Create issue ticket

考えれる86県の原因 上顎前突症

  • 良性移動性舌炎

    下顎は、下顎の骨が異常に発達したため、咬合時に下顎の前歯が上顎の前歯より前方にあります。反対咬合、俗に「受け口」ともいいます。顔の中央部がやや陥凹し、顔の下半分が長く、横からみると、皿様あるいは三日月様にみえます。この異常は日本人にとくに多くみられます。上顎と同様に、歯性と骨格性のものとに分けられます。[hosp.kyushu-u.ac.jp] 顎変形 下顎〔受け口〕、上顎、開咬症〔口を閉じても上下顎の歯が咬み合わない〕などで、歯の矯正治療だけでは治らな いような顎の骨格性の変形症にたいして手術的に移動して矯正します。ただし手術前の矯正治療や手術後の保定治療が必要になることが多く、地域の矯正歯科と の合同治療となります。[tajimi-hospital.jp] 例えば上顎上顎が出ているいわゆる出っ歯)、上顎劣成長(とは逆に引っ込んでいる)、下顎前突(下顎が出ているいわゆる受け口)下顎劣成長(小顎症とも呼ばれる小さい顎)、上下の歯に隙間が開いてかみ合わない開咬症、顎顔面が曲がっている顔面非対称などがあります。[minamiwakayama.hosp.go.jp]

  • 分節性歯・上顎形成異常

    上顎前歯部歯槽骨切り術について 本法は、上顎前方歯槽部を後方に移動させる方法で、上顎前歯部の唇側傾斜を伴った上顎や前歯部の開咬を伴った上顎が適応となります。[ritz-tokyo.jp] 顎の関節が外傷や感染などにより傷害された場合(顎関節強直 がくかんせつきょうちょくしょう)によく生じます。 上顎(じょうがくぜんとつしょう) 上顎の骨が異常に発達したため、咬合時に上顎の前歯が下顎の前歯より異常にの方にあります。これには、単に歯のみが突出している歯性のものと、上顎の骨自体が前突している骨格性のものとがあります。[jsoms.or.jp] 代表的な顎変形としては、下顎骨が突き出た下顎、逆に下顎骨が小さい小下顎上顎骨が突き出た上顎、奥歯だけが噛み合っていて前歯が噛み合わない開咬症、あるいは左右の顔の大きさが異なる顔面非対称などがあり、それぞれに特有の咬合不正と顔面変形を伴います。[jsprs.or.jp]

  • 顎関節炎

    このうち、下顎が後退した骨格性上顎の場合、顆頭も後方位をとり、関節円板の前方転位が起こりやすく、顎関節のリスクは高まります。 (上顎には、上顎自体が前突した骨格性上顎前突も存在しますが、比率的には下顎後退型が圧倒的に多いです。)[hotei.or.jp] また、開咬の度合いが酷くなると、それにつれて顎関節部にかかる力も増えていくことが証明されていますので、顎関節リスクも高まってしまいます。 ②下顎が著しく後退した上顎 上顎前突を大きく分けると、上の前歯が傾斜し飛び出したもの(歯性上顎前突)と、下顎が後退したため相対的に上顎しているもの(骨格性上顎)の2つがあります。[hotei.or.jp]

  • 濃化異骨症

    症例 一般の症例 上下顎 治療 治療後 外科的矯正治療の症例 上顎 治療前 治療後 一般の症例 下顎前突症 治療前 治療後[tdc.ac.jp] 顎変形には、①上顎(骨格性の出っ歯)②下顎前突症(骨格性の受け口)③開咬症(骨格性の開咬)④顔面非対称が含まれます。骨格性由来の不正咬合のため、骨格的な改善がなければ、不正咬合の改善が困難であると考えられます。[nishimura-ortho.com] 日本人は、俗に受け口と呼ばれる下顎が多く見られます。 他に極端出っ歯(上顎)顔面の非対称、前歯で咬めない(開咬症)等がこのような状態では、うまく食べ物が噛めなかったり、発音が不明瞭になるので治療が必要です。[hayanokai.com]

  • 上・下唇の家族性正中口唇裂

    […] von Recklinghausen病) Sturge-Weber症候群 Peutz-Jeghers症候群 下顎 下顎後退 上顎 上顎後退症 開咬症 下顎非対称 外 傷 顔面軟部組織損傷 褥瘡性潰瘍 Riga-Fede病 歯槽骨骨折 歯牙脱臼 下顎骨骨体骨折 関節突起骨折 小児下顎骨骨折 Le FortⅠ型骨折(上顎水平骨折)[www2.tecomgroup.jp] 詳しくは… 上顎、上下顎、下顎 上顎の歯がが下顎の歯より強くに出ていることを上顎、下顎の歯が上顎より出ていることを下顎、上と下の前歯はちゃんと咬めているのに口元全体が前に出ていること上下顎前突症といいます。[hsc.okayama-u.ac.jp] 強度な下顎で下顎骨の後退量が多すぎる症例や上顎骨(中顔面)の劣成長がある症例などは、 Le Folt Ⅰ型骨切り術による上顎骨前方移動と下顎枝矢状分割術による下顎骨後退を one stage で行う上下顎同時移動術 two jaw surgery を行う場合もあります。[tochigi.hosp.go.jp]

  • 難治性下顎症候群

    代表的な顎変形としては、下顎骨が突き出た下顎、逆に下顎骨が小さい小下顎上顎骨が突き出た上顎、奥歯だけが噛み合っていて前歯が噛み合わない開咬症、あるいは左右の顔の大きさが異なる顔面非対称などがあり、それぞれに特有の咬合不正と顔面変形を伴います。[jsprs.or.jp] 対象疾患 顎変形(下顎上顎など)、外傷(顎骨骨折、歯牙脱臼、軟組織裂傷など)、口腔粘膜疾患(難治性口内炎、白板症、扁平苔癬など)、炎症(智歯周囲炎、顎骨骨髄炎、BRONJ、顔面・頸部蜂窩織炎など)、顎関節疾患(顎関節症、顎関節脱臼、顎関節強直症など)、唾液腺疾患(唾石症、唾液腺炎、シェーグレン症候群)、神経疾患(三叉神経痛、[takanawa.jcho.go.jp] 例えば上顎上顎が出ているいわゆる出っ歯)、上顎劣成長(とは逆に引っ込んでいる)、下顎前突(下顎が出ているいわゆる受け口)下顎劣成長(小顎症とも呼ばれる小さい顎)、上下の歯に隙間が開いてかみ合わない開咬症、顎顔面が曲がっている顔面非対称などがあります。[minamiwakayama.hosp.go.jp]

  • 骨膜炎

    顎変形(下顎) 受け口、反対咬合などを呈する顎変形(保険治療) 顎変形上顎) 出っ歯、歯ぐきの過剰露出などのうち顎変形を伴うもの(保険治療) 顎変形症(開咬) 上下の前歯が隙間を持つもののうち顎変形を伴うもの(保険治療) 顎変形症(非対称症) 上下顎の形態が著しく左右非対称な顎変形症(保険治療) 顎関節症 顎関節痛、開口障害[hospital.haibara.shizuoka.jp] 口腔外科は口腔・顎・顔面の腫瘍性疾患(良性、悪性、嚢胞性疾患)、顎変形(下顎:受け口、上顎:出っ歯、顔面非対称、小顎など)、顎関節疾患(顎関節症、顎関節脱臼、種々の開口障害など)、口腔インプラント埋入手術(骨移植を伴うものも含む)、顎・顔面外傷、唾液腺疾患(腫瘍、結石、口腔乾燥など)、口腔粘膜疾患(前癌病変、難治性粘膜炎など)、[hospital.haibara.shizuoka.jp] 口腔良性腫瘍・のう胞 舌や口腔粘膜、顎骨などにできる良性腫瘍・のう胞 口腔がん 舌・頬粘膜・歯肉・顎骨などにできる悪性腫瘍 唾液腺腫瘍・がん 唾液を分泌する腺組織にできる良性/悪性腫瘍 口腔前癌病変 口腔粘膜に生じる白斑、紅斑性病変 顎周囲の重症炎症(骨膜炎、骨髄炎、蜂窩織炎、歯性副鼻腔炎など) 主に歯あるいは顎骨のう胞などを原因とする重症感染[hospital.haibara.shizuoka.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    […] von Recklinghausen病) Sturge-Weber症候群 Peutz-Jeghers症候群 下顎 下顎後退 上顎 上顎後退症 開咬症 下顎非対称 外 傷 顔面軟部組織損傷 褥瘡性潰瘍 Riga-Fede病 歯槽骨骨折 歯牙脱臼 下顎骨骨体骨折 関節突起骨折 小児下顎骨骨折 Le FortⅠ型骨折(上顎水平骨折)[www2.tecomgroup.jp] 口唇裂 口蓋裂 先天性鼻咽腔閉鎖不全(粘膜下口蓋裂) 正中唇裂 横顔裂 下唇瘻 歯肉線維腫症 Fordyce斑 舌小帯強直症 上唇小帯強直症 鎖骨頭蓋骨異形成症 大理石骨病 McCune-Albright症候群 Down症候群 Robinシークエンス(Pierre Robin症候群) Goldenhar症候群 基底細胞母斑症候群 神経線維腫[www2.tecomgroup.jp]

  • アデノイド肥大

    [1] 顔の形が面長、上顎・下顎とも横幅が狭く、V字型をしている 顎 、 上顎 になりやすい 睡眠時を含め口をぽかんと開けたままになる。さらに口呼吸をすることで、口の中が乾燥して細菌が繁殖しやすくなり、口臭が強くなる。 異常に肥大したアデノイドが耳管開口部を塞いでしまうため、急性中耳炎や滲出性中耳炎を引き起こす。[ja.wikipedia.org] ・う蝕罹患率が高まる ・歯周病罹患率が高まる ・異常嚥下癖、低位舌といった舌癖が発現する ・上顎を主とした不正咬合が発現する ・歯が変色する ・口臭が悪化する ・風邪やインフルエンザなどの感染の罹患率が高まる ・アレルギー罹患率が高まる ・姿勢が悪くなる 「アデノイド顔貌」の治療 すでにアデノイド顔貌になってしまっていても、矯正治療で[www3.dental-plaza.com]

  • 唾液腺疾患

    ) 顎変形上顎、下顎) 奇形(唇顎口蓋裂) 顔面外傷(顔面裂創挫創、歯の損傷、下顎骨骨折、上顎骨骨折、頬骨骨折) 顎関節疾患(外傷、顎関節症、顎関節脱臼、顎関節強直症、顎関節腫瘍) 唾液腺疾患(シェーグレン症候群、唾石症、粘液嚢胞、唾液腺腫瘍) 口腔心身症 入院手術件数(平成25年度の実績) 埋伏歯抜歯:116例 口腔悪性腫瘍[gmect.jp] 下顎上顎、顔面の強度非対称、顎骨の形成異常などを総称して顎変形といいます。咬み合わせが悪かったり、「顎がでている。」「顔がゆがんでいる。」などの顔貌の違和感で受診されることが多いです。中には歯科矯正治療単独で治癒可能なものもありますが、矯正治療と手術を組み合わせないと治らないものが多いです。[hospital.iwata.shizuoka.jp] 山口万枝 指導医 山口万枝 講師 古田治彦 講師 診療実績 扱っている疾患 顎骨の炎症性疾患(智歯周囲炎、慢性顎骨炎、歯性上顎洞炎) 口腔粘膜疾患(口内炎、ヘルペス性口内炎、白板症、扁平苔癬、カンジダ症) 口腔内良性疾患(エナメル上皮腫、歯牙腫、多形性腺腫) 口腔内悪性腫瘍(舌癌、歯肉癌、頬粘膜癌) 顎骨嚢胞(歯根嚢胞、濾胞性歯嚢胞、術後性上顎嚢胞[gmect.jp]

さらなる症状