Create issue ticket

考えれる64県の原因 上肢の内反

  • 骨粗鬆症

    診療 木曜日:午後 予約 要予約 スタッフ紹介 役職・医師名 得意な分野 認定等 部長 田中 清和 たなか きよかず 脳血管障害のリハビリテーション 上肢・下肢切断のリハビリテーション 尖足の手術的治療 骨粗鬆症の骨折予防 脊椎圧迫骨折のリハビリテーション 日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導医 日本整形外科学会認定整形外科専門医[jreast.co.jp]

  • 十二指腸憩室

    《続きを見る》 22 docetaxel 29 上肢リンパ浮腫、中心静脈カテーテル感染、倦怠感、出血、化膿性脊椎炎、回神経麻痺、口内炎、口腔トラブル、口腔粘膜炎、口腔粘膜炎、嘔吐、好中球減少、強皮症、微熱、急性呼吸促迫症候群、急性骨髄性白血病、悪心、末梢神経障害、死亡、気胸、消化不良、溶連菌性敗血症、無気肺、爪脱落、発熱性好中球減少症、[selimic.imic.or.jp]

  • 外反

    MCL リンク用ソース ポップアップ表示用ソース (ないはん) 上肢・下肢の中心軸に対して、内側に反っている状態。 脛骨 (けいこつ)が反した状態が内膝でO脚の原因となる。 外反 リンク用ソース ポップアップ表示用ソース[kansetsu-life.com]

  • 血管運動の不安定性

    図 陳旧性Monteggia脱臼骨折に対する矯正骨切り術 図 肘の矯正骨切り術(左:術前、右:術後) 図 RA肘に対する人工肘関節置換術 ・スポーツ障害の治療 運動活動性の高い自衛官やスポーツ選手に対して、肩、肘、手関節の外傷・障害に対する治療を積極的に取り組んでいます。[ndmc.ac.jp] 保存的治療などで変形が残存した場合、矯正手術をおこなって上肢の機能が獲得できるように取り組んでいます。[ndmc.ac.jp]

  • 変形治癒骨折

    図 陳旧性Monteggia脱臼骨折に対する矯正骨切り術 図 肘の矯正骨切り術(左:術前、右:術後) 図 RA肘に対する人工肘関節置換術 ・スポーツ障害の治療 運動活動性の高い自衛官やスポーツ選手に対して、肩、肘、手関節の外傷・障害に対する治療を積極的に取り組んでいます。[ndmc.ac.jp] 保存的治療などで変形が残存した場合、矯正手術をおこなって上肢の機能が獲得できるように取り組んでいます。[ndmc.ac.jp]

  • 内反股

    MCL リンク用ソース ポップアップ表示用ソース (ないはん) 上肢・下肢の中心軸に対して、内側に反っている状態。 脛骨 (けいこつ)が反した状態が内膝でO脚の原因となる。 外反 リンク用ソース ポップアップ表示用ソース[kansetsu-life.com]

  • 肘の骨折

    しかしずれた結果として、上肢が肘で横方向に15度以上曲がると(肘変形)、見かけが悪いだけでなく、やがて上肢の機能が障害される可能性があり、追加の治療を検討することがあります( 図6 )。[jsfr.jp] 図6.上腕骨顆上骨折後の肘変形 また頻度は非常に少ないですが、上腕骨顆上骨折後に、上腕骨の一部に成長障害(上腕骨滑車の無腐性壊死)が生じたために、肘関節が変形することもあります( 図7 )。[jsfr.jp]

  • 足部骨髄炎

    変形矯正・脚延長 変形矯正・脚延長(骨延長) スタッフ: 嶋 洋明、守 克則 1.対象疾患 ・先天異常や骨腫瘍による上肢,下肢の短縮 ・骨折後の脚長差、変形 ・難治性骨髄炎,難治性偽関節 ・外傷後の足部変形(尖足) など 2.当科での治療 ・創外固定器(イリザロフやテーラーフレームなど)を用いて短縮した骨を緩徐に延長します。[ort-osaka-med.jp]

  • 海綿刺し傷

    脛骨(けいこつ)が反した状態が内膝でO脚の原因となる。[kansetsu-life.com] 外転', 'link_word' '外転', 'link_outer_word' '', 'link_outer_to' '', 'related_word' '', 'image_file' 'dict_img_100.gif', ), 131 array ( 'id' '131', 'word' '', 'kana' 'ないはん',[kansetsu-life.com] 'initial' 'な', 'detail' '上肢・下肢の中心軸に対して、内側に反っている状態。[kansetsu-life.com]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    4.病型 上肢型:書痙などで始まり、周辺に広がる。反対側にも生じ、やがて上半身、頸部にひろがる。 下肢型:歩行異常で始まり、尖足など異常肢位をとる。体幹にひろがって屈曲、捻転を生じる。 3 26歳に症状発現の”window“があり、上肢か下肢のジストニアを生じる。65%はその後5 10年で進行して全身性か多巣性になる。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状