Create issue ticket

考えれる110県の原因 リンパ節腫脹, 性感染症に対する陽性検査

  • 梅毒

    無痛性の所属リンパ腫脹を伴うことがある。無治療でも数週間で軽快する。 早期顕症梅毒 第 II 期梅毒 ; [血行性に全身に移行]第 I 期梅毒の症状が一旦消失したのち4〜10週間の潜伏期を経て、手掌・足底を含む全身に多彩な皮疹、粘膜疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛等が出現する。[niid.go.jp] その後一旦病変が消褪するが、3 12週間後にはバラ疹、扁平コンジローマ、全身のリンパ腫脹等の全身症状が起こる(早期顕症Ⅱ期)。この時期の皮疹は多岐にわたり、かつては全ての皮疹は診断が下されるまでは梅毒と考えるべきとも言われていた。その後数年間の無症状の時期を経て、大動脈瘤や多彩な神経症状を引き起こすことがある(晩期顕症)。[nih.go.jp] まず外陰部に初期硬結が,次いで1 2週間後に鼠径リンパ腫脹 (無痛性黄痃, よこね ) が現れる。これらの病変は約3週間後に自然消失し,第2の潜伏期に入る。 (2) 第2期梅毒 感染後3ヵ月頃から全身に対側性に バラ疹 ,丘疹,紅斑,膿疱などが反復して出没する。表在性の多発性リンパ腫脹も現れる。[kotobank.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] その他、リンパ腫脹、肝機能障害、黄疸、貧血、血小板減少等が見られることもある。不顕性感染となった場合も、眼病変などはおおよそ思春期頃まで遅発性の発症のリスクがあるとされている。[nih.go.jp] 発症した場合、発熱や倦怠感やリンパ腫脹などの非特異的な一過性の症状が起こり、時に伝染性単核症様の病態を呈する。通常、特異的IgGとIgMの抗体価測定により血清学的な診断を行う。 (2) 眼トキソプラズマ症 眼に孤発して発症する。先天性感染の再活性化で生じることが多く、後天性感染で発症することは稀である。[nih.go.jp]

  • 風邪

    しつこい咳を抑える風邪薬を探し求めている人に、残念なニュースだ。市販されているさまざまな咳止めの薬から米国で「風邪に効く」とされているチキンスープといった民間療法まで、あらゆる治療法に関して米国胸部医学会(ACCP)の専門家委員会が文献のシステマティックレビューを行ったところ、効果を裏付ける質の高いエビデンスがある治療法は一つもなかったという。これに基づき同委員会は指針をまとめ、「風邪による咳を抑えるために市販の咳止めや風邪薬を飲むことは推奨されない」との見解を示した。[…][carenet.com]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • アデノウイルス感染症

    耳前リンパ腫脹が生じることもある。結膜浮腫,疼痛,およびフルオレセイン染色で確認できる点状角膜病変を認めることがある。全身性の症候は軽度であるか,全くない。流行性角結膜炎は通常3 4週間以内に治まるが,角膜病変はそれ以上続くことがある。 呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱炎,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。[msdmanuals.com] また、頚部特に後頚部のリンパ腫脹と圧痛を認めることがある。潜伏期は5 7日とされている。ただし、生後14日以内の新生児に感染した場合は全身性感染を起こしやすいことが報告され、重症化する場合があることが報告されている 4) 。[niid.go.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 上気道感染症
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 性感染症

    (Vol. 29 p. 239-241: 2008年9月号) わが国の性感染症(STD)サーベイランスは、性病予防法に加え、1987年以降感染症発生動向調査事業により実施されてきた( 資料1 およびIASR 19: 198-199, 1998 )。1999年4月の感染症法施行後は法に基づく感染症発生動向調査において、梅毒の全数届出が医師に義務付けられ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症がSTD定点から毎月報告されている(届出基準は[…][idsc.nih.go.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 肺炎

    縦隔リンパ腫脹はまれであり,過敏性肺炎をサルコイドーシスから区別する目安となる。 肺機能検査 肺機能検査は,過敏性肺炎の疑いがある症例における標準評価の1つとして行うべきである。この症候群は,閉塞性,拘束性,または混合パターンの気道変化を引き起こしうる。[msdmanuals.com]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 伝染性単核球症

    年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ腫脹、肝脾腫がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] 一般に、発熱、咽頭痛、リンパ腫脹の三徴を特徴とする。 1 - 2歳程度の幼少児の初感染では、発熱と口蓋扁桃の膿栓(白苔)を伴った腫脹・発赤が見られる程度で、特異的な症状が目立たないことが多い。このため、この年齢の児の初感染では伝染性単核球症と診断されないことが多く「扁桃炎」と診断されているものと思われる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 皮膚炎

    皮膚炎(ひふえん)とは、皮膚に起こる炎症のこと。別名湿疹(英: Eczema)ともいう。湿疹の特徴として「外見上、多様性に富む固疹が、時間的にも状態的にもみられる」「病理学的にリンパ球などの炎症細胞浸潤がみられること」などがあげられるが、統一した定義をつけることが困難な概念である。外見の変化を専門的には湿疹の三角形と言われ別項に記す。 湿疹とは病態(動き)を示す言葉であり、ある湿疹を診た時に、発疹が起こっているとは言うことができるが、発疹を診てこれは湿疹だと言うことはできない(同じことが蕁麻疹でもいうことができる)。皮膚に起こる形態的徴候は皮膚科学の言葉で発疹として別に定義されている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査

さらなる症状

類似した症状