Create issue ticket

考えれる17県の原因 リーシュマニア症, 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫

  • HIV感染症
    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • リーシュマニア症

    リーシュマニアリーシュマニアしょう、leishmaniasis)とはトリパノソーマ科の原虫リーシュマニアの感染を原因とする人獣共通感染の総称。サシチョウバエ類によって媒介される。[ja.wikipedia.org] 原虫の種によって症状にかなりの差があり、ヒトでは主に内臓リーシュマニア(カラアザール・黒熱病・ダムダム熱)と皮膚リーシュマニア(東洋瘤腫・エスプンディア・チクレロ潰瘍)とに分類される。WHOの試算によれば、88か国1200万人がリーシュマニアに感染しており、リーシュマニアは緊急に対策を要する6つの感染の1つとされている。[ja.wikipedia.org] 内臓リーシュマニア内臓リーシュマニアに関しては、古代の記述がまったく見付かっていない。熱帯病でこのように新しい原虫疾患は、内臓リーシュマニアのみである。現時点では1800年代後半に、初めて流行したとされているが、その世界最初の流行地でさえ、正確な位置が同定されていない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • ハンセン病

    ハンセン病とは末梢神経と皮膚に病変を起こす感染症ですが、既に薬と治療法が確立された完治する病気です。一方で患者・回復者への偏見や差別には長い歴史があり、現在も続いています。日本財団は、医療面での制圧、差別等の社会的問題解決のために活動しています。 THINK NOW ハンセン病 ― グローバル・アピール2019 日本財団は「世界ハンセン病の日」(1月の最終日曜日)に合わせて、「グローバル・アピール」を発表しています。14回目となる今年は、2019年1月30日(水)にインド・ニューデリーから世界へと発信しました。 ハンセン病とは?[…][nippon-foundation.or.jp]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • 人獣共通感染症

    アルボウイルス感染(黄熱、デング熱、ウエストナイル熱、日本脳炎、SFTS、クリミア・コンゴ出血熱、リフトバレー熱など)、発疹熱、マラリア、日本住血吸虫、肝吸虫リーシュマニアなど サプロズーノーシス(sapro-zoonosis) 病原体が発育・増殖の場として、有機物・植物・土壌などの動物以外の環境を必要とするもの。[ja.wikipedia.org] オウム病 ―等 原虫性人獣共通感染 マラリア ― 睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等 真菌性人獣共通感染症 クリプトコックス症 ― カンジダ[ja.wikipedia.org] SFTS ― リフトバレー熱 ― Bウイルス感染症 ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎 ― ダニ媒介性脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等 リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性人獣共通感染症 Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等 クラミジア性人獣共通感染[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • 連圏状ひ糠疹

    癜風 マラセチア毛包炎 スポロトリコーシス クロモミコーシス 疥癬 ツツガムシ病 ライム病 毛じらみ 頭じらみ リーシュマニア 表皮母斑 脂腺母斑 色素性母斑(ほくろ) 青色母斑 蒙古斑 血管腫(ポートワイン母斑・苺状血管腫) 貧血母斑 リンパ管腫 胼胝(たこ) 鶏眼(うおのめ) 色素性母斑(ほくろ) 汗管腫 尋常性白斑(しろなまず)[ja.wikipedia.org] ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • 木村病

    癜風 マラセチア毛包炎 スポロトリコーシス クロモミコーシス 疥癬 ツツガムシ病 ライム病 毛じらみ 頭じらみ リーシュマニア 表皮母斑 脂腺母斑 色素性母斑(ほくろ) 青色母斑 蒙古斑 血管腫(ポートワイン母斑・苺状血管腫) 貧血母斑 リンパ管腫 胼胝(たこ) 鶏眼(うおのめ) 色素性母斑(ほくろ) 汗管腫 尋常性白斑(しろなまず)[ja.wikipedia.org] ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • うっ滞性皮膚炎

    癜風 マラセチア毛包炎 スポロトリコーシス クロモミコーシス 疥癬 ツツガムシ病 ライム病 毛じらみ 頭じらみ リーシュマニア 表皮母斑 脂腺母斑 色素性母斑(ほくろ) 青色母斑 蒙古斑 血管腫(ポートワイン母斑・苺状血管腫) 貧血母斑 リンパ管腫 胼胝(たこ) 鶏眼(うおのめ) 色素性母斑(ほくろ) 汗管腫 尋常性白斑(しろなまず)[ja.wikipedia.org] ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • 多発血管炎性肉芽腫症

    癜風 マラセチア毛包炎 スポロトリコーシス クロモミコーシス 疥癬 ツツガムシ病 ライム病 毛じらみ 頭じらみ リーシュマニア 表皮母斑 脂腺母斑 色素性母斑(ほくろ) 青色母斑 蒙古斑 血管腫(ポートワイン母斑・苺状血管腫) 貧血母斑 リンパ管腫 胼胝(たこ) 鶏眼(うおのめ) 色素性母斑(ほくろ) 汗管腫 尋常性白斑(しろなまず)[ja.wikipedia.org] ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    癜風 マラセチア毛包炎 スポロトリコーシス クロモミコーシス 疥癬 ツツガムシ病 ライム病 毛じらみ 頭じらみ リーシュマニア 表皮母斑 脂腺母斑 色素性母斑(ほくろ) 青色母斑 蒙古斑 血管腫(ポートワイン母斑・苺状血管腫) 貧血母斑 リンパ管腫 胼胝(たこ) 鶏眼(うおのめ) 色素性母斑(ほくろ) 汗管腫 尋常性白斑(しろなまず)[ja.wikipedia.org] ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ[ja.wikipedia.org]

    不足: 前部側頭葉耳たぶ皮質下嚢腫

さらなる症状

類似した症状