Create issue ticket

考えれる2,088県の原因 下痢, 肝炎

  • アデノウイルス感染症

    抄録 アデノウイルスは, 咽頭結膜熱や流行性角結膜炎などの原因ウイルスで, こうした感染症以外にも, 肺炎, 肝炎, 胃腸炎, 脳炎など多彩な病態をとることが特徴である。呼吸器感染症の病因として, アデノウイルスは全体の10%程度を占める。現在51の血清型が明らかになっている。[doi.org] 呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱炎,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。 ほとんどの患者は完治する。主に乳児,軍隊の新兵,および易感染性患者でまれに起こる劇症型を除いて,重度の原発性アデノウイルス性肺炎でも死に至ることはない。 診断 臨床検査によってアデノウイルス感染症と診断しても,管理方針が変化することはほとんどない。[msdmanuals.com] 咽頭炎、扁桃炎、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎などの眼疾患、胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp]

  • 食中毒

    ノロウイルスによる食中毒 (政府広報TV番組「霞が関からお知らせします」) 冬がピーク ノロウイルスによる食中毒(新聞広告) お肉はよく焼いて食べよう 牛や豚などは、と畜場で解体処理する過程で腸内にいる腸管出血性大腸菌やサルモネラのような病原性の細菌がお肉や内臓に付着したり、E型肝炎ウイルスなどの人に害を与えるウイルスや寄生虫に感染している[mhlw.go.jp] 慢性的な下痢もある 下痢を伴う主な疾患 下痢を継続する時期で分けると、一般に4週間以内の下痢を「急性下痢」、それ以上続く下痢は「慢性下痢」と呼ばれています。慢性下痢にはストレスからくる神経性のものや、全身的な病気の一症状、または薬物の副作用による腸内の炎症など、さまざまな原因が考えられます。[daiichisankyo-hc.co.jp] ウイルス E型肝炎ウイルス 原虫類など クリプトスポリジウム サイクロスポラ ※1: 食品に付着して増えた細菌を、食品と一緒に食べることにより発病します。[fukushihoken.metro.tokyo.jp]

  • アルコール性肝疾患

    禁酒により 血清AST、ALTおよびγ GTP値が明らかに改善する B型肝炎やC型肝炎などの肝炎ウイルスマーカーや抗ミトコンドリア抗体、抗核抗体などの自己免疫性の肝臓病を疑う検査値がいずれも陰性である。[kanen.ncgm.go.jp] アルコール性肝炎では黄疸、強い倦怠感、腹痛、下痢、発熱などの症状が多く、進行すると肝臓の腫れ、腹水、浮腫などが見られます。 どんな治療法がありますか? 専門の医師のもとをたずねてください。医師の指導により”断酒”か”節酒”を自己強制するしか、よい治療法はありません。 “断酒””節酒”が一時的に出来ても又大量飲酒に戻ってしまう人がいます。[matsudo-yaku.or.jp] 3合以上の大量飲酒を続けると、2割の人がやがてアルコール性肝障害を発症し、一部症例では、発熱、黄疸(おうだん)、右上腹部痛、肝臓の圧痛、食欲不振、嘔吐、下痢などの自覚症状を訴えます。さらに進行してアルコール性肝硬変に至ると、しばしば糖尿病、下肢の浮腫、黄疸、腹水、痔出血、吐血を認めるようになります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • HIV感染症

    【主な性感染症】 性器クラミジア 淋菌 梅毒 性器ヘルペス 尖圭(せんけい)コンジローマ など 【予防】 正しいコンドームの使用 B型肝炎・C型肝炎 B型肝炎 ・C型肝炎は、肝炎ウイルスに感染して肝臓に炎症が起こる病気です。[pref.miyazaki.lg.jp] その数年後に、リンパ節の腫れ、発熱や下痢を発症し、さらに進行すると肺炎や皮膚病になったり、腫れものができたりします。 治療 定期的に医師の診断を受け、症状を軽くする治療を受けます。ウイルスを完全になくすことはできませんが、いろいろな薬を使うことによってウイルスを抑制し、病気の進行を大幅に抑えることができます。[forth.go.jp] 原虫症 トキソプラズマ脳症(生後1か月以後) クリプトスポリジウム症(1か月以上続く下痢を伴ったもの) イソスポラ症(1か月以上続く下痢を伴ったもの) C.[acc.ncgm.go.jp]

  • ウイルス性肝炎

    それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等 A型肝炎は急性肝炎を呈することが多く、B型肝炎・C型肝炎の場合慢性肝炎を生じることが多い。またB型肝炎は劇症肝炎を生じる場合も多い。 アメリカではB型肝炎の予防接種を受ける事が義務付けられている。[ja.wikipedia.org] 主な症状は全身の倦怠感、発熱・頭痛、吐き気、食欲不振、下痢、黄疸などで、尿が褐色になることがあります。 思春期以降に感染すると、多くの場合一過性感染で終わります。B型急性肝炎は1か月ほどで完治するケースがほとんどで、抗体が作られて再度感染することはありません。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] また、B型肝炎では、妊婦に対する検査が行われており、妊婦の感染がわかった場合には、子どもへの感染を防ぐ措置がとられています) 急性肝炎 高熱、関節痛、倦怠感、尿が濃くなる、食欲不振、嘔吐、下痢、黄疸など。 慢性肝炎 ほとんど症状が出ない。 感染している人の留意点 献血しない。 臓器や組織を提供しない。[city.niigata.lg.jp]

  • 大腸炎

    黄疸、肝炎、肝硬変、門脈圧亢進症、肝細胞癌、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、NASH、脂肪肝、バンチ症候群、バッド・キアリ症候群、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害。 胆石症、胆管細胞癌、胆嚢炎、胆管炎、原発性硬化性胆管炎。 膵炎、膵臓癌。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。[ja.wikipedia.org]

  • B型肝炎ウイルス

    劇症肝炎を発症した方の70 80%は死亡します。 劇症肝炎には、急性肝炎が発病して10日以内に肝性昏睡(肝性脳症)があらわれる急性型劇症肝炎と、11日以降にあらわれる亜急性劇症肝炎があり、亜急性のほうが急性に比べ死亡率が高くなります。また、急性肝炎が劇症化する原因は今のところわかっていません。[kanen-net.info] 主な症状は全身の倦怠感、発熱・頭痛、吐き気、食欲不振、下痢、黄疸などで、尿が褐色になることがあります。 思春期以降に感染すると、多くの場合一過性感染で終わります。B型急性肝炎は1か月ほどで完治するケースがほとんどで、抗体が作られて再度感染することはありません。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] B型肝炎ワクチン接種の副作用としては、5%以下の確率で、発熱、発疹、局所の疼痛、かゆみ、腫脹、硬結、発赤、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛、手の脱力感などが見られる。いずれも数日で回復する。ワクチン成分(酵母)に対するアレルギー反応がある人はHBIGを選択するが、予防効果は短期間である。[niid.go.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    ウイルス性肝炎 A型肝炎 - 経口感染 B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている) C型肝炎 - 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、集団予防接種における注射針の使い回し、刺青、輸血、血液製剤等) D型肝炎 E型肝炎 - 経口感染 G型肝炎 TT型肝炎 肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス[ja.wikipedia.org] まれに、副作用として胃痛や下痢などの消化器症状が現れる方がいますが、多くの方ではほとんど副作用はみられず長期にわたって飲むことができます。また、脂質異常症の治療に広く使われているベザフィブラート(商品名ベザトール)という薬が有効であることが報告され、ウルソの効果が乏しい人にも効果がみられることがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] まれに、副作用として胃痛や下痢などの消化器症状がみられますが、もともと人間の体内に存在する物質でもあり、安全な薬で、長期にわたって飲むことができます。 ウルソデオキシコール酸だけで十分に肝機能障害が改善しない場合、わが国ではベザフィブラートという薬がしばしば使われます。[nanbyou.or.jp]

  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

  • 寄生虫病

    慢性肝蛭症:主として成虫の寄生により、慢性胆管炎や慢性間質性肝炎(肝臓の障害)が起こります。 異所寄生:本来の移行経路や寄生部位(腸管、腹腔、肝臓の周辺)から外れた肺、子宮、脊髄、胎児などに迷入「めいにゅう」( 迷い込む)し、寄生すること。[fsc.go.jp] 断続的な下痢、腸内にガスがたまる、痙攣性の腹痛。通常は発症しても軽症であるが、衰弱により死亡することもある。原虫が門脈を経由し肝臓に達し腸外アメーバ症を発症する。 動物(サル、ネズミ、ブタ、ネコ、イヌなど) 一般に無症状。イヌでは稀に激しい下痢を起こす。 検便で赤痢アメーバを検出する(ルゴール染色、エオジン染色)。[ja.wikipedia.org] 寄生虫をやっつける 加熱処理:71.1 、15秒(ご家庭では煮沸) 主な症状 水溶性下痢、胃腸炎、腹痛、おう吐、発熱 潜伏期間はおおむね4〜8日で、非血性の水様下痢等の症状が10日程度(2〜26日)持続します。[fsc.go.jp]

さらなる症状

類似した症状