Create issue ticket

考えれる1,601県の原因 リンパ腫

  • 伝染性単核球症

    EBウイルスはまれに、バーキットリンパ腫や、鼻やのどにできるある種のがんなど、まれな種類のがんが発生する一因になることがあります。EBウイルスの特定の遺伝子が、感染した細胞の細胞分裂周期を変化させ、細胞をがん化させると考えられています。EBウイルスは、かつて疑われたような慢性疲労症候群( 治療 )を起こすことはありません。[msdmanuals.com] ときに、悪性リンパ腫や亜急性壊死性リンパ節炎などとの鑑別を要する場合があり、以下に述べる血清診断や、リンパ節生検を行うこともある。 白血球総数は正常ないしやや増加、好中球数は正常ないしやや減少(百分率は低下)する。リンパ球の著しい増加、異型リンパ球の出現(5 %以上になることが多い)が特徴的である。[ja.wikipedia.org] 早期に適切な治療がされず、肝臓や脾臓、リンパ節が腫れ、重症化すると、急性肝炎や肺炎、悪性腫瘍(バーキット-リンパ腫や上咽頭ガンなど)などを引き起こし、生命を失うことも稀にあります。ここ数年、この感染症が若い人達に感染、拡大(流行)しつつあり、医療関係者の間で懸念され、その予防が急務となっています。[pro.saraya.com]

  • 甲状腺腫

    メインメニュー 投稿ナビゲーション 甲状腺機能低下症 甲状腺の病気と妊娠 甲状腺の腫瘤は良性のもの(濾胞腺腫、腺腫様甲状腺腫など)と悪性のもの(甲状腺癌、悪性リンパ腫など)があります。これらが合併していることもあります。 濾胞腺腫(ろほうせんしゅ) 濾胞腺腫は甲状腺にできる良性の腫瘍です。[sagara.or.jp] 悪性腫瘍には甲状腺癌や悪性リンパ腫があります。まったく自覚症状のない場合もありますが大きくなると頸部腫瘤やのどの圧迫感、声がかすれるなどの症状が出現します。甲状腺癌では甲状腺切除が必要であり、悪性リンパ腫では化学療法や放射線療法を施行します。[city.matsusaka.mie.jp] 悪性リンパ腫:橋本病から発生すると言われています。 治療は乳頭癌、濾胞癌、髄様癌では手術が第一選択です。進行した場合にはアイソトープ治療、化学療法を行うこともあります。未分化癌、悪性リンパ腫では放射線治療や化学療法が行われます。乳頭癌や濾胞癌では甲状腺ホルモン薬を服用して進行が抑えられることがあります。[irakoclinic.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    2012年4月23日 甲状腺の悪性リンパ腫と診断 「悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫)」に関連する相談を見る[yomidr.yomiuri.co.jp] 代表的な病型として、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫があります。 (3) 高悪性度リンパ腫 日 週単位で急速に進行します。病状によっては、この診断を疑われた時点で緊急入院をすることもあります。高悪性度リンパ腫では、ほかのリンパ腫と異なり、入院を必要とする強力な化学療法を行います。[ganjoho.jp] 日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺悪性リンパ腫

    濾胞性リンパ腫 低悪性度リンパ腫で最も頻度が高く、最近日本で増加しているB細胞リンパ腫です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 悪性リンパ腫に対する正しい理解を 「悪性リンパ腫」という疾患をご存知ですか。悪性リンパ腫とは白血病や骨髄腫と同じ血液のがんで、血液の成分・白血球の一種であるリンパ球ががん化したものです。実は血液のがんの中では悪性リンパ腫の頻度が最も高く、悪性腫瘍全体でも罹患数は男女共に10位以内(※1)に入ってくる決して珍しくはない疾患です。[asahi.com] 悪性リンパ腫では、全身のリンパ節が腫れたり、臓器に腫瘤ができます。 胃に発生するリンパ腫には B細胞 リンパ腫、MALT(マルト)リンパ腫があります。小腸や大腸に発生するリンパ腫で最も多いものはびまん性大細胞型 B細胞 リンパ腫ですが、若年層ではバーキットリンパ腫が多く発生します。[onaka-kenko.com]

  • 大腸炎

    胃炎、慢性胃炎、胃腸炎、胃下垂、胃アトニ―、消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)、胃静脈瘤、胃癌、悪性リンパ腫、消化管間質腫瘍(GIST)、胃前庭部血管拡張症(GAVE)、アニサキス症、機能性胃腸症(Functional dyspepsia)。 カルチノイド、腸結核、上腸間膜動脈閉塞症。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺癌

    治療は悪性リンパ腫の組織型によって異なるが、放射線外照射、化学療法、もしくはその組み合わせを行う。放射性ヨード治療、TSH抑制療法は効果がない。早期発見すれば予後はおおむね良好。 甲状腺腫のうち、甲状腺癌の割合は約1/5である。40歳以上に多発し、男女比は1:4と女性に多い疾患である。[ja.wikipedia.org] 6)悪性リンパ腫 甲状腺にできる悪性リンパ腫は、甲状腺がんの中の約1〜5%です。慢性甲状腺炎(橋本病)を背景としている場合が多いとされています。甲状腺全体が急速に腫(は)れたり、嗄声や呼吸困難が起こったりすることがあります。 悪性リンパ腫の種類としては、MALTリンパ腫や、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫などがみられます。[ganjoho.jp] 悪性リンパ腫について 甲状腺原発悪性リンパ腫は比較的まれで、甲状腺悪性腫瘍の約1〜2%です。以前は急速に甲状腺が腫れてきたと訴えてくる患者さんが多かったのですが、慢性甲状腺炎の経過中に悪性リンパ腫が発見されることも多くなってきています。超音波検査と細胞検査で大体の診断がつきます。[kojosen.com]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群は主に中年期または高齢の患者に見られ、肺癌、乳癌、卵巣癌、リンパ腫で多い。腫瘍随伴症候群は病因となる悪性腫瘍の確定診断に先立って見られることが多い。このパラダイムでは、腫瘍細胞は(神経蛋白質等の)腫瘍拒絶抗原(参考)を発現し、部分的に(時には完全に)有効な抗腫瘍免疫反応を惹起して腫瘍増殖を抑制し、症状を軽減する。[ja.wikipedia.org] もちろん上皮小体の腫瘍でも高カルシウム血症となるが、その他の腫瘍で高カルシウム血症を引き起こしやすい腫瘍は、 犬ではリンパ腫、肛門嚢腺癌、猫ではリンパ腫、扁平上皮癌である。 ※高カルシウム血症は抗利尿ホルモンを抑制する効果があり、 多尿 となる。 ※持続的な高カルシウム血症は 尿細管への障害 を引き起こす。[tabaru.9syu.net] ( e )節外型 リンパ腫は体中どこにでも発生する腫瘍ですが、上記以外にも眼球、中枢神経系、骨、膀胱、心臓、鼻腔などに発生します。それらをまとめて節外型と表現します。 ②猫のリンパ腫 猫では白血病ウイルス( FeLV )感染の有無によりリンパ腫の発生年齢、好発部位、予後が大きく異なります。[kotesashi-pc.com]

  • リンパ腫

    悪性腫瘍 腫瘍学 ホジキンリンパ腫 非ホジキンリンパ腫 シェーグレン症候群 MALTリンパ腫 マントル細胞リンパ腫 濾胞性リンパ腫 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 血管内大細胞型B細胞性リンパ腫 菌状息肉症 セザリー症候群 A20/TNFAIP3 CureSearch日本版 悪性リンパ腫の診断、治療、治療終了後について 悪性リンパ腫・血液[ja.wikipedia.org] 濾胞性リンパ腫 低悪性度リンパ腫で最も頻度が高く、最近日本で増加しているB細胞リンパ腫です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] そのリンパ球ががんになって異常に増える病気が悪性リンパ腫です。 悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2種類に大きく分けられます。日本人の場合はホジキンリンパ腫は少なく、ほとんどが非ホジキンリンパ腫です。非ホジキンリンパ腫は、さらにB細胞リンパ腫とT/NK細胞リンパ腫に分類されます。[saiseikai.or.jp]

  • 脳腫瘍

    悪性リンパ腫 頭部CT、MRIにおいて、単発もしくは多発性で、造影剤により腫瘍が強く均一に造影される傾向にあります。腫瘍周囲には広範な脳浮腫が見られる傾向にあります。脳原発の悪性リンパ腫では、広範囲体幹CT、全身PETにおいて、脳以外の臓器に腫瘍を認めません。[takatsuki.aijinkai.or.jp] 悪性リンパ腫 悪性リンパ腫とは 頭蓋内に原発する節外性の悪性リンパ腫であり、大部分が免疫学的にB細胞リンパ腫で、比較的高齢者に多く、全原発脳腫瘍の2 3%を占めます。特徴的な症状はなく、ブドウ膜炎による眼症状が20 50%にあります。症状発現からの経過が早いことが特徴です。[www2.med.osaka-u.ac.jp] 2)中枢神経系原発悪性リンパ腫 (1)特徴 脳には明らかなリンパ組織がありませんが、脳から発生した悪性リンパ腫を中枢神経系悪性リンパ腫といいます。脳に悪性リンパ腫が見つかったときに、全身を調べて脳以外に病変がないという診断になって、はじめて中枢神経系原発悪性リンパ腫と診断されます。[ganjoho.jp]

  • 悪性骨腫瘍

    癌の骨転移や悪性リンパ腫や骨髄腫などの血液疾患を除いた原発性骨腫瘍は、米国では年間2100例が発生し、骨肉腫40%、軟骨肉腫20%、ユーイング肉腫12%、その他、線維肉腫、悪性線維性組織球腫の順に発生している。[mhlw.go.jp] 悪性リンパ腫には急速に進行するアグレッシブリンパ腫とゆっくり進行するインドレントリンパ腫があり、インドレントリンパ腫の一部は無治療観察を行うことがあります。[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp] 「血液系腫瘍」のうち多発性骨髄腫は骨に悪性リンパ腫は軟部組織・リンパ節に病巣を形成することが多いです。これらの疾患は血液科・化学療法科など関連する科と連携をとり診療にあたります。[kcch.kanagawa-pho.jp]

さらなる症状

類似した症状