Create issue ticket

考えれる117県の原因 一部の患者は発作間進行性運動失調が起こる場合があ

次の結果を表示: 一部の患者は発作間進行性運動失調が起こる場合があ
代わりに検索: 一部の患者は発作間進行性運動失調が起こる場合がある

  • 末梢神経障害

    ニューロパチーを伴う遺伝性運動失調としては フリードライヒ失調症 、 ビタミンE欠乏 、 脊髄小脳変性症 、無βリポ蛋白血症などが知られている。DNA修復障害としては毛細血管拡張性運動失調、Cockayne症候群などが知られている。巨大軸索ニューロパチーでは ボルフィリン症 や家族性アミロイドポリニューロパチーなどが知られている。[ja.wikipedia.org] 重篤な感覚性運動失調がある患者では感覚神経節障害や感覚性神経細胞障害が考えられる。感覚性神経節細胞障害の最も多い原因は傍腫瘍性神経症候群とシェーグレン症候群である。[ja.wikipedia.org] しかし116mg/day以上の高用量の摂取は感覚異常と感覚性運動失調を伴う重篤なニューロパチーを起こす。またピリドキシンの欠乏は非特異的な多発ニューロパチーを起こす。 有機物によるニューロパチー [ 編集 ] とくに n-ヘキサン 中毒が有名である。シンナー遊びや工場での作業で起こりえる。[ja.wikipedia.org]

  • 一過性脳虚血発作

    内頚動脈領域症状…単麻痺ないし片麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org]

  • 腫瘍随伴症候群

    傍腫瘍性神経症候群の症状としては、運動失調(歩行困難等)、眩暈、病的眼球振盪、嚥下困難、筋緊張低下、運動協調性低下、不明瞭発語、健忘、視覚異常、睡眠障害、認知症、四肢感覚脱失が挙げられる。 傍腫瘍性神経症候群を伴う主な癌種は、乳癌、卵巣腫瘍であるが、他の癌腫でも発現し得る。 治療法としては、下記のようなものがある。[ja.wikipedia.org]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    治験情報の検索 情報提供者 研究班名 運動失調症の医療基盤に関する調査研究班 研究班名簿 研究班ホームページ 情報更新日 平成27年2月6日(研究班名簿:平成30年4月更新)[nanbyou.or.jp] 7.この病気にはどのような治療法がありますか リハビリテーションにより小脳性運動失調は一時的に改善することがあります。ふらつきに伴い、転倒しやすくなります。廊下や階段に手すりをつけたり、杖・歩行器・車椅子など、障害の程度に応じて利用することにより日常生活の質を維持することが大切です。[nanbyou.or.jp] ほぼ確実例尿失禁もしくは起立性低血圧を含む自律神経障害の存在を必須とし、L-DOPA反応不良のパーキンソン症状もしくは小脳性運動失調の存在が必要である。 疑い例小脳性運動失調もしくはL-DOPA反応性を問わないパーキンソン症候群に加え、ほぼ確実例の基準を満たさない自律神経障害に加えて、少なくともひとつの補足的特徴を有する。[ja.wikipedia.org]

  • 運動失調

    感覚が失調をきたすのではなく、あくまで感覚が原因で運動失調をきたすことであり、注意を要する。表在覚の障害もあれば、末梢神経障害である。 この他に大脳に起因する運動失調がある。 運動失調を引き起こす神経中枢系障害の部位別にこれを分類すると以下のようになる。[ja.wikipedia.org] しかし運動失調を起こす最も代表的な疾患は小脳疾患であり、様々な障害が引き起こされて、結果的に運動失調を呈する。 運動失調は全身性疾患または神経疾患によって起こりえる。全身疾患としては過労、ビタミン欠乏、起立性低血圧が知られている。神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 脊髄性運動失調症(英:spinal ataxia、独:spinale Ataxie)は後索運動失調症ともいう。脊髄後索障害により位置覚、関節覚、握覚、振動覚、重力覚などの深部感覚や平衡感覚が損なわれ、失調を来すものである。[ja.wikipedia.org]

  • バルビツール酸系過量服薬

    過量服薬の症状は、一般的に脱力、運動失調、思考の困難、会話の遅さ、間違った判断、眠気、浅い呼吸、ふらつきなどである。重篤な症例では昏睡あるいは死亡する結果となる。 [1] バルビツール酸系の致死量は、 耐性 があるために、一個人と他者では、大きくばらつきがある [2] 。過量服薬についての一般的な解説は オーバードース を参照のこと。[ja.wikipedia.org]

  • 低銅血症

    影響を受けた動物は運動失調や痙性(en:spasticity)を呈するようになる。 銅欠乏がヒトに貧血を起こす事例は稀であるが、長年にわたり知られている。 近年、反芻類の脊柱湾曲症に類似した症状、すなわち、進行性の痙性・運動失調・ニューロパチーも生じることが分かってきた。 貧血を伴うこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    またフリードリッヒ運動失調症やビタミンE欠乏症も類似する感覚乖離を示す。この型の感覚障害では感覚性運動失調やロンベルグ試験の他、ジンジンするしびれや電撃痛、乱切痛、レルミット徴候(放電痛)がみられることが多い。[ja.wikipedia.org] 階段を下るとき辛いというのは下肢の痙性麻痺や運動失調を強く疑うエピソードである。上りが辛いという場合は筋力低下は疑えるものの診断学的価値はかなり低い情報となってしまう。怒責や咳、くしゃみによって放散痛が生じることも脊髄病変では特徴的である。[ja.wikipedia.org] 症状は運動障害(深部感覚性運動失調)として現れるので受動的運動姿勢覚(いわゆる位置覚)障害が軽度のときは、運動麻痺による運動障害と考えられることがある。皮質特有の感覚性消去現象を見出すこともできる。表在感覚が優位に障害されるものは偽性神経根型といわれるものも含まれる。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能低下症

    症状として神経過敏、全身性発作、テタニー、顔面筋の痙攣、運動失調、歩様異常、下痢、嘔吐などが認められる。ストレス、運動、騒音などが誘引となり突然に発症する。血清PTH濃度の低下、PTHの生理的効果の低下、低カルシウム血症、高リン血症、代謝性アルカローシス、さらに呼吸促迫時には呼吸性アルカローシスが認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性脳炎

    また、多発性硬化症と同様に炎症巣の部位を反映し、情動不安定、感覚消失、視神経炎、運動失調、筋委縮、痙れんなどの症状を示しうる。 脱髄はフロイントの完全アジュバントのようなアジュバントで乳化した、脳抽出液、中枢神経系抽出液(ミエリン塩基性タンパク質など)、もしくは上記抽出液由来のペプチドを接種することで起きる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状