Create issue ticket

考えれる367県の原因 下痢, 性感染症の以前のエピソード

  • HIV感染症
  • B型肝炎ウイルス

    B型肝炎(Bがたかんえん、英: Hepatitis B)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。 日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。その内の約95%は自然治癒するが、約5%は肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと進行することがある。 血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠感を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。[ja.wikipedia.org] 通常、水性下痢が治まるまで点滴を行い、通常の食事を取って正常な便が出るまでに回復すれば退院となる。 嘔吐の程度が強く経口摂取が十分にできない場合、経静脈輸液(いわゆる点滴)が必要となる。特に小児などではアセトン血性嘔吐症(自家中毒)の合併が多く、こちらにも急速輸液が有効である。[ja.wikipedia.org] 嘔吐の持続期間が長く経口摂取できない状態が続く場合や、下痢が重篤で経口での水分摂取が追いつかない場合、明らかな脱水がみられる場合は、入院して絶飲食とし、十分量の輸液を継続する必要がある。 ウイルス感染が圧倒的に多いため、病原体ごとに特異的な薬剤というものは存在せず、また使用する必要もない。脱水さえ回避できれば症状は自然軽快するからである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • アデノウイルス感染症

    呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱炎,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。 ほとんどの患者は完治する。主に乳児,軍隊の新兵,および易感染性患者でまれに起こる劇症型を除いて,重度の原発性アデノウイルス性肺炎でも死に至ることはない。 診断 臨床検査によってアデノウイルス感染症と診断しても,管理方針が変化することはほとんどない。[msdmanuals.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • パニック発作
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 乳糖不耐症

    乳糖不耐症ではしばしば下痢が発生する。これは、乳糖の水への溶解度はそれほど高いわけではないものの、それでも水に溶解するので分解されることなく小腸を通り過ぎた乳糖は、大腸内の浸透圧を上げてしまう。すると腸壁から水分が出てきて便が軟化し浸透圧性下痢が発生する。[ja.wikipedia.org] 中には下痢止めや整腸剤、胃薬の類も。こういう薬をのんでお腹を こわしては、洒落になりませんからね。[web.archive.org] その酸によって、便のpHが6を下回ると、大腸を刺激してその蠕動運動を強めてしまうことも下痢の原因となる。さらにこれは、腹痛や腹鳴などの原因にもなる。また、腸管内で発生した二酸化炭素などは気体となるため、腹部膨満を感じる場合もある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 過敏性腸症候群

    感染性下痢はよく胃腸炎に関連づけられる。 成人の下痢で最も一般なのはノロウイルスであり、5歳以下児童の下痢で最も一般なのはロタウイルスである。さらにアデノウイルスタイプ40,41や、アストロウイルスによる感染性下痢も一般的である。[ja.wikipedia.org] 薬の解説 薬の効果と作用機序 体内神経伝達物質セロトニンの作用を抑えることで過敏性腸症候群による下痢や腹痛などの症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである 神経伝達物質であるセロトニンは5-HT3受容体というものに作用し、下痢や腹痛などを引き起こすことがある 本剤は体内で5[medical.nikkeibp.co.jp] 薬の解説 薬の効果と作用機序 消化管内で水分を吸収し、消化管の内容物の動きを調節することで下痢や便秘などの症状を改善する薬 過敏性腸症候群は下痢、便秘、腹痛などが続き、ストレスなどによっても悪化する現代病の一つである ポリアクリル樹脂という物質は水分を吸収し容積を大きくする性質をもつ 本剤はポリアクリル樹脂の経口薬であり、下痢時には余分な水分[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 旅行者下痢

    旅行者下痢(りょこうしゃげり)は、渡航者下痢とも呼ばれ、主に国外旅行者が滞在先、あるいは帰国後10日以内に3回/日の下痢症状が起こった状態である。複数の病原体が原因になることもある。 病原性と非病原性に大別される。 水、油や香辛料、環境の変化によるストレス、薬剤(抗生物質)、腐敗した食物。[ja.wikipedia.org] 「細菌による下痢症」 コレラ 赤痢 腸チフス、パラチフス 毒素原性大腸菌 腸管出血性大腸菌(O-157) カンピロバクター腸炎 腸炎ビブリオ サルモネラ 赤痢アメーバ症 ロタウィルス下痢症 ノーウォーク様ウィルス下痢症 3.予防法 旅行者下痢症の多くは、水、食物からの感染です。[jomf.or.jp] 旅行から帰って 止まらない下痢 海外旅行に行った人の半数以上の人が旅行先で下痢になります。たいていの下痢は数日でおさまることが多いのですが、帰国してからも下痢の症状がおさまらない場合があります。 このような場合、おおまかに言って次のような可能性があります。 まだ下痢の原因となった感染がおさまっていない。[forth.go.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状

類似した症状