Create issue ticket

考えれる7県の原因 上強膜炎

  • 関節リウマチ

    や強膜炎が見られることがあるが、強膜炎を発症している場合は通常その他の関節外症状も合併していることが多く、血管炎の一症状である可能性があり、悪性関節リウマチの診断を念頭におかねばならない。 間質性肺炎、気道病変、胸膜病変、リウマチ結節、血管病変、睡眠時無呼吸症候群(顎関節病変、輪状披裂関節病変)などを合併することがある。[ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    、体重減少(6か月以内に6 以上) ②臓器症状:紫斑、多関節(痛)、、多発性単神経炎、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、消化 管出血(吐血・下血)、胸膜炎 2.主要組織所見 ①E、L、Kの巨細胞を伴う壊死性肉芽腫性炎 ②免疫グロブリン沈着を伴わない壊死性半月体形成腎炎 ③小・細動脈の壊死性肉芽腫性血管炎 3.主要検査所見 Proteinase[nanbyou.or.jp] 1.主要症状 (1)上気道(E)の症状 E:鼻(膿性鼻漏、出血、鞍鼻)、眼(眼痛、視力低下、眼球突出)、耳(中耳炎)、口腔・咽頭痛(潰瘍、嗄声、気道閉塞) (2)肺(L)の症状 L:血痰、咳嗽、呼吸困難 (3)腎(K)の症状 血尿、蛋白尿、急速に進行する腎不全、浮腫、高血圧 (4)血管による症状 ①全身症状:発熱(38 以上、2週間以上)[nanbyou.or.jp]

  • クローン病

    クローン病(クローンびょう、英: Crohn's disease、略: CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で、厚生労働省より特定疾患に指定されている。 潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。 1932年にニューヨーク大学のマウントサイナイ病院の内科医ブリル・バーナード・クローンらによって限局性回腸炎として報告される。後に病名は改められたが回腸、特に回腸末端から盲腸にかけての回盲部に好発する点は確かである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、英語: Systemic lupus erythematosus; SLE, ドイツ語: Lupus erythematodes)とは、なんらかの原因によって種々の自己抗体を産生し、それによる全身性の炎症性臓器障害を起こす自己免疫疾患。産生される自己抗体の中でも、抗DNA抗体は特異的とされる。特定疾患(難病)に指定されている。動脈硬化性心血管病による死亡率および罹病率も高い。 全身性は文字通り体中どこにでも症状が起こること、エリテマトーデスは紅斑(エリテマ)症をそれぞれ意味し、本疾患に特徴的に生じる皮疹に由来する。英語の病名中にある lupus[…][ja.wikipedia.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    顕微鏡的多発血管炎(けんびきょうてきたはつけっかんえん,Microscopic PolyAngitis; MPA)とは、ANCA関連血管炎症候群のうち、肉芽腫性病変のみられないもの。 毛細血管や細動脈、細静脈の血管壁に炎症をおこし、出血したり血栓を形成したりする。 毛細血管の多い腎臓と肺が好発部位。 腎症状(腎機能低下、血尿、蛋白尿など、急速進行性糸球体腎炎(RPGN)は重症) 肺症状(肺出血または間質性肺炎など) その他の臓器の症状(発熱、倦怠感、体重減少、筋痛、関節痛、口内炎、出血、多発性単神経炎など) MPO-ANCA陽性[…][ja.wikipedia.org]

  • マッカルウェルズ症候群
  • 血管炎

    このほか、心筋、ブドウ、男性では精巣痛などが見られます。 検査と診断 結節性多発動脈炎では、赤沈の亢進、CRPの上昇、白血球増加、貧血、血小板増多が見られます。尿では、潜血陽性、軽度のたんぱく尿、沈渣で赤血球が認められます。自己抗体は検出されません。[twmu.ac.jp]

さらなる症状