Create issue ticket

考えれる277県の原因 リーシュマニア症

  • HIV感染症

    エイズとHIV感染は同じではありません エイズ(AIDS)とは 英語のAcquired Immunodeficiency Syndromeの頭文字をとったものです。 日本語では「後天性免疫不全症候群」といい、生まれた後にかかる(後天性)、免疫の働きが低下すること(免疫不全)により生じる、いろいろな症状の集まり(症候群)という意味になります。 HIV/エイズってどんな病気? 1)エイズはHIVに感染することによっておこる HIV(Human Immunodeficiency[…][jfap.or.jp]

  • リーシュマニア症

    リーシュマニアリーシュマニアしょう、leishmaniasis)とはトリパノソーマ科の原虫リーシュマニアの感染を原因とする人獣共通感染の総称。サシチョウバエ類によって媒介される。[ja.wikipedia.org] リーシュマニア 流行地 リーシュマニアは、サシチョウバエにより媒介される寄生虫疾患です。皮膚リーシュマニア、内臓リーシュマニア、粘膜皮膚リーシュマニアの3つの病型があります。リーシュマニアは、熱帯雨林 乾燥地帯の田舎で多く、都市部で少ない傾向にあります。[forth.go.jp] リーシュマニアリーシュマニアしょう、leishmaniasis)とは トリパノソーマ科 の 原虫 リーシュマニア の感染を原因とする 人獣共通感染 の総称。 サシチョウバエ 類によって媒介される。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    アルボウイルス感染(黄熱、デング熱、ウエストナイル熱、日本脳炎、SFTS、クリミア・コンゴ出血熱、リフトバレー熱など)、発疹熱、マラリア、日本住血吸虫、肝吸虫リーシュマニアなど サプロズーノーシス(sapro-zoonosis) 病原体が発育・増殖の場として、有機物・植物・土壌などの動物以外の環境を必要とするもの。[ja.wikipedia.org] アルボウイルス 感染( 黄熱 、 デング熱 、 ウエストナイル熱 、 日本脳炎 、 SFTS 、 クリミア・コンゴ出血熱 、 リフトバレー熱 など)、 発疹熱 、 マラリア 、 日本住血吸虫 、 肝吸虫リーシュマニア など サプロズーノーシス(sapro-zoonosis) 病原体が発育・増殖の場として、有機物・植物・土壌などの[ja.wikipedia.org] オウム病 ―等 原虫性人獣共通感染 マラリア ― 睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等 真菌性人獣共通感染症 クリプトコックス症 ― カンジダ[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚リーシュマニア症

    近年,日本企業やNGOの海外での活躍あるいは国際協力による政府関係者の渡航増加に伴って,リーシュマニア侵淫地である赴任国の僻地で罹患する症例が多くなってきた。わが国では1980年以降少なくとも22例の皮膚リーシュマニアが報告されている。多くがこのような企業戦士が感染した輸入症例である。[idsc.niid.go.jp] 内臓リーシュマニア、粘膜リーシュマニア、播種性皮膚リーシュマニア、そして皮膚リーシュマニアという種類があり、内臓リーシュマニアは カラアザール とも呼ばれ、時に命に関わります。その他のリーシュマニアは、皮膚や粘膜に症状が出ますが、命に別状はありません。 皮膚リーシュマニアは最もよく見られるリーシュマニアで、パキスタンの風土病です。[msf.or.jp] *** 皮膚リーシュマニアについて: 皮膚リーシュマニア (CL) は死に至る病気ではありませんが、蔓延する地域において甚大な影響をもたらしています。罹患で生じる醜い瘢痕は偏見や差別を生み、社会からの排除や教育の中断、経済的な損失をも引き起こし、更なる貧困を導きます。[dndijapan.org]

  • ハンセン病

    ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease, Leprosy)は、抗酸菌の一種であるらい菌 (Mycobacterium leprae) の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。[…][ja.wikipedia.org]

  • サシチョウバエ熱

    リーシュマニアリーシュマニアしょう、leishmaniasis)とは トリパノソーマ科 の 原虫 リーシュマニア の感染を原因とする 人獣共通感染 の総称。 サシチョウバエ 類によって媒介される。[ja.wikipedia.org] (英語) 【リーシュマニア・関連情報サイト】 リーシュマニア 同記事に「リーシュマニアは、サシチョウバエにより媒介される寄生虫疾患です。[emigration-atlas.net] 粘膜皮膚リーシュマニア 特定のタイプの原虫(主にビアーニア亜属のリーシュマニア)感染により発症した皮膚リーシュマニアから感染マクロファージが、鼻や口腔内、咽頭に転移することで発症します。皮膚リーシュマニアを放置し、治療が不十分な場合には、何年も経ってから粘膜皮膚リーシュマニアを発症します。[atm.eisai.co.jp]

  • ニューモシスチス肺炎

    当初はトリパノソーマリーシュマニアに有効性が見出されていた。1960年代にニューモシスチス・イロベチイに有効であることが判明した。商品名はベナンバックス であり注射薬と吸入薬がある。PCP治療では注射薬を用いるが添付文章で記載された4mg/kg/dayでは腎障害が高率に出現する。[ja.wikipedia.org] また抗原虫薬と抗真菌薬には交差感受性がある真菌である カンジダ・アルビカンス ( 英語版 ) Candida albicans なども抗原虫薬の ペンタミジン に感受性があり、 リーシュマニア など原虫疾患に アムホテリシンB が用いられている。 生態学 [ 編集 ] 本菌の培養は困難である。そのため生態に関しては限られた情報しかない。[ja.wikipedia.org]

  • 膣炎

    標的とする病気には呼吸器感染、季節的・流行性インフルエンザ、リーシュマニアなどが含まれている。 詳しい情報は へ。[response.jp]

  • 細菌性膣炎

    標的とする病気には呼吸器感染、季節的・流行性インフルエンザ、リーシュマニアなどが含まれている。 詳しい情報は リンク へ。[japan.cnet.com] 標的とする病気には呼吸器感染、季節的・流行性インフルエンザ、リーシュマニアなどが含まれている。 詳しい情報は へ。[response.jp]

さらなる症状

類似した症状