Create issue ticket

考えれる748県の原因 下肢の浮腫

  • 気管支炎

    気管支炎(きかんしえん、羅: 独: 英: 蘭: Bronchitis)は、呼吸器疾患の一つで気管支の炎症を指す。急性と慢性に区分される。また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞性肺疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴、呼気延長、1秒率の低下、残気量の増加等)。自身の喫煙や周りの人間による受動喫煙の健康被害により、症状が悪化したり慢性化したりする悪影響がある。 急性気管支炎とは、咳を主な症状とする3週間までの気管支炎症を指す。原因の90%はウイルス感染症である。 感染性(ウイルス、細菌)[…] インフルエンザ、アデノウイルス、百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌、RSウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 脂肪浮腫

    下肢リンパ浮腫に対する我々の治療コンセプト 18年前に子宮頚がんに対して広汎子宮全摘術、リンパ節郭清術、放射線治療術を受けました。治療後から、両下肢リンパ浮腫が出現し、保存療法を行いましたが徐々に症状が悪化しました。[jreast.co.jp] リンパ浮腫(むくみ)の治療(リンパ管静脈吻合など)、など 特色 診療経験の豊富な形成外科専門医により形成外科全般についての治療が可能です。[tdc.ac.jp] 上肢のリンパ浮腫は、腋窩リンパ節郭清と腋窩リンパ節領域の放射線治療を受けた乳がん患者に多く、下肢のリンパ浮腫は、骨盤リンパ節郭清と骨盤リンパ節領域への放射線治療を受けた膀胱がん、前立腺がん、婦人科がん患者に多くみられる。 リンパ浮腫は、用手的リンパドレナージ(マッサージ)、運動、圧迫帯で治療されることが多い。[cancerit.jp]

  • うっ血性心不全

    ここ3日で夜間発作性起座呼吸,下肢浮腫が強くなりERに搬送。O 2 8 L/分でSpO 2 93%,血圧150/40 mmHg,心拍数90/分,呼吸数25/分,体温36.5 ,両肺野喘鳴著明,両下肢浮腫,体重 2 kg。うっ血性心不全急性増悪でICU入室。[igaku-shoin.co.jp] その症状は心臓ポンプ機能低下により肺や末梢組織に過剰な血液が貯まって起こるもので、一般には全身あるいは下肢浮腫、胸水の貯留などが認められます。 原因として虚血性心疾患(陳旧性心筋梗塞後が多い)、高血圧症、弁膜症、心筋症などの心臓病変以外に腎臓や内分泌臓器疾患もあげられます。[fukushihoken.metro.tokyo.jp] 過剰な体液貯留により,下肢浮腫,肺うっ血又は頚静脈怒張が認められるうっ血性心不全患者 3.[rctportal.niph.go.jp]

  • 心不全

    この場合、液体が過剰に貯留するのは体全体、特に下肢であり、心不全徴候としての下腿浮腫は有名である。そのほか、腹水、肝腫大、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 右心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に圧負荷がかかり、右心不全を起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 肺水腫

    前述したように,慢性心不全の増悪が考えられ,亜急性の経過で下肢浮腫があり水分の過剰摂取などが病歴上疑われる場合には,利尿薬の使用が好ましい。急性肺水腫で急激に呼吸困難が起こった場合には,利尿薬よりもむしろ血圧のコントロールが肝要となる。[igaku-shoin.co.jp] そして、中心静脈圧が上昇すると消化管の浮腫や肝腫大による消化器症状の出現や、毛細血管から水分が露出し下肢浮腫や胸水、腹水が出現します。 以上の心不全の臨床症状はしっかりと覚えておきましょう。[igakunotomo.com]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

  • 胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    : T : TSH T : TRH TSH T 身体所見では、甲状腺腫大、下肢の非圧痕性浮腫、アキレス腱反射の弛緩相遅延などみられる。 甲状腺ミオパチーでは、筋力低下、易疲労性、筋強直、筋痛をしばしば認める。筋肉組織内への粘液物質の蓄積が原因と考えられている。甲状腺ミオパチーにおいて筋肥大がめだつものを Hoffmann症候群と呼ぶ。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    血液からの血管外へ水分が出やすくなったことに伴って浮腫が見られるようになり、特に下肢浮腫は目立ってくる。肝硬変に伴う血液の異常はこれに留まらない。脾腫に伴って、脾臓の機能が亢進するために、赤血球、血小板などが破壊されやすくなり、汎血球減少症を来たすこともある。赤血球の破壊亢進によって、貧血やビリルビンの大量遊離が起きてくる。[ja.wikipedia.org] 具体的には、脱水、黄疸、下肢浮腫、肝性脳症などの肝機能低下や門脈圧亢進症による症状が認められない場合を代償性肝硬変、1つでも認められる場合を非代償性肝硬変と呼ぶ。 C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 急性腎不全

    症状としては、尿量減少、尿の異常(血尿、褐色尿など)、浮腫(顔や下肢など)、倦怠感、疲労感、食欲不振などが認められる。 ACE阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、輸出細動脈を拡張させて糸球体からの血液濾過量を増加させ、利尿薬は血漿量を減少させる。[dm-rg.net]

さらなる症状