Create issue ticket

考えれる73県の原因 ループス抗凝固因子

  • 抗リン脂質抗体症候群

    凝固因子陽性 ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上) ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性( 99パーセンタイル) 臨床基準と検査基準の両方で、それぞれ1項目以上陽性のものをAPSと診断する。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 概要 1.概要 リン脂質抗体(aPL)には、カルジオリピン抗体(aCL)、ループス凝固因子(LAC)、ワッセルマン反応(STS)偽陽性などが含まれるが、これらの抗体を有し、臨床的に動・静脈の血栓症、血小板減少症、習慣流産・死産・子宮内胎児死亡などをみる場合に抗リン脂質抗体症候群(APS)と称せられる。[nanbyou.or.jp] 小血管での血栓症 妊娠に伴う所見 妊娠第10週以降の形態学的な正常な胎児の原因不明の死亡 重症の子癇前症・子癇または高度の胎盤機能不全による妊娠第34週以前の形態学的な正常な児の早産 母体の解剖学的・内分泌学的異常、染色体異常を除外した、妊娠第10週以前の3回以上連続した自然流産 検査基準(12週間以上5年未満の間隔で2回以上陽性となる) ループス[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    リン脂質抗体症候群(APS) 1986年ヒューズという人が リン脂質抗体 (カルジオリピン抗体、ループス凝固因子、抗CLβ2GPⅠ抗体、抗プロトロンビン抗体)を持つ 患者は血栓症を起こしやすく、妊娠すると流産を繰り返す と報告しました。[hmh.or.jp] 凝固因子を示す検査所見 ループス凝固因子、抗カルジオリピン抗体、又は他の抗リン脂質抗体が陽性 * 【出典】 Symmons et al.[med.osaka-u.ac.jp] を指摘 82 リンパ球数 Lupusに関連のない異常値の場合、その源信を指摘 83 血小板数 Lupusに関連のない異常値の場合、その源信を指摘 84 溶血を示す検査所見 クームス試験陽性および溶血の所見(ビリルビン上昇、または網状赤血球数上昇、又はハプトグロビン減少) 85 クームス試験陽性 クームス試験陽性のみで溶血の所見なし 86 ループス[med.osaka-u.ac.jp]

  • 薬物性紅斑性狼瘡

    リン脂質抗体症候群(APS) 1986年ヒューズという人が リン脂質抗体 (カルジオリピン抗体、ループス凝固因子、抗CLβ2GPⅠ抗体、抗プロトロンビン抗体)を持つ 患者は血栓症を起こしやすく、妊娠すると流産を繰り返す と報告しました。[hmh.or.jp] 本鎖DNA 抗体陽性、またはSm 抗体陽性、またはリン脂質抗体陽性(カルジオリピン抗体、ループス凝固因子、梅毒反応偽陽性のいずれか一つ)) (11) 抗核抗体陽性 [診断の判定] 上記項目のうち4項目以上を満たす場合、全身性エリテマトーデスと診断する。[jpma-nanbyou.com] 免疫学的異常 a) DNA抗体:天然のnativeDNAに対する抗体の異常高値。 b) Sm抗体:Sm核抗原に対する抗体の存在。 c) IgGあるいはIgMカルジオリピン抗体陽性、ループス凝固因子陽性、もしくは血清梅毒反応の生物学的偽陽性(少なくとも6か月間陽性)。 11.[med.u-fukui.ac.jp]

  • 肺梗塞

    凝固因子陽性 ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上) ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性( 99パーセンタイル) 臨床基準と検査基準の両方で、それぞれ1項目以上陽性のものをAPSと診断する。[vas-mhlw.org] 後天的な血栓性素因としては、 ループス・エリテマトーデス を含む リン脂質抗体症候群 、 ベーチェット病 などを含む 血管炎症候群 などが原因となる [12] 。 欧米では、凝固系第V因子の変異(factor V Leiden)がみかけられるが、日本では見つかっていない [13] 。[ja.wikipedia.org] 小血管での血栓症 妊娠に伴う所見 妊娠第10週以降の形態学的な正常な胎児の原因不明の死亡 重症の子癇前症・子癇または高度の胎盤機能不全による妊娠第34週以前の形態学的な正常な児の早産 母体の解剖学的・内分泌学的異常、染色体異常を除外した、妊娠第10週以前の3回以上連続した自然流産 検査基準(12週間以上5年未満の間隔で2回以上陽性となる) ループス[vas-mhlw.org]

  • 後天性プロトロンビン欠乏症

    そのような病気としては、播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群(がんで発生することが多い)やリン脂質抗体(カルジオリピン抗体)症候群(ループス凝固因子」の存在を含む)があり、いずれも血液凝固因子の活性が過剰になるため、血液凝固のリスクが高まります。 凝固亢進状態とともに凝固リスクを高める要因は、ほかにもあります。[msdmanuals.com] D684 後天性凝固因子欠乏症 H00995 H01759 アンチトロンビンIII欠乏症 フィブリノゲン減少症 ループスアンチコアグラント ループス血小板減少症 原発性リン脂質抗体症候群 抗リン脂質抗体症候群 低線維素血症 無フィブリノゲン血症 プロテインC欠乏症 プロテインS欠乏症 ヘパリン・コファクターII欠乏症 アンチトロンビン欠乏症[kegg.jp] 遺伝性欠乏症 H00220 H00222 H00223 H00941 H00945 H02256 H02257 高ヘパリン血症 循環性抗凝血因子症 D683 循環抗凝固薬による出血性障害 ビタミンK欠乏による凝固因子欠乏 肝疾患による凝固因子欠乏 後天性凝固因子欠乏症 後天性低プロトロンビン血症 後天性血友病A 後天性血友病B 後天性第XIII因子欠乏症[kegg.jp]

  • 円板状エリテマトーデス

    ループス・アンチコアグラント(ループス凝固因子) 全身性エリテマトーデスの患者さんから見つかった物質で、抗リン脂質抗体の一つです。検査の上では血液の凝固を抑制する作用として検出されますが、生体内では他の抗リン脂質抗体と同じように動脈や静脈の血栓を起しやすくする方に働きます。[jpma-nanbyou.com] 凝固因子を示す検査所見 ループス凝固因子、抗カルジオリピン抗体、又は他の抗リン脂質抗体が陽性 * 【出典】 Symmons et al.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 凝固因子陽性 ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上) ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性( 99パーセンタイル) 臨床基準と検査基準の両方で、それぞれ1項目以上陽性のものをAPSと診断する 皮膚筋炎/多発性筋炎 (DM;Dermatomyositis/PM[osaka-med.ac.jp]

  • 腸間膜梗塞

    凝固因子陽性 ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上) ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性( 99パーセンタイル) 臨床基準と検査基準の両方で、それぞれ1項目以上陽性のものをAPSと診断する。[vas-mhlw.org] 小血管での血栓症 妊娠に伴う所見 妊娠第10週以降の形態学的な正常な胎児の原因不明の死亡 重症の子癇前症・子癇または高度の胎盤機能不全による妊娠第34週以前の形態学的な正常な児の早産 母体の解剖学的・内分泌学的異常、染色体異常を除外した、妊娠第10週以前の3回以上連続した自然流産 検査基準(12週間以上5年未満の間隔で2回以上陽性となる) ループス[vas-mhlw.org]

  • 胎盤梗塞

    凝固因子陽性 ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上) ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性( 99パーセンタイル) 臨床基準と検査基準の両方で、それぞれ1項目以上陽性のものをAPSと診断する。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 小血管での血栓症 妊娠に伴う所見 妊娠第10週以降の形態学的な正常な胎児の原因不明の死亡 重症の子癇前症・子癇または高度の胎盤機能不全による妊娠第34週以前の形態学的な正常な児の早産 母体の解剖学的・内分泌学的異常、染色体異常を除外した、妊娠第10週以前の3回以上連続した自然流産 検査基準(12週間以上5年未満の間隔で2回以上陽性となる) ループス[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 腸間膜動脈血栓症

    凝固因子陽性 ELISAで測定したIgG/IgM抗カルジオリピン抗体中等度以上陽性(40U/ml以上) ELISAで測定したIgG/IgM抗β2-グリコプロテインI抗体陽性( 99パーセンタイル) 臨床基準と検査基準の両方で、それぞれ1項目以上陽性のものをAPSと診断する。[vas-mhlw.org] 小血管での血栓症 妊娠に伴う所見 妊娠第10週以降の形態学的な正常な胎児の原因不明の死亡 重症の子癇前症・子癇または高度の胎盤機能不全による妊娠第34週以前の形態学的な正常な児の早産 母体の解剖学的・内分泌学的異常、染色体異常を除外した、妊娠第10週以前の3回以上連続した自然流産 検査基準(12週間以上5年未満の間隔で2回以上陽性となる) ループス[vas-mhlw.org]

  • 深部静脈血栓症

    後天的な血栓性素因としては、ループス・エリテマトーデスを含むリン脂質抗体症候群、ベーチェット病などを含む血管炎症候群などが原因となる。 欧米では、凝固系第V因子の変異(factor V Leiden)がみかけられるが、日本では見つかっていない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状