Create issue ticket

考えれる11県の原因 三角筋下包痛

  • 五十肩

    五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。正式には肩関節周囲炎(英: shoulder periarthritis)という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。すなわち、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 回旋腱板腱炎

    水泳や野球によって回旋腱板腱炎を発症し、肩を痛める危険性があることに注意が必要です。 回旋腱板腱炎(かいせんけんばんけんえん)とは、肩の内側にある回旋腱板("回旋筋腱板" とも表記)と呼ばれる部位が、炎症を起こす症状のこと。 回旋腱板腱炎が酷い場合には、就寝時や安静にしている時ですら 肩に突き刺すような鋭い痛みを感じ、日常生活にも大きな支障を及ぼします。 そんな回旋腱板腱炎の原因は、肩や腕を酷使することで回旋腱板が損傷してしまうため。そして、一度大きく損傷した回旋腱板は、手術ですら完治が難しいと言われています。(回旋腱板についての詳細は後述) 例えば、俗に「野球肩」と呼ばれ[…][hotnews8.net]

  • 肩腱板損傷

    症状 色々な方向に動かすことのできる肩関節は腱板という腱で覆われています。腱板は加齢とともに少しずつ傷んでいくことが多く、中高年者が重いものを持ったり、転倒したりするなどして断裂することが多いと言われています。若年者のスポーツによるものも見られます。痛みの為自力で腕を上げられない、動かすと引っかかって痛みが出る、肩の力が入らない、などの症状が出ます。 治療方法 薬物療法 痛みが強い時期には消炎鎮痛剤の内服や注射などを使用し、関節周囲の炎症を抑えます。 理学療法 痛みが強い時期を過ぎたらリハビリを開始します。 外科療法(手術)[…][hachiya.or.jp]

  • 頸部脊椎症

    ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。 これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています(図1)。 この部分の神経は脊髄と名付けられています。 頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれています。 各神経根は比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれます)を通って手や肩に向かっています(図2)。 一側の上肢の特定の部分に「しびれ」や鈍痛が出現します。[…][heiseihp.com]

  • 関節炎

    後頚部では頚椎棘突起間滑液炎が関与する。肩関節周囲では肩峰滑液炎や三角下滑液包炎が関与する。「肩こりがひどい」、「肩が上がらず着替えができない」、「背中に板がはいっているよう」、「寝返りがうてない」、「首が痛い」という主訴で受診することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    後頚部では頚椎棘突起間滑液炎が関与する。肩関節周囲では肩峰滑液炎や三角下滑液包炎が関与する。「肩こりがひどい」、「肩が上がらず着替えができない」、「背中に板がはいっているよう」、「寝返りがうてない」、「首が痛い」という主訴で受診することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 膝の関節炎

    後頚部では頚椎棘突起間滑液炎が関与する。肩関節周囲では肩峰滑液炎や三角下滑液包炎が関与する。「肩こりがひどい」、「肩が上がらず着替えができない」、「背中に板がはいっているよう」、「寝返りがうてない」、「首が痛い」という主訴で受診することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 偽痛風

    後頚部では頚椎棘突起間滑液炎が関与する。肩関節周囲では肩峰滑液炎や三角下滑液包炎が関与する。「肩こりがひどい」、「肩が上がらず着替えができない」、「背中に板がはいっているよう」、「寝返りがうてない」、「首が痛い」という主訴で受診することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 少関節炎

    後頚部では頚椎棘突起間滑液炎が関与する。肩関節周囲では肩峰滑液炎や三角下滑液包炎が関与する。「肩こりがひどい」、「肩が上がらず着替えができない」、「背中に板がはいっているよう」、「寝返りがうてない」、「首が痛い」という主訴で受診することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 若年性乾癬性関節炎

    後頚部では頚椎棘突起間滑液炎が関与する。肩関節周囲では肩峰滑液炎や三角下滑液包炎が関与する。「肩こりがひどい」、「肩が上がらず着替えができない」、「背中に板がはいっているよう」、「寝返りがうてない」、「首が痛い」という主訴で受診することが多い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状