Create issue ticket

考えれる911県の原因 下垂体腫瘍

  • 鞍上部腫瘍

    下垂および鞍上部に生じる腫瘍の大半は下垂腺腫である。まれに下垂腫瘍が癌腫であることがある。髄膜腫,頭蓋咽頭腫,転移性腫瘍,および類皮嚢胞もトルコ鞍部に発生することがある。 腺腫はホルモン分泌性のものもあれば,ホルモンを分泌しないものもある。分泌性腺腫は下垂体ホルモンを産生する;分泌性腺腫の多くは10mm未満である(微小腺腫)。[msdmanuals.com] 当科では基本的に片方(腫瘍が大きい場合は両側)の鼻孔から腫瘍の摘出を行う「経鼻的経蝶形骨的下垂腫瘍摘出術」という方法で手術を行っています(当院は日本間脳下垂体腫瘍学会による経蝶形骨下垂手術見学実習可能施設 の1つです)。[twmu.ac.jp] 例えば,下垂の炎症(リンパ球性下垂炎など), ラトケのう胞 , 頭蓋咽頭腫 , 胚細胞腫瘍下垂の肥大などですが,それぞれ治療が違います。炎症や肥大では手術は必要ありません。 壮年の男性が,がだるい,舌がもつれるという症状で下垂腫瘍が見つかりました。[plaza.umin.ac.jp]

  • 下垂体腺腫

    例えば,下垂の炎症(リンパ球性下垂炎など), ラトケのう胞 , 頭蓋咽頭腫 , 胚細胞腫瘍下垂の肥大などですが,それぞれ治療が違います。炎症や肥大では手術は必要ありません。 壮年の男性が,がだるい,舌がもつれるという症状で下垂腫瘍が見つかりました。[plaza.umin.ac.jp] 診断・検査 下垂腫瘍を適切に診断するためには、詳細な病歴の把握と適切な画像検査が不可欠です。下垂は、体全体のバランスをつかさどるホルモンの中枢であるため、ホルモンの過剰や欠乏による症状が出ることがあるからです。[med.osaka-cu.ac.jp] 簡単にいうと、月経が28日周期(性腺刺激ホルモンのリズム)、背が伸びて大人になって止まること(成長ホルモン)、体温が36 台で一定(甲状腺刺激ホルモン)など、自分の意志に関係なく、自然とが調節している働きのことです。 下垂腫瘍とは 下垂腺腫(かすいたいせんしゅ)は、ウズラの卵大から鶏卵大で発見されることが多いです(写真)。[hosp.u-fukui.ac.jp]

  • 腺腫

    診断・検査 下垂腫瘍を適切に診断するためには、詳細な病歴の把握と適切な画像検査が不可欠です。下垂は、体全体のバランスをつかさどるホルモンの中枢であるため、ホルモンの過剰や欠乏による症状が出ることがあるからです。[med.osaka-cu.ac.jp] 田中 洋次 (脳神経外科外来:毎週木曜日) 下垂腫瘍とは 下垂は脳の最深部にある直径1cmほどの小さな器官で、さまざまなホルモンを分泌してを正常な状態に保つ働きを担っています。この部分にできる腫瘍としては下垂腺腫、ラトケ嚢胞、頭蓋咽頭腫、髄膜種などがあり、中でも下垂腺腫は頻度が高い(脳腫瘍全体の約18%を占める)腫瘍です。[tmd.ac.jp] 下垂腫瘍の治療 下垂腫瘍は大部分が手術療法が第一選択です。機能性下垂腺腫では特に熟練が必要で下垂腫瘍専門の手術数が手術成績に関係してきます。 脳ドックで下垂腫瘍があるといわれたけどどうすれば? ほとんどの場合良性腫瘍ですのでまずあわてないようにしましょう。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • クッシング症候群

    クッシング病の治療 手術療法:経蝶形骨洞的下垂腫瘍摘出術。かつては下垂腫瘍を残したまま両側副腎の摘出術を行っていたこともあり、ネルソン症候群を発生させる原因となった。 放射線療法:ガンマナイフ。 薬物療法:副腎皮質ステロイド合成阻害薬。 異所性ACTH症候群の治療 原因腫瘍の摘出や化学療法を行う。手術不能例では副腎摘出を行う。[ja.wikipedia.org] ACTH:ACTHの減少 副腎腫瘍、ACTHの増加 下垂腫瘍・異所性ACTH産生腫瘍と鑑別される。 尿中17-KS、17-OHCS:ステロイドの代謝物。1日の尿中排泄量で評価する。クッシング症候群で増加する。 DHEA-S:コルチゾールが高く、DHEA-Sも高いときは、ACTH依存性クッシング症候群の他に副腎癌も考慮すべきである。[ja.wikipedia.org] 下垂MRI:クッシング病の場合、腫瘍を認める。 腹部CT/MRI:コルチゾール産生腺腫では腫瘍を認め、対側副腎は萎縮傾向。 胸部CT:異所性ACTH症候群の場合、肺や胸腺の病変を疑う必要あり。 副腎シンチグラフィー:コルチゾール産生腺腫では腫瘍側の集積亢進と対側の抑制。ACTH依存性クッシング症候群では両側の集積亢進。[ja.wikipedia.org]

  • 翼状片

    視神経炎、視神経低形成、レーベル病 視束管骨折、多発性硬化症、Devic病、下垂腫瘍、脳梗塞 ドライアイ 涙嚢炎、鼻涙管ちりょう閉塞、涙小管炎 近視、遠視、乱視 老視 斜視(内斜視、外斜視) 下斜筋過動症、Duane症候群、動眼神経麻痺、外転神経麻痺 Fisher症候群 ギラン・バレー症候群の亜型。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    当科では基本的に片方(腫瘍が大きい場合は両側)の鼻孔から腫瘍の摘出を行う「経鼻的経蝶形骨的下垂腫瘍摘出術」という方法で手術を行っています(当院は日本間脳下垂体腫瘍学会による経蝶形骨下垂手術見学実習可能施設 の1つです)。[twmu.ac.jp] 下垂腫瘍(先端巨大症、プロラクチン産生下垂腺腫、クッシング病、TSH産生下垂腺腫など) 鞍上部腫瘍(頭蓋咽頭腫、ラトケ嚢腫など) リンパ球性下垂炎 IgG4関連下垂体炎 下垂体機能低下症 成人成長ホルモン分泌不全症 視床下部性性腺機能低下症 中枢性尿崩症 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 など 下垂腫瘍など腫瘍性病変の術前・術後の内分泌機能評価[osakacity-hp.or.jp] 原因は、下垂腫瘍下垂炎、手術後、血管障害など様々です。[kimura-endo-diabetes-clinic.com]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍の治療 良性腫瘍 良性腫瘍の3大腫瘍は 髄膜腫,下垂腺腫,神経鞘腫です。良性腫瘍の場合には手術による摘出が基本です。ほとんどの良性腫瘍は薬が効きません。 下垂腺腫は最近では内視鏡手術で鼻の穴から手術ができ,頭を切る必要がほとんどありません。 下垂腫瘍について詳しくはこちら をごらんください。[hph.pref.hiroshima.jp] 下垂腫瘍 下垂腫瘍とは 下垂に発生する良性の腫瘍で、ホルモン分泌するものと分泌しないものに分けられます。前者のなかには巨人症、先端巨大症、クッシング病、無月経―乳汁漏出などを症状として呈し、後者は視力障害を呈して発見されます。最近は脳ドックで偶然発見されることも多いようです。[www2.med.osaka-u.ac.jp] 乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)産生性下垂腺腫 下垂ホルモンのうち、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)を産生する細胞が腫瘍化したもので、全下垂腫瘍の約25-30%を占める腫瘍です。[kitano-hp.or.jp]

  • 先端巨大症

    その他の下垂前葉機能検査も行われる。 画像検査:MRIにて下垂腫瘍が見られる。 手術療法:経蝶形骨洞的下垂腫瘍摘出術(Hardy法) 薬物療法:オクトレオチド(商品名:サンドスタチン)、GH受容体拮抗薬(ペグビソマント)、ドーパミン作動薬(カベルゴリン、ブロモクリプチン)など。[ja.wikipedia.org] 成長ホルモンが過剰につくられるのは、ほとんどの場合、がんではない良性の下垂腫瘍(腺腫)が原因です。膵臓(すいぞう)や肺にまれに発生する特定の腫瘍がホルモンを分泌し、それが下垂を刺激して過剰に成長ホルモンがつくられた結果、同様の症状が起こることもあります。[msdmanuals.com] これは犬に関しても同様に起こりますが、下垂腫瘍からの成長ホルモンの過剰分泌は珍しく、ほとんどは乳腺腫瘍に由来する異所性成長ホルモン産生から引き起こされます。[minamigaokaah.com]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    下垂腺腫 下垂腺腫は、主に下垂前葉で、ホルモンを産生している細胞が腫瘍化し、 大きくなってできるものです。ほとんど全て良性の腫瘍と考えても良いでしょ う。大きく分けて、ホルモン産生性のものと、ホルモン非産生性のものに分け られます。[plaza.umin.ac.jp] 下垂腫瘍のほとんどが、 下垂腺腫 です。他に、頭蓋咽頭種やラトケ嚢胞があります。 いずれも 生体を維持 していく上で 大切な働き をしています。腺性下垂(前葉)の腺細胞がから発生する腫瘍下垂腫瘍です。[dr-nemoto.com] 3.下垂腺腫について 脳下垂体腫瘍の中で最も多い良性の腫瘍です。脳腫瘍の中で3番目に多く、脳ドックでもしばしば発見される病気です。ホルモン分泌が過剰である腫瘍(機能性下垂腺腫)と過剰ではない腫瘍(非機能性下垂腺腫)があります。 4.下垂体腺腫の症状 下垂体腺腫には以下のような症状が見られます。[showa-u.ac.jp]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍の治療 良性腫瘍 良性腫瘍の3大腫瘍は 髄膜腫,下垂腺腫,神経鞘腫です。良性腫瘍の場合には手術による摘出が基本です。ほとんどの良性腫瘍は薬が効きません。 下垂腺腫は最近では内視鏡手術で鼻の穴から手術ができ,頭を切る必要がほとんどありません。 下垂腫瘍について詳しくはこちら をごらんください。[hph.pref.hiroshima.jp] 下垂腫瘍 下垂腫瘍とは 下垂に発生する良性の腫瘍で、ホルモン分泌するものと分泌しないものに分けられます。前者のなかには巨人症、先端巨大症、クッシング病、無月経―乳汁漏出などを症状として呈し、後者は視力障害を呈して発見されます。最近は脳ドックで偶然発見されることも多いようです。[www2.med.osaka-u.ac.jp] 乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)産生性下垂腺腫 下垂ホルモンのうち、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)を産生する細胞が腫瘍化したもので、全下垂腫瘍の約25-30%を占める腫瘍です。[kitano-hp.or.jp]

さらなる症状