Create issue ticket

考えれる1,609県の原因 下痢, 心不全, 感覚

  • アミロイドーシス

    消化器症状として、嘔気・嘔吐、食欲低下、交替制便通異常(下痢と便秘を繰り返す)、 長期間続く下痢、麻痺性腸閉塞(腸がほとんど動かなくなる)、下血などがあります。腎症状としては、蛋白尿、血尿、腎機能低下、腎不全などがあります。その他、進行期には、心臓に沈着して、不整脈や心不全、 甲状腺に沈着して甲状腺機能低下症なども生じます。[doh-racenter.jp] 末梢神経の症状は一般に自律神経、感覚神経、運動神経の順で症状が出現することが多いとされている。アミロイド沈着により小径無髄線維から大径有髄線維の順に障害が進行するためと考えられている。感覚障害は通常末梢から上行し、左右対称な手袋靴下状分布を示す。感覚障害は温痛覚障害が優位で位置覚、触覚、振動覚の障害は軽く解離性感覚障害をしめす。[ja.wikipedia.org] また、下痢が長期にわたり続く場合も放置は禁物です。初期症状のみが現れている段階で診察を受ければ、ALアミロイドーシスであっても予後はよいものとなることが増えています。ぜひ、ご自分やご家族の体の変化に敏感になっていただきたいと考えます。[medicalnote.jp]

  • ファブリー病

    主なものとして、頭痛(10.4%)、下痢(7.8%)、浮動性めまい・悪心・錯感覚(各5.2%)などであった。[medical.nikkeibp.co.jp] また、ベースライン時には約3分の1(36例中13例)の患者が心不全の重症度分類でNYHA III度(中等度)と診断されましたが、多くの症例では心不全による臨床症状の改善がもたらされました。[ds-pharma.co.jp] この病気は、幼児期や学童期に鋭い手足の痛み、汗をかかない、おしりや陰部の赤紫色の発疹、頻回の腹痛や下痢といった症状があります。特に手足の痛みは、ストレス、高温や疲労で引き起こされ、痛みにより運動ができなかったり、不登校になったりすることもあります。[ncchd.go.jp]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    初期症状は発熱・下痢・患部の腫れなどよくみられるものであるため、発見が遅れることが多い。治療には抗がん剤・抗リウマチ剤の投与や自己末梢血幹細胞移植などが用いられ、早期発見の場合5 6割が寛解(症状が治まった状態)する。アミロイドの蓄積が進行し各器官に深刻な障害を起こすと死亡することもある。[kotobank.jp] TTRの変異により異常なアミロイドタンパク質が蓄積し、末梢神経や心臓といった臓器および組織に損傷を与え、難治性の末梢感覚神経障害、自律神経障害や心筋症の発症に至ります。hATTRアミロイドーシスは罹患率、死亡率が高く、世界中で50,000人が罹患していますが、有効な治療法がみつかっていません。[japan.zdnet.com] すなわち、拡張障害心不全(HFpEF)入院例の13%、経カテーテル的大動脈弁植え込み(TAVI)施行例の16%がATTR-CMだったとする報告があるという。 さて、ATTR-ACT研究の対象は、生検でアミロイドの存在が確認された心不全441例である。野生型、変異型は問わない。[jmedj.co.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    糖尿病神経障害により自律神経障害が起こると下痢や便秘、発汗異常、立ちくらみ、排尿障害、性機能障害などが出現します。 (3) 単神経障害 糖尿病により全身の特に細い血管が詰まりやすくなります。末梢神経の周りにある血管が詰まり、神経に血が通わなくなるために起こります。[tokushimashi-med.or.jp] 【末梢神経障害でよく行われるおもな検査】 アキレス腱反射:運動・感覚神経障害の指標 腱反射用のハンマーでアキレス腱を叩いて反射を確認します。 モノフィラメント検査:感覚障害の有無を確認 プラスチックのフィラメントで足底や足背を軽くさわり、感覚の有無を確認 振動覚検査:感覚障害の指標 踝の内側に振動させた音さあてて感覚の感じ方を見る。[office-purej.com] […] β遮断薬は心筋梗塞および心不全の患者の生命予後改善効果が示されています。糖尿病を合併した心筋梗塞、心不全例においてもβ遮断薬は積極的に投与を考慮すべき薬剤です。 また非薬物療法として運動療法は、副交感神経機能の改善効果が期待できます。糖尿病の患者においては血糖値改善のためだけではなく、自律神経機能改善のためにも運動療法が推奨されます。[jhf.or.jp]

  • 全身性強皮症

    その他の症状 :手指を伸ばすことが大変になったり、関節痛、便秘、下痢が起こります。 診断 上記の臨床症状の他、血液中に多彩なScl-70という抗核抗体が認められます。 自己チェックリスト 正確な診断は医師の診察や検査が必要です。[urban-clinic.jp] 8 脳神経障害 脳神経領域における感覚あるいは運動神経障害の新出。 8 ループス頭痛 高度の持続性頭痛:片頭痛様だが、麻薬性鎮痛薬に反応しない。 8 脳血管障害 脳血管障害の新出。動脈硬化性は除外。 8 血管炎 潰瘍、壊疽、手指の圧痛を伴う結節、爪周囲の梗塞、線状出血、生検もしくは血管造影による血管炎の証明。[osaka-med.ac.jp] 肺の硬化が進むと呼吸不全、心臓が硬化すると心不全を起こし、命を落とす原因にもなり得ます」と話す。 治療は、血流の改善を目指して血管拡張薬を用いるのが基本だ。皮膚や内臓で硬化が進行した場合には、免疫抑制薬やステロイドなどで治療を行うが、十分な効果は見込めず、副作用の多い点も問題となっている。[medical.jiji.com]

  • ムコ多糖症

    臨床試験中の主な副作用は、注射部位反応、下痢、発疹およびアナフィラキシーなどだった。FDAは、Ultragenyx社に対して、同剤の長期安全性を評価するために、市販後臨床研究の実施を求めた。[mixonline.jp] 術中神経生理学的モニタリングでは、脊髄機能のモニターに体性感覚誘発電位や運動誘発電位を用いる。注:少数の骨系統疾患患者で手術中の脊髄梗塞が報告されているが、このモニタリング技術による改善効果を示すデータは限られている。[grj.umin.jp] 難聴、角膜混濁、知能障害、心臓の異常もあらわれ、10歳ごろまでに呼吸器感染や 心不全 で死亡します。 ムコ多糖症Ⅱ型(ハンター症候群) 症状はハーラー症候群に似ていますが症状の進みはおそく角膜混濁はありません。10代後半に亡くなることが多いのが特徴です。[medical.jiji.com]

  • 骨髄腫随伴性アミロイド症

    腸管に起きる腫瘍で3番目に多く、嘔吐、食欲不振、下痢などが小腸患部の通過障害により発症する事が多いです。無症状のまま偶然発見されるものからリンパ節転移を起こすものまで様々。脾臓腫瘍で最も多く、食欲不振、嘔吐の症状で来院し、腹水や脾臓の細胞診により診断されます。[kotesashi-pc.com] 末梢神経の症状は一般に自律神経、感覚神経、運動神経の順で症状が出現することが多いとされている。アミロイド沈着により小径無髄線維から大径有髄線維の順に障害が進行するためと考えられている。感覚障害は通常末梢から上行し、左右対称な手袋靴下状分布を示す。感覚障害は温痛覚障害が優位で位置覚、触覚、振動覚の障害は軽く解離性感覚障害をしめす。[ja.wikipedia.org] 診断 一般に、心不全や不整脈があると循環器内科、ネフローゼ症候群があると腎臓内科をまず受診し、原因となる病気を特定するためにいろいろな検査を行います。アミロイドーシスが疑われる場合には、組織検査を行ってアミロイドが沈着しているかどうかを調べます。[kotsuzuishu.jp]

  • 糖尿病性神経障害

    自律神経障害 起立性低血圧 による立ちくらみ、膀胱直腸障害、糖尿病性下痢や発汗異常といった症状をうったえる。糖尿病性下痢は夜間に生じる腹痛を伴わない激しい下痢である。 ヘッドアップティルト試験 や 心電図 のCVRRなどがよく行われる検査である。[ja.wikipedia.org] 主な副作用は、傾眠(24.5%)、浮動性めまい(22.5%)、浮腫(17.2%)などであり、重大な副作用としては、心不全、肺水腫、意識消失、横紋筋融解症、腎不全、血管浮腫などが報告されている。[medical.nikkeibp.co.jp] 刺激伝導障害(房室ブロックなど)、心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症、洞性徐脈、心不全など)、肝・腎障害、低血圧、パーキンソン症候群がある。 妊娠または授乳中 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。[rad-ar.or.jp]

  • 慢性好酸球性白血病

    好酸球性胃腸炎では腹痛、嘔吐、下痢、栄養障害がおこってきます(図1)。 7. この病気にはどのような治療法がありますか? 原因となるアレルゲンがわかる場合にはアレルゲンとなっている食品を除いた食事療法が有効なことがあります(図2)。好酸球性食道炎では胃酸を減らすプロトンポンプ阻害薬が有効な患者さんがたくさんおられます。[nanbyou.or.jp] 手や足の焼けるような痛みやヒリヒリとした感覚。 手や足の発赤や熱感。 視覚または聴覚の問題。 血小板は粘稠な物質です。血小板が過剰に存在すると、そうした血小板が凝集することによって、血液の循環に問題が生じる可能性があります。 血管 内に血栓(凝血塊)が形成されたり、さらに、出血の頻度が増加したりする可能性もあります。[cancerinfo.tri-kobe.org] 好酸球浸潤による臓器障害の症候(肝脾腫、器質性心雑音、うっ血性心不全、中枢 神経症状、肺線維症、発熱、体重減少、貧血)の存在 2001年WHO分類ではHESは慢性好酸球性白血病(chronic eosinophilic leukemia、 CEL)と一括して骨髄増殖性疾患に含まれていました。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    多くの場合、急激な体重減少、頻脈、嘔吐、下痢、多渇症(水を大量に飲む)、多食や多尿症の症状が現れる。その他の症状として、多動症、攻撃的態度、心臓の雑音、ボサボサの毛や太く大きくなった爪などがある。発病した猫の約70%は甲状腺肥大を発症している。[ja.wikipedia.org] 患者さんは動悸や息切れなどの症状を訴えることが多いですが、それらが頻脈に起因するのか、あるいは左心不全による低酸素血症に伴う症状なのか見極める必要があります。 3. 実際の検査では左心不全よりも右心不全を認めることが多いと感じます。頸動脈怒張、肝腫大、下腿浮腫などの理学所見があれば右心不全の加療が重要でしょう。[jhf.or.jp] 甲状腺の病気に罹った人は、自分自身のまったく不慣れなわけのわからない感覚を理解するのに大変な苦労をしています。そのため、自分達の配偶者のことがわかるとは思えません。実際、甲状腺疾患患者は経験したことのない感情の問題にあまりにも圧倒されているので、人間関係のストレスに適切に対処することができません。[j-tajiri.or.jp]

類似した症状