Create issue ticket

考えれる247県の原因 リンパ節腫脹, 水疱, 皮疹

  • 皮膚炎

    水疱:滲出性丘疹の内部に、より滲出液が貯留する状態。 膿疱:水疱内に炎症細胞が多く入り、肉眼的に濁りを認める状態。 湿潤:小水疱や膿疱が破れ、液体成分が漏出した状態。 結痂:漏出した滲出液が固まった状態。 落屑:障害をうけた表皮細胞が脱落した状態。 苔癬化:炎症が繰り返されて、表皮が反応性に肥厚した状態。[ja.wikipedia.org] (発疹) 炎症 アレルギー[ja.wikipedia.org] 湿疹の三角形は、湿疹として生じる固疹の形態(紅斑、漿液性丘疹、小水疱、膿疱、びらん、痂皮、落屑、治癒)を、通常とりうる経過を加えて表現した図である。慢性化するすなわち治癒しなかった場合は皮膚の肥厚、苔癬化を呈する内容も加えられている。経過が一定ではなく様々なパターンをとることが分かる。一方、病因論的に見ると典型的湿疹は接触皮膚炎である。[ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    確定診断としては水疱内容物のウイルス抗原を検出する方法、水疱内容物や血液中のウイルスDNAを検出する方法、血清IgG抗体価の上昇を確認する方法があるが、通常は行われない。一般のVZVモノクローナル抗体はHSVでも抗原抗体反応(交叉反応)を起こす。[ja.wikipedia.org] 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, を認めないことから無性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下しているとが現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変, 腎不全などによる免疫不全状態がその要因と考えられた.[jstage.jst.go.jp] 発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱)を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。[mhlw.go.jp]

  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 水疱
  • 全身性エリテマトーデス

    ループス頬部皮疹(頬部円板状皮疹は含まない)、水疱性ループス、SLEに伴う中毒性表皮壊死症、斑状丘疹状ループス皮疹、光線過敏ループス皮疹。あるいは、亜急性皮膚ループス(瘢痕を残さずに治る非硬化性の乾癬状あるいは標的状皮疹。炎症後の色素沈着異常や毛細血管拡張症を伴うことはある。) 2.[med.osaka-u.ac.jp] 抄録 &全身性エリテマトーデス(SLE)は男性にはまれな疾患である.今回,われわれは男性SLE 17例を対象に,その臨床像,血清学的および内分泌学的検討を行った.発症年齢,観察期間を一致させた女性SLEと比較して,男性例では日光過敏症が有意に多く(p 0.04),リンパ腫脹と中枢神経障害がやや多かった.腎障害は同率であったが,ネフローゼ症候群[jstage.jst.go.jp] 凍瘡様: 手指末梢に凍瘡のような外観を呈することがある。爪周囲に紅斑が観察されることもある。 レイノー症状: SLEに特異的ではないが、寒冷刺激によって手指の色調が白色化・青紫色化するレイノー症状が観察される。 リベドー: 四肢に淡褐色の網目状が見られることがある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 梅毒

    生後まもなく水疱性発疹、斑状発疹,丘疹状の皮膚病変に加え、鼻閉、全身性リンパ節腫脹、肝脾腫、骨軟骨炎、などの症状が認められる。 晩期先天梅毒では、乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にHutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)などの症状を呈する。[niid.go.jp] その後一旦病変が消褪するが、3 12週間後にはバラ、扁平コンジローマ、全身のリンパ節腫脹等の全身症状が起こる(早期顕症Ⅱ期)。この時期のは多岐にわたり、かつては全てのは診断が下されるまでは梅毒と考えるべきとも言われていた。その後数年間の無症状の時期を経て、大動脈瘤や多彩な神経症状を引き起こすことがある(晩期顕症)。[nih.go.jp] なおI期からII期への移行期、 II期の発疹消退期などにがみられない場合(潜伏梅毒)や、 陳旧性梅毒(既に治癒しているが血清反応のみ陽性)を無症候梅毒という。大半の患者は無症候梅毒で終始し自然治癒していると考えられている。また、 顕症梅毒においても自然治癒があると考えられるが、 正確な統計はない。[idsc.niid.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ腫脹、肝脾腫がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] 一般に、発熱、咽頭痛、リンパ腫脹の三徴を特徴とする。 1 - 2歳程度の幼少児の初感染では、発熱と口蓋扁桃の膿栓(白苔)を伴った腫脹・発赤が見られる程度で、特異的な症状が目立たないことが多い。このため、この年齢の児の初感染では伝染性単核球症と診断されないことが多く「扁桃炎」と診断されているものと思われる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 水疱
  • つつが虫病

    刺し口は有毒ツツガムシが吸着してから2-3日目に周囲に赤みのある小さな水疱として現れ、膿疱状に変化した後、10日目頃に周囲が赤く盛り上がった黒色の痂皮になる。その後は窪んだ潰瘍に転じ、1-2か月ほどで皮膚に覆われて治る。[ja.wikipedia.org] 抄録 症例は72歳,男性.発熱にて入院.その際,右下腿伸側に痂を有する丘を認めた.入院後,全身の発疹,意識障害,項部硬直,不随意運動が出現.髄液検査では細胞数15/μ1(リンパ球84%),タンパク70mg/d1であり,また脳波は全誘導で徐波化していた.臨床所見, Rickettsia tsutsugamushi に対する血清抗体価上昇より[doi.org] 第1例は73歳男性, 第2例は83歳女性で, 両症例とも, 発熱, 発疹, 刺し口の主要症候を認めたが, リンパ腫脹, 肝脾腫は認めなかった. 治療はテトラサイクリン系抗生物質の投与をおこない, 両症例とも速やかに解熱し, 発疹も徐々に消腿した.[joi.jlc.jst.go.jp]

  • クリオピリン関連周期熱症候群
    不足: 水疱
  • ヘルペス性湿疹

    検査 [ 編集 ] Tzanck試験 : 水疱液を ギムザ染色 し、ウイルス性巨細胞を検出する検査 血清抗体の検出: EIA法など ウイルス抗原の検出: モノクローナル抗体 を使用 PCR 法: HSV-DNAの検出 ウイルス分離: 水疱内容液から Vero細胞 などに接種して分離する方法 治療 [ 編集 ] アシクロビル または バラシクロビル[ja.wikipedia.org] 中毒 光線過敏症 ペラグラ 色素性乾症 ガラス圧法 皮膚真菌検査(KOH検査) 生検(病理検査) ダーモスコピー 貼布試験(パッチテスト) プリックテスト ツァンク試験 細菌培養検査 ウッド灯検査 皮膚外用療法 紫外線療法(PUVA療法、ナローバンドUVB療法) ケミカルピーリング 液体窒素療法 イオントフォレーシス 内服療法 手術 レーザー[ja.wikipedia.org] カポジ水痘様発疹症 (カポジすいとうようほっしんしょう)とは 単純疱 が経的に拡大し広範囲に病変を引き起こす疾患。 原因 [ 編集 ] 単純ヘルペスウイルス I型による。掻くことによって広がるため アトピー性皮膚炎 の患者などに多くみられる。 疲労 や ストレス が遠因となることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 全身型若年性特発性関節炎
    不足: 水疱

類似した症状