Create issue ticket

考えれる129県の原因 上肢の知覚障害

  • レイノー病

    レイノー病(レイノーびょう、英: Raynaud's disease)あるいはレイノー症候群(英: Raynaud syndrome、RS)とは、レイノー現象を主徴とする症候群である。原因の明らかでない原発性のものと膠原病に合併する二次性のものとに区別される。 寒冷時や冷水につかったときに四肢末梢部、とくに両手指が対称的に痛み、しびれ感とともに蒼白、あるいはチアノーゼなどの虚血症状をきたす場合で、若年女子に多発する。原因は明らかでない。1862年に状態を記述したフランスの医師モーリス・レイノー(fr:Maurice Raynaud (médecin))に因む。[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害について(まっしょうしんけいしょうがい)Neuropathy 脳神経外科というのは、時に“脳外科”ともいわれ、脳だけを診る科と思われがちですが、実は脳、脊髄、末梢神経といった神経系すべてを診る科です。[…][nms.ac.jp]

  • 帯状疱疹

    抄録 症例は66歳男性. 32歳から2型糖尿病, 52歳時に慢性C型肝炎による膜性増殖性糸球体腎炎からの末期腎不全で血液透析導入となった. X年2月, 腰痛の出現後から左下肢の筋力低下と両下肢痛が出現し歩行困難となったため入院となった. MRIにて胸椎2-3レベルの脊髄の腫大を認め, 左側よりにT1, T2強調画像で淡いhigh intensity areaを認めた. 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, 皮疹を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下していると皮疹が現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変,[…][doi.org]

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは、手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 1900年頃より提唱がなされている。病理学的解明は、1960年代頃にアメリカ合衆国のクリーブランド病院で整形外科部長を務めていたジョージ・ファレンによってなされている。 多くは特発性であるが、以下の関連は指摘されている。 職業性 アメリカ労働省職業安全衛生管理局 (OSHA) による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。 外傷性[…][ja.wikipedia.org]

  • 頸部脊椎症

    知覚障害、筋力低下などの神経根症状を呈する (2)保存的治療 安静、理学療法、薬物療法 頚部脊椎症と同じ。[matsuyama-shimin-hsp.or.jp] 脊椎・脊髄の仕組み 頸椎椎間板ヘルニア 頸椎症性脊髄症 頸椎後縦靱帯骨化症 腰痛症と腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 腰椎すべり症 変形性脊椎症 脊髄腫瘍 脊椎骨折 脊柱側弯症 頸椎症性脊髄症とは 加齢に伴う頸椎の変形により脊髄が圧迫されて、手足の知覚運動障害が生じる病気です。[rakuwa.or.jp] 4:正常 知覚 A.上肢 0:明白な知覚障害がある。 1:軽度の知覚障害またはしびれがある。 2:正常 B.下肢 0、1、2ともに上肢と同じ。 C.躯幹 0、1、2ともに上肢と同じ。 膀胱 0:尿閉。 1:高度の跛遺尿障害(残尿感など)。[shintakeo-hp.or.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    の疼痛、しびれ、脱力、知覚障害、筋萎縮、血管圧迫症状(脈拍減弱・消失、チアノーゼなど) 総腓骨神経が腓骨頭の後方でギプスやガングリオンにより圧迫されて生じる 下腿前面の疼痛、腫脹、足・足趾前方のしびれ、足背第1・2指間の知覚障害、足関節・足趾の背屈不能、足背動脈蝕知不能など 足底の疼痛・しびれ・知覚障害、足根管部の地ネル徴候など 中足骨頭の[studyblue.com] 症状 肩から上肢に放散する神経根支配領域の疼痛 支配神経に一致した知覚障害 神経支配を受けている筋肉の運動障害 深部腱反射の異常 *頚椎から出た神経根はC1 C8までの8本があり、この神経ごとに固有の部位へ分布しています。従って障害された根のレベルによっておのおの特徴的な神経障害症状がでますので、これらより障害レベルを類推します。[ikeda-c.jp] そこで、骨の損傷がなく、頸髄が強く揺すられたような場合では、頸髄の中心部の循環障害が起こり、そのせいで主に知覚神経が障害を受け、上肢(特に手)に強いしびれや痛みをきたすのです。 感覚過敏(アロディニアallodynia) 片頭痛発作時によくみられます。[yamamotoclinic.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある. 最も一般的なサブタイプは脊髄小脳性運動失調症1、2、3、6、および7であり、それらはすべてヌクレオチド反復拡大障害です。. 常染色体劣性運動失調症は通常小児期に発症します。最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である.[…][laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 子宮頸炎

    「疾病不會憑空降臨在我們身上,它們是日常種種違反自然的小罪惡累積而成的。當罪惡累積到一定程度,疾病就會出現。」在西方有醫學之父美名的希波克拉底(Hippocrates)如是說。 發炎,宜速戰速決 急性、短暫的發炎是身體的保護與修復機制,主要作用為處理外來病菌、毒素、寄生蟲的侵害。發炎的部位就是免疫系統與外來敵人的戰場,兩方勢力在此交鋒。 感冒[…][commonhealth.com.tw]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • 脊髄腫瘍 

    2ヶ月ほどの経過で、歩行障害上肢の巧緻運動障害知覚障害など脊髄症状が出現してきます。悪性度の高い腫瘍や腫瘍内に出血した時などは、症状が急速に進行することがあります。MRIが診断の決め手になりますが、腫瘍の種類まで鑑別することは必ずしも容易ではありません。[kameda.com]

さらなる症状