Create issue ticket

考えれる67県の原因 上肢運動失調

  • 脊髄小脳失調症 20型

    通常、下肢の運動失調による歩行障害と、構音障害(うまく発音できない)をきたします。上肢運動失調は、遅れて現れます。 発症2 5年後にパーキンソン症状(筋肉のこわばり、動作が緩慢になる)が重なってきます。また病気の進行とともに排尿障害、起立性低血圧症、便秘、発 汗障害、喘鳴など、後述するような自律神経症状をともないます。[min-iren.gr.jp] 対して同じ孤発性でも、皮質性小脳萎縮症では、歩行時のふらつきや字がうまく書けないといった上肢運動失調、ろれつが回りにくいなどの小脳症状のみがみられます。発症から4〜5年後に一人で歩ける人は76%だったという国内の研究の報告もあります。長い年数をかけてゆっくりと進行し、多くのケースで車いすが必要になります。[h-navi.jp] 運動調節がぎこちなく遅い 下肢障害 痙性麻痺がある場合もある(車椅子;20年後に) 運動失調 歩行の目測の誤り、千鳥足、企図振戦 循環器症状 Friedreich病では心筋症や不整脈を伴う 膀胱障害 合併することがある 直腸障害 合併することがある 自律神経症状 OPCAでは体温調節障害や立ち眩みがある場合がある 貧血症状 OPCAではある[nivr.jeed.or.jp]

  • 心律動異常

    【巧緻運動機能障害】 分節ミオクローヌスや小脳失調症状のひとつである視覚と手の協調障害によって巧緻(上肢の細かい動作や作業をする)機能が不安定になります。 日常生活や遊びで必要とする器用さを獲得する妨げになります。 ほとんどの患者が図柄を描くことが出来ず、活字体で文字を書く事がなんとかできるようになるくらいです。[dravetsyndromejp.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    通常、下肢の運動失調による歩行障害と、構音障害(うまく発音できない)をきたします。上肢運動失調は、遅れて現れます。 発症2 5年後にパーキンソン症状(筋肉のこわばり、動作が緩慢になる)が重なってきます。また病気の進行とともに排尿障害、起立性低血圧症、便秘、発 汗障害、喘鳴など、後述するような自律神経症状をともないます。[min-iren.gr.jp] 症状 運動失調の代表的な症状は、立位・歩行時のふらつき、上肢運動機能障害、構音障害などである。 診察所見は 眼振 注視方向性眼振が典型的である。 SCA6では下眼瞼向き眼振が特徴的で、注視眼振でははっきりしなくても頭位変換眼振としてはよく見られる。[ameblo.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    この欠乏症は教科書的には亜急性連合性脊髄変性症(側索と後索が連合して障害され、両下肢の痙性と運動失調を呈する)の原因であるため、両上肢のしびれという早期の段階で想起されないことが多いが、胃がん(術後)、制酸剤投与中などのリスクに注意する。[hhk.jp]

  • 脳内血腫

    運動失調があり、瞳孔不同が持続し、対光反射も右側が敏から鈍になるなどしたことから、CT手術装置を用いて、右後頭下に穿頭し、右小脳半球の血腫を吸引する手術(CT定位脳内血腫吸引術。[medsafe.net] 上記所見を基に、Aには高血圧性小脳内出血があり、全身的には、糖尿病、腎障害及び軽度の肝障害があると診断し、保存的治療を行うこととして、高血圧のコントロールのための降圧剤と、脳浮腫及び脳圧亢進の防止のための脳圧下降剤を継続的に投与し、3月5日に至ったが、Aは開眼していて応答はするがぼんやりしている意識状態(日本コーマスケール(JCS)1)で、右上肢[medsafe.net]

  • てんかん重積状態

    【巧緻運動機能障害】 分節ミオクローヌスや小脳失調症状のひとつである視覚と手の協調障害によって巧緻(上肢の細かい動作や作業をする)機能が不安定になります。 日常生活や遊びで必要とする器用さを獲得する妨げになります。 ほとんどの患者が図柄を描くことが出来ず、活字体で文字を書く事がなんとかできるようになるくらいです。[dravetsyndromejp.org]

  • 異常感覚性大腿痛

    神経疾患との鑑別―提示症例を通して Case study 1 脳梗塞による単独一側肩麻痺(isolated shoulder paresis) Case study 2 脳梗塞による偽性尺骨神経症候群(pseudo-ulnar syndrome)―頸椎椎間板ヘルニア合併例での検討 Case study 3 脊髄脊椎疾患と紛らわしい脳梗塞による上肢運動障害[miwapubl.com] この欠乏症は教科書的には亜急性連合性脊髄変性症(側索と後索が連合して障害され、両下肢の痙性と運動失調を呈する)の原因であるため、両上肢のしびれという早期の段階で想起されないことが多いが、胃がん(術後)、制酸剤投与中などのリスクに注意する。[hhk.jp] ―観念運動失行と視覚性運動失調 Case study 4 脊髄性ミオクローヌス?[miwapubl.com]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    【巧緻運動機能障害】 分節ミオクローヌスや小脳失調症状のひとつである視覚と手の協調障害によって巧緻(上肢の細かい動作や作業をする)機能が不安定になります。 日常生活や遊びで必要とする器用さを獲得する妨げになります。 ほとんどの患者が図柄を描くことが出来ず、活字体で文字を書く事がなんとかできるようになるくらいです。[dravetsyndromejp.org]

  • 偏向発作

    【巧緻運動機能障害】 分節ミオクローヌスや小脳失調症状のひとつである視覚と手の協調障害によって巧緻(上肢の細かい動作や作業をする)機能が不安定になります。 日常生活や遊びで必要とする器用さを獲得する妨げになります。 ほとんどの患者が図柄を描くことが出来ず、活字体で文字を書く事がなんとかできるようになるくらいです。[dravetsyndromejp.org]

  • 複雑部分発作

    【巧緻運動機能障害】 分節ミオクローヌスや小脳失調症状のひとつである視覚と手の協調障害によって巧緻(上肢の細かい動作や作業をする)機能が不安定になります。 日常生活や遊びで必要とする器用さを獲得する妨げになります。 ほとんどの患者が図柄を描くことが出来ず、活字体で文字を書く事がなんとかできるようになるくらいです。[dravetsyndromejp.org]

さらなる症状