Create issue ticket

考えれる16県の原因 下垂体ゴナドトロピン減少

  • 良性前立腺肥大症

    良性前立腺肥大症は,一般に α アドレナリン受容体拮抗薬( α 遮断薬)または 5 α 還元酵素阻害薬で治療される.これらの薬剤の単独あるいは併用療法が,臨床的進展のリスクに与える長期効果は明らかではない. 男性 3,047 例を対象に長期の二重盲検試験(平均追跡期間 4.5 年)を行い,プラセボ,ドキサゾシン,フィナステライド,およびその併用療法が,良性前立腺肥大症の臨床的進展の指標に及ぼす効果を比較した. 全般的な臨床的進展――米国泌尿器科学会(American Urological Association)の症状スコアのベースラインからの 4[…][nejm.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    【インタビュー】 公開日 2017 年 11 月 01 日 更新日 2017 年 11 月 02 日 ヘモクロマトーシス 貧血 国際医療福祉大学病院 消化器センター長・予防医学センター長 国際医療福祉大学医学部教授 高後 裕 先生 鉄過剰症( ヘモクロマトーシス )とは、体内に鉄が過剰にたまり、疲れやすさや肝障害、関節の痛みなどあらゆる症状が出ることを指します。主に輸血依存で起こるといわれていますが、遺伝的に鉄代謝がうまくいかず鉄が体内にたまりやすくなってしまう場合もあります。鉄過剰症(ヘモクロマトーシス)の概要や原因、症状について、国際医療福祉大学病院[…][medicalnote.jp]

  • 前立腺腺癌

    限局性前立腺癌の根治療法: 全摘手術と小線源療法 について 骨やリンパ腺などへの転移が無く、周辺臓器にも浸潤していない限局性の前立腺癌は、根治療法が可能ですが、その治療法には前立腺全摘術と放射線療法があります。2003年より当院ではヨード125を用いた密封小線源を多数前立腺内に刺入する放射線療法の一種である小線源療法を開始いたしました。 小線源療法と全摘手術は、それぞれ適応が少しずつ異なるほか、長所・短所・副作用などの特徴が 異なります。患者さんの病状をよく検討した上でより適した方針を決めることになりますが、 患者さんのご希望をふまえて治療法を選んで頂くことも可能です。[…][hokkaido-cc.hosp.go.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 精巣の悪性新生物

    肺、心臓、胃腸・肝臓などの腹部の臓器、精巣、の4部位は、胸膜、心膜、腹膜、精巣漿膜と呼ばれる「サランラップ」のような薄い膜に包まれて、これらの膜でおおわれています。動物の細胞が分化して組織が発生していく過程では、上皮、中皮、内皮という細胞にわかれることがありますが、中皮細胞という名称の由来は、この時期に臓器をおおう細胞から来ています。薄い膜には、「中皮(ちゅうひ)細胞」が並んでいます。上皮は更に分化して皮膚や消化管や呼吸器系となり、内皮は血管や血液や筋肉や脂肪組織となります。中皮は、胸膜や腹膜や心膜等を覆う薄い膜となります。 一般に上皮からできた悪性疾患を、「がん」といいます。皮膚癌、胃[…][asbestos-center.jp]

  • 鎌状赤血球症

    (ヘモグロビンS病) 執筆者: Alan E. Lichtin, MD, Associate Professor, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine; Staff Hematologist-Oncologist, Cleveland Clinic 鎌状赤血球症は、鎌状(三日月形)の赤血球と、赤血球の過剰破壊による慢性貧血を特徴とする遺伝性の病気です。 貧血や黄疸症状がみられるのが普通です。 貧血、発熱、息切れなどが悪化し、長管骨、腹部、胸部などに痛みを伴うと、鎌状赤血球症の疼痛発作(症状が急速に悪化する危険な状態)が疑われます。[…][msdmanuals.com]

  • 下垂体腺腫

    視床下部・下垂性無月経 視床下部や下垂の障害によりゴナドトロピンの分泌が減少し、月経異常や不妊を引き起こす疾患です。視床下部・下垂機能異常による不妊症に関しては、産婦人科にてクロミフェン療法や自己注射による排卵誘発、高度生殖補助医療を行っています。[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • 胎盤アロマターゼ欠乏

    一方、ニコチンの単独投与においても、性周期は constant estrus をきたす事実もあわせて考慮するならば、ニコチンのラット性機能への影響は、下垂ゴナドトロピンの卵巣に対する作用に何らかの影響を与えるだけでなく、卵胞自体にも作用して排卵数を減少させるなど抑制的に働くものと考えられた 55)56) 。[srf.or.jp]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    視床下部・下垂性無月経 視床下部や下垂の障害によりゴナドトロピンの分泌が減少し、月経異常や不妊を引き起こす疾患です。視床下部・下垂機能異常による不妊症に関しては、産婦人科にてクロミフェン療法や自己注射による排卵誘発、高度生殖補助医療を行っています。[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • 下垂体後葉疾患

    視床下部・下垂性無月経 視床下部や下垂の障害によりゴナドトロピンの分泌が減少し、月経異常や不妊を引き起こす疾患です。視床下部・下垂機能異常による不妊症に関しては、産婦人科にてクロミフェン療法や自己注射による排卵誘発、高度生殖補助医療を行っています。[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp]

さらなる症状