Create issue ticket

考えれる32県の原因 下方眼振

  • 松果腺腫瘍

    リルバイリル のぞみです。 あたまのなかシリーズでは 松果体腫瘍について 自分の体験を元にした事柄を 書いているのですが 情報を求めて 来てくれた方の 手がかりになれば いいなと思い[…] 今年はもう少しだけ 具体的な情報や 専門的な内容も 書いてみようかと思います。 必要とされない方も 多いと思うのですが、ね。 私自身の情報まとめでもあり いつか誰かの役に立つなら […]という思いもあり。 前にもちらっと書きましたが 過去の 統計結果によると 脳腫瘍は一年間に 10万人に対し 10 12人くらいの 発生頻度 のようです。 その全ての脳腫瘍のうち 日本の成人で多いものは 神経膠腫、髄膜腫、[…][ameblo.jp]

  • 眼内異物

    側頭葉・頭頂葉・後頭葉障害/片頭痛,閃輝暗点/三叉神経痛/一過性黒内障 13 瞳孔疾患 生理的瞳孔反応/相対的瞳孔求心路障害(Marcus Gunn瞳孔)/橋性縮瞳/Argyll Robertson瞳孔/緊張性瞳孔/Horner症候群/反復発作性片側性散瞳/脳疾患に伴う瞳孔異常/視蓋瞳孔/薬物中毒に伴う瞳孔異常/瞳孔不同 14 眼球運動障害,[igaku-shoin.co.jp] 眼球運動失行/水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜筋ミオキミア/外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群[igaku-shoin.co.jp]

  • 眼球振盪

    注視は正面注視、左右側方注視、上方注視、下方注視のいずれでも認められる。注視において比較的頻度の高い左右側方注視眼振は、右方注視時には右方へ、左方注視時には左方への急速相をもち、末梢前庭系の障害では見られず、小脳や脳幹をはじめ中枢神経系の病態で現れる。[ja.wikipedia.org]

  • 良性発作性頭位めまい症

    その状態で、めまいと同時にが認められれば、BPPV陽性と診断されます。 聴覚検査 BPPVの治療方法 まずは症状の起こりやすい体(頭)位や活動を避けるなど、日常生活での動きに気をつけましょう。抗めまい薬の服用により症状を抑えることはできますが、現在のところBPPVを完治させる薬はありません。[bumrungrad.com] BPPVの診断 担当医が以下のような情報に基づいて診断を行います: これまでに生じた症状、とくに特徴的な症状であるフラフラするめまいや、めまいの起こる頭の位置 耳、鼻、喉、神経系などの身体診察 Dix-Hallpike法(BPPVの診断検査方法):すばやく仰向けになり、診察台の端から頭を出して下方に傾けます。[bumrungrad.com]

  • 先天性難聴

    ②頭部をすばやく45度、下方に回旋させる。 ③2 3分後に坐位に戻る。 Ⅱ.クプラ結石症 :水平性上向性頭位(右下頭位で左向き、左下頭位で右向き眼振)で、一般的に眼振やめまいが強い頭位の上(耳)側が患側である。[ueda.ne.jp]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    側頭葉・頭頂葉・後頭葉障害/片頭痛,閃輝暗点/三叉神経痛/一過性黒内障 13 瞳孔疾患 生理的瞳孔反応/相対的瞳孔求心路障害(Marcus Gunn瞳孔)/橋性縮瞳/Argyll Robertson瞳孔/緊張性瞳孔/Horner症候群/反復発作性片側性散瞳/脳疾患に伴う瞳孔異常/視蓋瞳孔/薬物中毒に伴う瞳孔異常/瞳孔不同 14 眼球運動障害,[igaku-shoin.co.jp] 眼球運動失行/水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜筋ミオキミア/外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群[igaku-shoin.co.jp]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    側頭葉・頭頂葉・後頭葉障害/片頭痛,閃輝暗点/三叉神経痛/一過性黒内障 13 瞳孔疾患 生理的瞳孔反応/相対的瞳孔求心路障害(Marcus Gunn瞳孔)/橋性縮瞳/Argyll Robertson瞳孔/緊張性瞳孔/Horner症候群/反復発作性片側性散瞳/脳疾患に伴う瞳孔異常/視蓋瞳孔/薬物中毒に伴う瞳孔異常/瞳孔不同 14 眼球運動障害,[m-book.co.jp] 球運動失行/水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/ 動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜筋ミオキミア/外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群[m-book.co.jp]

  • 乳頭浮腫

    側頭葉・頭頂葉・後頭葉障害/片頭痛,閃輝暗点/三叉神経痛/一過性黒内障 13 瞳孔疾患 生理的瞳孔反応/相対的瞳孔求心路障害(Marcus Gunn瞳孔)/橋性縮瞳/Argyll Robertson瞳孔/緊張性瞳孔/Horner症候群/反復発作性片側性散瞳/脳疾患に伴う瞳孔異常/視蓋瞳孔/薬物中毒に伴う瞳孔異常/瞳孔不同 14 眼球運動障害,[igaku-shoin.co.jp] 眼球運動失行/水平注視麻痺,内側縦束症候群(核間麻痺),One and a half症候群/上方注視麻痺,下方注視麻痺/両上転筋麻痺/斜偏位/落陽現象/輻湊不全/調節不全を伴う輻湊不全/輻湊麻痺/輻湊けいれん/開散麻痺/動眼神経麻痺/滑車神経麻痺/上斜筋ミオキミア/外転神経麻痺/Fisher症候群/眼窩先端部症候群,上眼窩裂症候群,海綿静脈洞症候群[igaku-shoin.co.jp]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    40 50歳代ごろには、痙性歩行と尖足(せんそく)(足の先が下方を向いてしまう状態)のため歩行ができなくなります。このほか、(がんしん)、構語障害(こうごしょうがい)、排尿障害などを合併することもあります。 シャイ・ドレーガー症候群 非遺伝性で、自律神経障害(じりつしんけいしょうがい)を中心とする脊髄小脳変性症です。[kotobank.jp]

  • 延髄空洞症

    コラム ホーム コラム 下向き眼振(downbeat nystagmus) 神経所見・検査所見 2018.06.17 下向き眼振(downbeat nystagmus) 青森での症例研究会で,下向きについて議論がありました.下向きは正面視でも見られますが,動画のように下方視(特に側方の下方視)で増強します.輻輳によっては増強することも[med.gifu-u.ac.jp]

さらなる症状