Create issue ticket

考えれる17県の原因 上肢の内反

  • 骨粗鬆症

    診療 木曜日:午後 予約 要予約 スタッフ紹介 役職・医師名 得意な分野 認定等 部長 田中 清和 たなか きよかず 脳血管障害のリハビリテーション 上肢・下肢切断のリハビリテーション 尖足の手術的治療 骨粗鬆症の骨折予防 脊椎圧迫骨折のリハビリテーション 日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導医 日本整形外科学会認定整形外科専門医[jreast.co.jp]

  • 血管運動の不安定性

    図 陳旧性Monteggia脱臼骨折に対する矯正骨切り術 図 肘の矯正骨切り術(左:術前、右:術後) 図 RA肘に対する人工肘関節置換術 ・スポーツ障害の治療 運動活動性の高い自衛官やスポーツ選手に対して、肩、肘、手関節の外傷・障害に対する治療を積極的に取り組んでいます。[ndmc.ac.jp] 保存的治療などで変形が残存した場合、矯正手術をおこなって上肢の機能が獲得できるように取り組んでいます。[ndmc.ac.jp]

  • 変形治癒骨折

    図 陳旧性Monteggia脱臼骨折に対する矯正骨切り術 図 肘の矯正骨切り術(左:術前、右:術後) 図 RA肘に対する人工肘関節置換術 ・スポーツ障害の治療 運動活動性の高い自衛官やスポーツ選手に対して、肩、肘、手関節の外傷・障害に対する治療を積極的に取り組んでいます。[ndmc.ac.jp] 保存的治療などで変形が残存した場合、矯正手術をおこなって上肢の機能が獲得できるように取り組んでいます。[ndmc.ac.jp]

  • 肘の骨折

    しかしずれた結果として、上肢が肘で横方向に15度以上曲がると(肘変形)、見かけが悪いだけでなく、やがて上肢の機能が障害される可能性があり、追加の治療を検討することがあります( 図6 )。[jsfr.jp] 図6.上腕骨顆上骨折後の肘変形 また頻度は非常に少ないですが、上腕骨顆上骨折後に、上腕骨の一部に成長障害(上腕骨滑車の無腐性壊死)が生じたために、肘関節が変形することもあります( 図7 )。[jsfr.jp]

  • 足部骨髄炎

    変形矯正・脚延長 変形矯正・脚延長(骨延長) スタッフ: 嶋 洋明、守 克則 1.対象疾患 ・先天異常や骨腫瘍による上肢,下肢の短縮 ・骨折後の脚長差、変形 ・難治性骨髄炎,難治性偽関節 ・外傷後の足部変形(尖足) など 2.当科での治療 ・創外固定器(イリザロフやテーラーフレームなど)を用いて短縮した骨を緩徐に延長します。[ort-osaka-med.jp]

  • 肘の内側上顆炎

    投球動作に係わる骨格筋群のバランス異常 ・・外肘 ・反張肘(反りが強い肘) ・インナーマッスルとアウターマッスル、そして肘、肩、肩甲骨、上肢、体幹、下半身の筋力、柔軟性のバランス ※これに関しては専門的な知識が必要ですのでご相談ください。[terunuma.co.jp]

  • 筋痙縮

    下肢は、上肢より回復程度が良かったのですが、小指側から傾向が出ていたので、歩行は常に神経を遣い外では杖を使っていました。治療は、先ず上肢から受けました。結果を、当時の記録の通りに書きます。[web.sapmed.ac.jp]

  • スプレンゲル変形

    特発性側弯症、腰椎分離症、椎間板ヘルニアなど 斜頚:筋性斜頚、炎症性斜頚、環軸椎回旋位固定、環軸椎亜脱臼など 腫瘍:外骨腫、骨のう腫、好酸球性肉芽腫症、軟骨芽腫など その他:骨系統疾患、先天奇形症候群、血友病性関節症など 治療実績 県内外から多数の患者が訪れ、主に骨成長障害(骨端線早期閉鎖)、先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、[pref.chiba.lg.jp] 肩・肘・手など上肢の難治性疾患も積極的に治療している。側弯症は非常勤医による専門外来で対応。 乳幼児における骨・関節の内視鏡手術では国内随一の実績を誇る。難治性疾患に対する臨床研究を活発に行い、その成果を海外の学会・雑誌で数多く報告している。[pref.chiba.lg.jp]

  • 先天性頸椎脊椎管狭窄症

    ページの先頭に戻る 整形外科紹介 主な対象疾患  関節リウマチ・痛風・股関節痛・膝関節痛・肩関節痛等 関節変性疾患  腰痛・頚部痛・上肢下肢の痺れ等 脊椎・脊髄疾患および末梢神経障害  小児股関節脱臼・先天性足 小児整形外科疾患  骨折・脱臼・靭帯損傷等 上肢下肢一般外傷 整形外科の特色 脊椎脊髄外科 高齢化社会となり、脊椎疾患を抱える[west-medical-center.city.nagoya.jp]

  • 先天性斜頸

    特発性側弯症、腰椎分離症、椎間板ヘルニアなど 斜頚:筋性斜頚、炎症性斜頚、環軸椎回旋位固定、環軸椎亜脱臼など 腫瘍:外骨腫、骨のう腫、好酸球性肉芽腫症、軟骨芽腫など その他:骨系統疾患、先天奇形症候群、血友病性関節症など 治療実績 県内外から多数の患者が訪れ、主に骨成長障害(骨端線早期閉鎖)、先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、[pref.chiba.lg.jp] 肩・肘・手など上肢の難治性疾患も積極的に治療している。側弯症は非常勤医による専門外来で対応。 乳幼児における骨・関節の内視鏡手術では国内随一の実績を誇る。難治性疾患に対する臨床研究を活発に行い、その成果を海外の学会・雑誌で数多く報告している。[pref.chiba.lg.jp]

さらなる症状