Create issue ticket

考えれる3県の原因 上肢・下肢は影響される場合がある

つまり: 上肢・下肢は影響される場合があ

  • 全身麻酔

    特に開胸手術(肺の手術など)、開腹手術(胃、腸の手術など)、上肢下肢の手術の場合、局所麻酔(硬膜外麻酔、脊椎麻酔、超音波下神経ブロックなど)を併用し、手術中は手術による患者さんへの影響を少なくし(全身麻酔薬の量を減らす、血圧上昇・頻脈を抑えるなど)、手術後は定期的な消炎鎮痛薬の投与、持続的に少量の麻薬を点滴から投与する方法などを加え、“痛[nara-hp.jp]

  • 低体温麻酔

    しかし,気腹に用いられる二酸化炭素ガスの影響により,体温が低下しやすくなります。また,砕石位の場合は,下肢は被覆し,上肢・前胸部に温風式加温装置を使用するとよいでしょう。 例4:保温器具や加温装置がない場合 加温装置がない場合は,保温が大切になります。[kango-roo.com]

  • 後天性障害

    先天性や幼児期に発生した場合,発達の状況も障害に影響することがある。 障害内容は,上肢の機能障害,下肢の機能障害,体幹機能障害,不随意運動や失調,片まひ,四肢麻痺等があり,他の身体障害(視覚障害,聴覚・言語機能障害,内部障害)や知的障害,発達障害,精神障害が重複する場合もある。[www8.cao.go.jp]

さらなる症状