腫(phlegmasia cerulea dolens)が想起される。[yaplog.jp] ( より引用)  急性かつ広範な下肢痛/下腿浮腫/チアノーゼを見たら有痛性青股腫を疑え! 多系統萎縮症 Multiple systems atrophy こちらもかなりレア疾患。診断時に立ち会うのはなかなかないです。[tyabu7973.hatenablog.com] ①動脈血行障害、重症下肢虚血(閉塞性動脈硬化症ASO・末梢動脈疾患PAD、バージャー病など) ②重症心不全、高度心機能低下(肺水腫、下肢の広範な心性浮腫など) ③静脈血行障害(有痛性青股腫、有痛性白股腫など) ④圧迫による重篤な肺血栓塞栓症が危惧される深部静脈血栓症(DVT) ⑤重度の感染性急性炎症(感染性静脈炎、化膿性静脈炎、重度の蜂窩織炎[beauty.withus-corp.jp]

  • 静脈瘤

    治療 治療を考えるケースとしては、1)下肢浮腫、色素沈着、潰瘍など明らかに他覚的症状のあるもの 2)足のだるさなど症状の強いもの 3)血栓性静脈炎を繰り返すもの 4)美容的な理由があります。 足のうっ血を軽減することが重要ですので、日常生活の改善が必要です。[fmed.jp] ・特発性浮腫 下半身 肝硬変・慢性静脈不全・下肢静脈瘤 リンパ浮腫 下肢静脈瘤 深部静脈血栓症 (エコノミー症候群) 薬剤性むくみ 高血圧の薬(カルシウム拮抗剤)による リンパ浮腫 リンパ管が閉塞してリンパ液が停滞する病気 生理的なむくみ 加齢によるむくみ 70-75歳以上廃用性浮腫とも言う 慢性静脈不全(CVI)と足のむくみ CVI: Chronic[kekkangeka.com] 図1 下肢静脈 (伊藤孝明:うっ滞性潰瘍・下肢静脈瘤 2010; 日本皮膚外科学会(監)皮膚外科学: 540-549) 2)下肢静脈瘤の症状 主な症状は、下肢のだるさや浮腫、疲れやすさ、痛み、こむら返りなどで、重症化すると湿疹、色素沈着などのうっ滞性皮膚炎から皮膚潰瘍を形成することもあります。[almediaweb.jp]

  • 動脈塞栓症

    症状は、下肢浮腫、疲労感、こむら返りなどから、皮膚炎、色素沈着、血栓性静脈炎、皮膚潰瘍など軽度から重症まで様々です。 3次元CTで再構築した下腿の静脈瘤 治療に関して、静脈瘤が軽度で症状などがない場合は経過観察もしくは弾性ストッキングの着用を行います。[thoracs.med.saga-u.ac.jp] 筋膜切開術 血行再建後の下肢筋肉の虚血再還流障害により筋肉の浮腫が引き起こされます。下肢の筋肉は厚く強靭な筋膜により区画に分けられているため、区画内で筋肉が急激に浮腫に至ると区画内圧の上昇を生じ、圧によって筋肉や神経の圧迫壊死に至ります。[ameria.org] 静脈疾患 静脈疾患としては、発生頻度の高い下肢静脈瘤や血栓静脈炎がある。 リンパ系疾患 四肢リンパ浮腫は原因の不明な原発性リンパ浮腫と子宮癌や乳癌術後に生じる続発性リンパ浮腫がある。 ブラッドアクセス 腎不全患者におこなわれる血液透析の際に、血液を対外へ環流し再度対内へ戻す血液通路である。[jikei-kch.jp]

  • 再発肺塞栓症

    深部に血栓ができた場合は下肢の腫れ(47%)、下肢痛(26%)、下肢の色調変化(7%)で血栓より遠位の浮腫などといった症状がでるが無症状のこともある。特に下肢静脈血栓は左に起きやすい。これは左の総腸骨静脈と右の総腸骨動脈が交差しているため、後者によって前者が圧迫されやすいためである [9] 。[ja.wikipedia.org] 肺高血圧の合併により右心不全症状をきたすと, 腹部膨満感や体重増加, 下腿浮腫などがみられる. 理学所見としては, 低酸素血症の進行に伴いチアノーゼ, および過呼吸, 頻脈がみられる. 下肢の深部静脈血栓症を合併する症例では, 下肢の腫脹や疼痛が認められる.[m.chiba-u.ac.jp] また, 右心不全症状を合併すると, 肝腫大および季肋部の圧痛, 下腿浮腫なども認められるようになる. 聴診所見では肺高血圧の進展に伴い, II音肺動脈成分の亢進および三尖弁逆流による収縮期心雑音が聴取されることが多い。[m.chiba-u.ac.jp]

  • 骨盤腫瘍

    下肢浮腫と38 台の発熱を主訴に他院を受診し,CTにて骨盤内腫瘤を指摘された。他院での造影CTと当院で撮像されたMRIの画像を示す。 既往歴:30年前よりIUD(intrauterine device)留置,胃癌手術(8年前)。 来院時内診:子宮の腫大,可動性不良,子宮傍結合織に硬結あり。[jmedj.co.jp] また、乳ガンや子宮がんでのリンパ節郭清後に上肢や下肢が腫れて浮腫状となることがあります。このリンパ浮腫が長期に続いた場所に腫瘍が発生した場合まずこの腫瘍を疑うべきです。 7.神経肉腫 神経線維維腫(レックリングハウゼン氏病)に合併するものと、全く関係なく生じてくるものがあります。[jfcr.or.jp]

  • 腹水

    その結果、腹圧が軽減し、必要な蛋白質が回収できることで、血漿膠質浸透圧の上昇、循環血漿量の増加、腎臓や消化管血流の改善、下肢浮腫の軽減が可能になります。[akiramenai-gan.com]

さらなる症状