Create issue ticket

考えれる10県の原因 下肢の変色, 下肢の片側性浮腫

  • 有痛性青股腫

    下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp] 身体所見では右下肢に高度の浮腫と足先が冷たく変色し、脈拍はドプラでなければ検出できなかった。 左下肢は軽度の浮腫はあるものの、脈拍触知は良好。 下肢の浮腫、チアノーゼ、痛みという三徴が揃っており、稀な症候群である有痛性青股腫(phlegmasia cerulea dolens)が想起される。[yaplog.jp] 右足先が青黒く変色してきた。 下肢の浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側性で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。[yaplog.jp]

  • 深部静脈血栓症

    DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp]

  • 血栓症

    DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp]

  • 有痛性青股腫

    下肢浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。 突然発症で痛みを伴うものとすればベーカー嚢胞の破裂、筋断裂、DVTが代表的。[yaplog.jp] 身体所見では右下肢に高度の浮腫と足先が冷たく変色し、脈拍はドプラでなければ検出できなかった。 左下肢は軽度の浮腫はあるものの、脈拍触知は良好。 下肢の浮腫、チアノーゼ、痛みという三徴が揃っており、稀な症候群である有痛性青股腫(phlegmasia cerulea dolens)が想起される。[yaplog.jp] 右足先が青黒く変色してきた。 下肢の浮腫といえば鑑別診断は広いが、片側性で突然発症というキーワードが加わればその鑑別はぐっと狭まる。 心不全はもともとの静脈不全がない限り両側対称性に生じるはずである。 リンパ浮腫や静脈の圧迫は片側性の浮腫を生じるものの多くは亜急性の経過をとる。[yaplog.jp]

  • 静脈瘤

    足のむくみ、色素の沈着、変色、皮膚のただれが気になりませんか? よく足がつったり、こむら返りを起こすのも下肢静脈瘤の症状です。 血管が太く浮き出ていたり、網目状に浮き出ている場合には治療が必要です。 よく「血管が浮いている」と言いますが、足(下肢)の静脈が太く浮き出ているものを下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)と言います。[tatejun.com]

  • 動脈塞栓症

    急性血行障害によるまだらの紫色の変色が特徴。下肢救済には6 8時間以内に血行再建が必須。 専門病院への移送判断基準 以下の例は薬物療法の効果が期待できないので、6 8時間以内に血行再建術が必要。[sasajimatadahiro.com]

  • 足の蜂巣炎

    下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 休憩室に移動して足を確認すると、左足の膝から下が赤黒く変色し、太ももと変わらない太さになっていた。翌日総合病院でエコー検査を受けると、下肢静脈瘤は確認されなかった。血液検査を受けると体内で炎症を起こしていると言われ「蜂窩織炎」と診断された。蜂窩織炎は傷などから菌が侵入し体内で増殖し、炎症によりむくみや痛み、皮膚の変色が起こる。[kakaku.com] また稀に、骨盤内の腫瘍などによって片側下肢静脈が圧迫されることで、片側下肢静脈灌流障害が生じ、片側下肢浮腫や深部静脈血栓症を生じることもあります( 図1 )。 基本的な病歴聴取・診察・検査で上記のような疾患が疑われる場合には、専門医にご相談ください。 図1 鼠径部悪性リンパ腫による片側下肢浮腫[jhf.or.jp]

  • 骨盤静脈血栓性静脈炎

    下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 下肢のむくみ (浮腫)、下肢の痛み、皮膚の変色、皮膚の潰瘍などです。 DVTの検査 問診と診察でDVTを疑うと、まず血液検査でDダイマー (D-dimer) を調べることと、下肢の超音波検査 (デュプレックス超音波検査) を行います。[sandiegoyuyu.com] 静脈瘤とは、この弁が壊れて血液が心臓から脚に向けて逆流するようになり、下肢の静脈が怒張して数珠状の瘤になってみえるもので、下肢のだるさやこむらかえりの原因となります。逆流の程度が強くなると皮膚が褐色に変色(色素沈着)したり、潰瘍(かいよう)が生じることもあるため、皮膚科を受診され血管外科に紹介となる場合もあります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

  • 静脈血栓塞栓症

    DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp] 患者は、下肢痛、圧痛、腫張、変色、浮腫などの症状を示します。致死率の高い肺血栓塞栓症などの合併症を発症するリスクが高いため、迅速なD-ダイマー測定、診断、治療が必要となります。 D-ダイマー測定は、致死率が高いにもかかわらず発見が困難なVTEの診断補助に使用します [1,2,3] 肺血栓塞栓症での死亡率は10 30%です。[radiometer.co.jp]

  • 夜間下肢こむら返し

    片側のむくみでも痛みがない場合には、深部静脈血栓症やリンパ浮腫の可能があります。 下肢の 深部静脈血栓症 は、足を長時間動かさないでいると流れの遅い静脈の中に血栓ができて、静脈がつまってしまう病気です。その血栓が血流にのって肺につまってしまうと重度の呼吸困難(エコノミークラス症候群)を起こす場合があります。[ryu-naika.or.jp] 下肢静脈瘤とは、足の静脈(血管)にコブのような膨らみができてしまった状態です。血管が浮き出たり、皮膚の色が変色し色素沈着してくるので、スカートがはけないと悩む女性も多いです。立ち仕事の方、妊娠出産後の助成に比較的多くみられ、初期には足が重くだるさを感じたり、むくんだりします。[misatochuoclinic.com] または疲れやすい(特に午後 夜間にかけて) ・足にできた湿疹や、それに伴うかゆみ ・足の血管が浮き出してボコボコと腫れる ・皮膚が硬くなり、変色して色素沈着おこしている ・進行すると皮膚潰瘍やいつまでも治らない傷が残ります 当院では外来にて下肢静脈瘤を処置します。[misatochuoclinic.com]

さらなる症状