Create issue ticket

考えれる243県の原因 下肢の壊疽

  • 有痛性青股腫

    感染が加わって静脈性壊疽を来すこともある。臥床や外傷あるいは解剖学的理由による血流うっ滞,凝固能亢進,静脈内膜損傷が原因といわれ,下肢のびまん性腫脹を伴う緊満痛で発症する。肺塞栓の原因にもなる。激痛を伴う場合は血栓摘除術が選択される。 ・ホンマ、こんな脚の患者さんが来られたらビビりますわ。[newoem.blog.so-net.ne.jp] 『医学書院医学大辞典第2版』のこの疾患についての説明が 有痛性青股腫 ユウツウセイセイコシュ [英]blue phlebitis [ラ]phlegmasia cerulea dolens [同義語]大腿静脈血栓症 腸骨・大腿静脈の血栓によって高度に腫脹した下肢は,組織内圧が上昇して動脈血行が阻害され,チアノーゼを呈する。[newoem.blog.so-net.ne.jp]

  • 原発性高シュウ酸尿症

    今回われわれは, PHに対し根治療法である肝腎複合移植を行った後, すでに切断された下肢同様, 重度動脈硬化から壊疽に進展しつつあった上肢に対して末梢血幹細胞移植による血管新生療法を施行し, 手指切断を免れた症例を経験した。[medmk.com]

  • 虚血性潰瘍

    下肢壊疽 近年、高齢者の増加とともに様々な合併症を生じる糖尿病などの生活習慣病患者も増加しています。このような患者は内臓疾患を起こすだけでなく足が黒く壊死する(組織が死んでしまう)ことがしばしば見られます。当科では創傷外科医として他科と協力しながら治療し下肢機能の温存に努めています。[twmu.ac.jp] 下肢動脈の血行障害を伴う足潰瘍・足壊疽 重症下肢虚血(CLI:Critical limb ischemia) 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 糖尿病 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 透析 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 膠原病や血管炎に関連した壊疽 足潰瘍や足壊疽の重要な原因は下肢動脈の血行障害です。[ameria.org] 閉塞性動脈硬化症、重症下肢虚血(足潰瘍、壊疽)について 最近の高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)といった生活習慣病の増加にともない、心筋梗塞や脳卒中に加えて、足の血管の病気である閉塞性動脈硬化症やその重症型である重症下肢虚血の頻度は確実に増加してきています。[showa-u.ac.jp]

  • 糖尿病性足潰瘍

    下肢壊疽 近年、高齢者の増加とともに様々な合併症を生じる糖尿病などの生活習慣病患者も増加しています。このような患者は内臓疾患を起こすだけでなく足が黒く壊死する(組織が死んでしまう)ことがしばしば見られます。当科では創傷外科医として他科と協力しながら治療し下肢機能の温存に努めています。[twmu.ac.jp] 下肢動脈の血行障害を伴う足潰瘍・足壊疽 重症下肢虚血(CLI:Critical limb ischemia) 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 糖尿病 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 透析 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 膠原病や血管炎に関連した壊疽 足潰瘍や足壊疽の重要な原因は下肢動脈の血行障害です。[ameria.org] 末梢動脈閉塞疾患による潰瘍・壊疽は、下肢の血管が閉塞し血流が悪くなることで生じます。疼痛を伴います。治療においては、血流を改善させることが非常に重要になります。下肢の血行を評価し、必要に応じて、循環器内科による血管カテーテル治療や、心臓血管外科による血管バイパス術を行い、血行の改善を図ります。[med.fukuoka-u.ac.jp]

  • 糖尿病性壊疽

    下肢壊疽 近年、高齢者の増加とともに様々な合併症を生じる糖尿病などの生活習慣病患者も増加しています。このような患者は内臓疾患を起こすだけでなく足が黒く壊死する(組織が死んでしまう)ことがしばしば見られます。当科では創傷外科医として他科と協力しながら治療し下肢機能の温存に努めています。[twmu.ac.jp] 糖尿病が原因で血液の流れが悪くなり、足先・指先まで血液がかよわずに壊疽(えそ)までに発展するのが 『糖尿病性壊疽(えそ) 』 です。 糖尿病性壊疽(えそ)や閉塞性動脈硬化症による下肢の潰瘍の治療のためには、局所の処置だけでなく、血管の状態(血行がよいか悪いか)、血糖コントロールや他の疾患を合併しているかどうかなど、的確な判断が必要です。[kiyosu8823.com] 下肢動脈の血行障害を伴う足潰瘍・足壊疽 重症下肢虚血(CLI:Critical limb ischemia) 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 糖尿病 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 透析 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 膠原病や血管炎に関連した壊疽 足潰瘍や足壊疽の重要な原因は下肢動脈の血行障害です。[ameria.org]

  • 末梢血管疾患

    主な原因 喫煙、高脂血症、性別(男性であること)、高血圧、糖尿病、肥満など 症状 下肢の冷感や色調の変化を認めることが初期症状であり、進行すると間欠性跛行症状(数十から数百メートル歩くと痺れや痛みのために歩行継続不可能になる状態)が出現し、さらには安静時にも疼痛を自覚するようになり、最終的に下肢壊疽、皮膚潰瘍などが出現します。[toku-cvs.umin.jp] 進行すると下肢壊疽し切断しなければならなくなります(下肢切断時の5 年死亡率は大腸癌とほぼ同等)。有病率は65 歳以上の10〜15%とも言われています。[hospital.hakodate.hokkaido.jp] 休むと楽になる」といった歩行中の下肢の痛み(図2参照)が起こり、さらに重症化すると「じっとしていても手足が痛い」、「手足に治りにくい潰瘍が出来る」ようになり下肢壊疽から切断に至ることもあります。 但し、典型的な間欠性跛行を訴える方はたった30%程度しかいません。[kinshukai.or.jp]

  • 動脈硬化症

    I度は下肢の冷感、しびれ、II度は間歇性跛行(一定距離の歩行によって筋肉痛が起こり、休息後再び歩行可能になる)、III度は安静時の下肢の疼痛、IV度は下肢の皮膚潰瘍、下肢壊疽に分類されます。 まず、動脈硬化の原因となっている高コレステロール血症、高血圧、糖尿病に対する薬物療法が基本となります。[asahi-kasei.co.jp] ③創傷処置 重症虚血肢(足潰瘍や壊疽)の治療においては、確実な血行再建が必須条件となります。一方でバイパス手術や血管内治療により下肢の血流が改善しても、適切な創傷処置を施行しなければ創部を治癒に導くことはできません。合わせて適切な栄養管理や併存疾患の治療(糖尿病など)、リハビリテーションを実施することが非常に重要です。[ameria.org] Ⅳ度 皮膚がじくじくしたり(潰瘍)足先が腐って変色(壊疽)する。 下肢閉塞性動脈硬化症の治療 治療のポイントは、狭くなり詰まりかけた血管の状態を改善し血液の流れを良くすることです。それには「保存療法」と「血行再建」の二つの方法がありますが、一般的に軽度 中等度(Ⅰ Ⅱ度)の場合、まず保存療法(薬物療法、運動療法)が行われます。[jinkeikai-group.or.jp]

  • 糖尿病性潰瘍

    下肢壊疽 近年、高齢者の増加とともに様々な合併症を生じる糖尿病などの生活習慣病患者も増加しています。このような患者は内臓疾患を起こすだけでなく足が黒く壊死する(組織が死んでしまう)ことがしばしば見られます。当科では創傷外科医として他科と協力しながら治療し下肢機能の温存に努めています。[twmu.ac.jp] 下肢動脈の血行障害を伴う足潰瘍・足壊疽 重症下肢虚血(CLI:Critical limb ischemia) 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 糖尿病 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 透析 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO) 膠原病や血管炎に関連した壊疽 足潰瘍や足壊疽の重要な原因は下肢動脈の血行障害です。[ameria.org] 末梢動脈閉塞疾患による潰瘍・壊疽は、下肢の血管が閉塞し血流が悪くなることで生じます。疼痛を伴います。治療においては、血流を改善させることが非常に重要になります。下肢の血行を評価し、必要に応じて、循環器内科による血管カテーテル治療や、心臓血管外科による血管バイパス術を行い、血行の改善を図ります。[med.fukuoka-u.ac.jp]

  • 不十分な食事療法

    糖尿病では神経障害のために下肢にけがややけどをおこしやすく、そこに感染をおこし血行障害も作用して壊疽になる危険性があります。水虫や深爪からも感染をおこすので、ふだんから下肢を清潔に保つ必要があります。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 皮膚感染症

    下肢によく起こり、切断を余儀なくされることも多いです。治療は、早期に腫れているところを、切開し、壊疽物質を除去し、抗生物質を大量投与します。 もちろん、直ちに入院加療を要します。 敗血症(はいけつしょう) ・どんな病気ですか? 菌が血液中に入り、臓器にも菌が及び、ショックを起こし、死亡率が高い疾患です。[zoushikihifuka.com]

さらなる症状