Create issue ticket

考えれる23県の原因 一過性肝腫大

  • 可逆性チトクロム C オキシダーゼ欠乏があるミトコンドリア筋症

    タイトル: 公表特許公報(A)_例えばAIDSまたはアルツハイマーの治療のための治療剤としてのβ メラノトロピンの使用 出願番号: 2010523432 年次: 2010 IPC分類: C07K 14/68,A61K 38/22,A61P 35/00,A61P 29/00,A61P 31/00,A61P 9/00,A61P 3/00,A61P 37/02,A61P 25/00,A61P 31/18,A61P 25/28,A61P 21/02,A61P 25/16,A61P 27/02,A61P 25/08,A61P 7/06,A61P 9/10,A61P 13/12,A61P 1/16,A61P 15/08,A61P 31/16,A61K[…][biosciencedbc.jp]

  • 胆嚢膿瘍

    したがって,急性胆嚢炎では胆嚢周囲の実質がダイナミック CT の動脈相にて一過に濃染を示す(図 5)。 軽症の急性胆嚢炎では,胆嚢壁肥厚がなく胆嚢しか認められないことも多い。胆嚢のサイズには個人差もあるので,胆嚢炎の確定診断は胆嚢の腫大のみでは困難である。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 熱性けいれん

    […] d.若年性特発性関節炎 全身型関節炎は、2週間以上続く弛張熱を伴い、①一過で非固定性の紅斑、②全身性リンパ節腫脹、③または脾腫大、④漿膜炎、のうち1つ以上の症候を伴う関節炎と定義されます。 f.その他 頻度は高くありませんが、直前に先行する他の疾患に続発して発症し、関連性が強く疑われる場合もあります。[tokushukai.or.jp]

  • 川崎病

    […] d.若年性特発性関節炎 全身型関節炎は、2週間以上続く弛張熱を伴い、①一過で非固定性の紅斑、②全身性リンパ節腫脹、③または脾腫大、④漿膜炎、のうち1つ以上の症候を伴う関節炎と定義されます。 f.その他 頻度は高くありませんが、直前に先行する他の疾患に続発して発症し、関連性が強く疑われる場合もあります。[tokushukai.or.jp]

  • 高アンモニア血症3型

    NICCD 1歳未満の小児では、成長遅滞、一過内胆汁うっ滞、肝、びまん性脂肪肝、線維化を伴う肝実質への細胞浸潤、低蛋白血症、凝固因子減少、溶血性貧血、低血糖などがみられる。NICCDは一般的には重症ではなく適切な治療で1歳までにはしばしば軽快するが、なかには感染症や肝硬変を発症し、肝移植が必要となる者もいる。[grj.umin.jp] シトリン欠損による新生児肝内胆汁うっ滞症(NICCD) 1歳未満のNICCD患児は一過内胆汁うっ滞を呈する(表4を参照)。その他の所見には、肝を伴うびまん性脂肪肝、肝線維化を合併する肝実質への細胞浸潤、低出生体重、成長遅滞、低蛋白血症、凝固因子の低下、溶血性貧血、重症度の様々な肝機能障害(主には軽症)、低血糖などがある。[grj.umin.jp]

  • 若年性強直性脊椎炎

    を触れることは少ない。 心肺症状 心膜炎、胸膜炎、一過の肺浸潤影などは30〜40%程度に見られる。重症の間質性肺炎や心筋炎もまれな報告がある。 血球貪食症候群(HPS)またはマクロファージ活性化症候群(MAS) 発熱、汎血球減少、肝障害、DIC、フェリチン著増(数千〜数万)で特徴づけられる重篤な病態である。[ryumachi.umin.jp]

  • シトルリン血症

    NICCD 1歳未満の小児では、成長遅滞、一過内胆汁うっ滞、肝、びまん性脂肪肝、線維化を伴う肝実質への細胞浸潤、低蛋白血症、凝固因子減少、溶血性貧血、低血糖などがみられる。NICCDは一般的には重症ではなく適切な治療で1歳までにはしばしば軽快するが、なかには感染症や肝硬変を発症し、肝移植が必要となる者もいる。[grj.umin.jp] シトリン欠損による新生児肝内胆汁うっ滞症(NICCD) 1歳未満のNICCD患児は一過内胆汁うっ滞を呈する(表4を参照)。その他の所見には、肝を伴うびまん性脂肪肝、肝線維化を合併する肝実質への細胞浸潤、低出生体重、成長遅滞、低蛋白血症、凝固因子の低下、溶血性貧血、重症度の様々な肝機能障害(主には軽症)、低血糖などがある。[grj.umin.jp]

  • 成人発症型

    を触れることは少ない。 心肺症状 心膜炎、胸膜炎、一過の肺浸潤影などは30〜40%程度に見られる。重症の間質性肺炎や心筋炎もまれな報告がある。 血球貪食症候群(HPS)またはマクロファージ活性化症候群(MAS) 発熱、汎血球減少、肝障害、DIC、フェリチン著増(数千〜数万)で特徴づけられる重篤な病態である。[ryumachi.umin.jp]

  • 一過性新生児膿疱性メラニン沈着症

    成人(発症)Still病 adult (onset) Still’s disease 男女比1:2、弛張熱(39度以上、1週間以上持続)、関節痛(2週間以上持続)、紅斑(一過でサーモン色)、白血球増多(10000/mm3以上、好中球80%以上)を特徴とし、リンパ腺機能異常、咽頭痛などウイルス感染症に類似した病態もみられる。[shibuya-hifuka.jp]

  • 冠状動脈細小血管障害

    […] d.若年性特発性関節炎 全身型関節炎は、2週間以上続く弛張熱を伴い、①一過で非固定性の紅斑、②全身性リンパ節腫脹、③または脾腫大、④漿膜炎、のうち1つ以上の症候を伴う関節炎と定義されます。 f.その他 頻度は高くありませんが、直前に先行する他の疾患に続発して発症し、関連性が強く疑われる場合もあります。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状