Create issue ticket

考えれる354県の原因 上腹部痛

  • 急性胃腸炎

    潜伏期は8 24時間で、発熱・嘔吐・腹部・下痢を主徴とする。粘血便、激烈な 腹痛を訴えることもある。多くは2 3日前後で軽快するが、時に本菌の産生する耐熱 性溶血毒が心筋に作用し、心不全で死亡することがある。自然治癒傾向が強く通常対症 療法で十分。使うとすればキノロン系がよい。[nms.co.jp] -------- 代表的 水 血 腹 嘔 発 汚染源 様 性 および 潜伏期 便 便 痛 吐 熱 原因食 備 考 --------------------------------------------------------------------------------- ビブリオ 2-24hr           魚介類 夏に多い、腹部[nms.co.jp]

  • 胆石症

    症状は人によりさまざまですが、突然の腹部(疝痛発作)をおこしたり、発熱や黄疸を起こしたりと急性の症状が見られる方もいれば、なんとなく腹部の調子が悪い、もしくは脂っこいものを食べた後に痛みや吐き気を起こす、など慢性の症状が見られる方もいます。 胆石症の検査は? 胆石症が疑われる場合は、まず腹部超音波検査で胆石の有無を確認します。[osakacity-hp.or.jp] 胆嚢炎では右腹部に加え発熱も出現し、全身状態が悪化していきます。ここまでくると入院治療が必要となります。胆嚢炎とまでいかなくとも、症状が出現した人は原則として治療の適応になります。 また、胆管内に石ができた人は症状がない人でも今後症状が出現する可能性が高いため、治療の適応になります。 胆嚢ポリープとは胆嚢内にできたポリープを指します。[tmd.ac.jp]

  • 胃炎

    胃炎 急性胃炎は腹部、吐き気、胸焼けなどの症状が、急に起こります。原因は鎮痛薬、アルコールやストレスなどがあります。通常、数日間胃薬を服用する事で軽快します。 慢性胃炎は胃もたれや鈍痛、上腹部膨満感といった症状がみられこともありますが、無症状で内視鏡検査で指摘されることもあります。原因のほとんどはピロリ菌感染です。[funabashi-clinic.jp] 慢性胃炎の症状は様々で、くり返す、あるいは持続する腹部不快感・重圧感、心窩部、悪心・嘔吐、腹部膨満感、胃もたれ感、食欲不振が現われます。 なかでも多い症状は、腹部不快感、心窩部、腹部膨満感で、多くの場合、これらの症状が重複して現われます。[nakata-cl.jp] 〈 関連ページ:ABC検診 〉 〈 関連ページ:ピロリ菌について 〉 〈 前のページに戻る〉 急性胃粘膜病変 突然の腹部がおこり、嘔吐したものに血液が混ざることがあります。 緊急の内視鏡検査で胃(十二指腸)に急性炎症と多数の浅い傷や潰瘍を認めます。 原因として感染症、ストレス、アルコール・香辛料などの多量摂取などが考えられています。[kochi-clinic.jp]

  • 消化管出血

    1 か月前から空腹時に腹部の不快感が出現するようになったが食事により軽快するので放置していた。昨夜、飲酒後に腹部が出現したがそのまま入眠した。本日、起床時に血液が混入したコーヒー残渣様物質を多量に嘔吐したため救急車で来院した。意識は清明。脈拍は仰臥位で 90/ 分、整、坐位で 114/ 分、整。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 心筋疾患

    心筋症 心筋疾患は、主に原疾患を背景とした二次性の心筋症と、原因が今のところ不明である特発性心筋症とに分類できる。 二次性心筋症 二次性の心筋症の原疾患としては以下の表に上げるものが考えられる。その中でも特に臨床的に頻度が多く感じられるものは、糖尿病性や甲状腺機能異常(機能亢進、または機能低下)に伴う心筋症などいわゆる代謝性の疾患を背景としている心筋症や、アルコール多飲歴を有するアルコール性心筋症などがあげられる。 表1 二次性心筋症の主な原因 1.感染症に伴うもの エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどウイルス性または細菌性感染症、原虫、寄生虫など 2.炎症に伴うもの[…][osaka.hosp.go.jp]

  • 慢性胆嚢炎

    慢性胆嚢炎(まんせいたんのうえん)は、無症状のものから、食後に腹部をおこすものまで、その程度はさまざまですが、急性胆嚢炎に比べると症状は軽く、断続的です。 急性胆管炎(きゅうせいたんかんえん)は悪寒・発熱、右腹部、黄疸が三大症状です。[kotobank.jp] 診断・鑑別診断 以上の所見を総合すれば診断は難しくないが、右腹部を来す胃・十二指腸潰瘍、急性膵炎、急性虫垂炎、急性腎盂腎炎、尿管結石を鑑別する必要がある。心窩部から前胸部痛を訴えている場合は心筋梗塞も念頭に置く。[web.archive.org] 2)症状 腹部、右季肋部痛(右肋骨の下に痛み)、発熱、悪心、嘔吐などがみられます。触診では、右季肋部の圧痛(押すと痛む)がみられ、腫れた胆嚢を触知することもあります。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 急性胆嚢炎

    胆嚢周囲の臨床徴候(Murphy徴候、右腹部腫瘤触知、右腹部、圧痛)に加え、全身の炎症所見(発熱、CRP値の上昇、白血球数の異常)を伴っていれば、本疾患である可能性が高い。これらに加えて、急性胆嚢炎に特徴的な画像所見が備われば診断が確定的となる。 なお、急性胆嚢炎に特徴的な画像所見とは以下のものを指す。[clinicalsup.jp] 慢性胆嚢炎(まんせいたんのうえん)は、無症状のものから、食後に腹部をおこすものまで、その程度はさまざまですが、急性胆嚢炎に比べると症状は軽く、断続的です。 急性胆管炎(きゅうせいたんかんえん)は悪寒・発熱、右腹部、黄疸が三大症状です。[kotobank.jp] 【症状の現れ方】 急性胆嚢炎では、発熱と右腹部を認めます。時に右肩の痛みを訴えることもあります。激痛を訴えて、腹部全体が硬くなっている時には、胆嚢が破れて腹膜炎を起こしている可能性があります。 急性胆管炎では、寒気を伴う発熱と黄疸(おうだん)、右腹部が代表的な症状ですが、高齢者などでは症状が出ずに重症化することがあります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 胆道感染症

    症状の現れ方 ①急性胆嚢炎 発熱と右腹部を認めます。時に右肩の痛みを訴えることもあります。激痛を訴えて、腹部全体が硬くなっている時には、胆嚢が破れて 腹膜炎 を起こしている可能性があります。 ②急性胆管炎 寒気を伴う発熱と黄疸、右腹部が代表的な症状ですが、高齢者などでは症状が出ずに重症化することがあります。[qlife.jp] 症状の現れ方 (1)急性胆嚢炎 発熱と右腹部を認めます。時に右肩の痛みを訴えることもあります。激痛を訴えて、腹部全体が硬くなっている時には、胆嚢が破れて 腹膜炎 を起こしている可能性があります。 (2)急性胆管炎 寒気を伴う発熱と黄疸(おうだん)、右腹部が代表的な症状ですが、高齢者などでは症状が出ずに重症化することがあります。[medical.itp.ne.jp] 【症状の現れ方】 急性胆嚢炎では、発熱と右腹部を認めます。時に右肩の痛みを訴えることもあります。激痛を訴えて、腹部全体が硬くなっている時には、胆嚢が破れて腹膜炎を起こしている可能性があります。 急性胆管炎では、寒気を伴う発熱と黄疸(おうだん)、右腹部が代表的な症状ですが、高齢者などでは症状が出ずに重症化することがあります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 十二指腸潰瘍
  • 1型糖尿病

    症状 約70%の症例に上気道炎(咽頭、発熱など)、消化器症状(腹部、悪心•嘔吐)などの感染症状があり、急激な血糖上昇のため、口渇、多飲、多尿、全身倦怠感を示す。重症化すると昏意識障害、さらには昏睡に陥る。 5. 合併症 高血糖、ケトアシドーシスによる昏睡を来し、治療が遅れれば、致死的である。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状