Create issue ticket

考えれる10県の原因 下位運動ニューロン障害

  • 高カルシウム血症

    高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう、英:hypercalcaemia, hypercalcemia)とは血液中のカルシウム濃度が正常の範囲を逸脱し、異常に高値を示す状態。骨や腎臓からのカルシウム再吸収の亢進、消化管からのカルシウム吸収の亢進により生じる。 血液検査にて血清カルシウム濃度が12mg/dl以上で高カルシウム血症と診断され、14mg/dlまでは臨床症状を示さないが、それ以上で多飲多尿、元気消失、嘔吐、便秘、衰弱、せん妄などを示す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄麻痺性灰白髄炎
  • 延髄灰白髄炎
  • 脊髄性筋萎縮症

    下位運動ニューロンのみの障害であり、筋萎縮性側索硬化症(ALS)が上位ニューロンも障害されるのと比較されます。 7. この病気にはどのような治療法がありますか 本症では根本治療はいまだ確立していません。わが国でも、また世界的にも治療薬の開発と治験(臨床試験)が始まっています。[nanbyou.or.jp]

  • 対麻痺

    馬尾 損傷や多発神経炎などの 下位運動ニューロン 障害のことが多い。ただし上位運動ニューロン障害でも脊髄障害の 急性 期には 脊髄ショック を伴うので、弛緩性対麻痺になることがある。しかしこの場合は 脊髄横断性症候群 として対称性の感覚脱失や 直腸膀胱障害 を伴うので診断を誤ることは少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    これらの下位運動ニューロンの症状に加えて、神経内科医が診察し、手足の反射が正常よりも非常に出やすい状態になっている場合(上位運動ニューロン障害があると現れるものです)は、ほぼALSと考えられます。つまり、臨床的に、下位と上位の運動ニューロン障害されている可能性が高い場合にALSが強く考えられます。[alsjapan.org] 上位運動ニューロン障害により、 深部腱反射 の亢進、 病的反射 、 痙縮 などの症状を呈し、下位運動ニューロン障害により進行性の 筋力低下 、 筋萎縮 を呈する。[bsd.neuroinf.jp] 上位ニューロン障害下位ニューロン障害が解剖学的に独立に進行するため、運動症状の経過は多様性に富む。下位ニューロン障害はまずは一側の局所的部位から反対側へ、続いて同側の上下方向に進行する場合が多い。上位ニューロン障害はまずは同側の上下に進行し、続いて反対側へ広がることが多いとされている。[ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    大脳ニューロンを由来としない不随意運動はてんかんではない。例えば脊髄性ミオクローヌスや下位ニューロン障害の線維束攣縮などはてんかんではない。また経過が慢性反復性でなければならないことから、薬物中毒の離脱期におこる痙攣はてんかんではない。これらの痙攣に関しては急性症候性発作で述べる。 てんかんが上記定義された病名である。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    灰白質(下位運動ニューロン障害症状(弛緩、反射低下)、白質(上位運動ニューロン)障害症状(痙縮、反射亢進)が現れる。白質障害は視神経脊髄炎と関連することが多い。抗アクアポリン抗体陽性であれば視神経脊髄炎の診断の補助となる。[med.osaka-u.ac.jp]

  • ベル麻痺

    これは顔面筋を支配している顔面神経の運動機能の機能不全が原因であり、この麻痺は核下性(下位運動ニューロン型)の麻痺である。 顔面神経麻痺がある場合、臨床的には顔面神経のすべての枝が障害されているのか、それとも前頭部の筋の動きは保たれているのかを見極める必要がある。前頭部の筋は両側の大脳に支配されているからである。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    通常は障害部位は1か所と考え、診断を進めていく。上位ニューロン障害として脳血管障害下位運動ニューロン障害としては頸椎症が頻度としては多い。上位運動ニューロン障害では脳神経外科、神経内科、下位運動ニューロン障害、筋疾患では整形外科、神経内科と専門とする診療科も異なる。[ja.wikipedia.org] なお、特殊な例としては上位運動ニューロン障害下位運動ニューロン障害の混在する疾患としては筋萎縮性側索硬化症などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 分類の仕方は神経診断学に基づくが、緊急の場合はその限りではないのは運動麻痺と同様である。感覚障害の部位、特にデルマトームに沿うのかということ、合併する運動障害の評価、特にUMD(上位運動ニューロン障害)かLMD(下位運動ニューロン障害)かといった点、その他の神経学的異常所見によって評価される。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状