Create issue ticket

考えれる1,139県の原因 リンパ節腫脹

  • 上気道感染症

    咽頭部感染では咽頭炎、嚥下性障害、発熱、頸部リンパ腫脹がみられる。 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。[biseibutu.co.jp] 熱が38度以上、咳がない、前頸部リンパ腫脹を認める、扁挑がはれている、または扁挑に浸出物がある、年齢が3 14歳であるという項目に対して該当する項目数を数える。なお年齢が45歳以上の場合は-1とする。[ja.wikipedia.org] 局所の表在リンパ腫脹と痛み、特に腋下のリンパ腫脹が多い。4 5日後、いったん解熱した後、再び高熱が持続する。病原体は野兎病菌。哺乳類、鳥類の剥皮からの接触感染あるいは動物に噛まれたり保菌動物の調理によって汚染された器具から他の食材が汚染されての経口感染などがある。[biseibutu.co.jp]

  • 風邪

    風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、原因微生物の80 90%がウイルスの上気道感染症であり、主な影響は鼻に現れる。喉、副鼻腔、喉頭も影響を受ける可能性がある。症状はたいてい感染後二日以内に発生する。症状としては、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、鼻閉、頭痛、発熱、嗄声などが現れる。患者の多くは回復まで大抵7-10日間を要し、一部の症状は3週間まで継続しうる。他に健康に問題がある患者は、肺炎に進行する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 虫刺症

    その他、微熱、頭痛、倦怠感、鼠径リンパ腫脹と全身の筋痛を認めた。[idsc.nih.go.jp] 時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)など様々な症状を引き起こします。重症化し、死亡することもあります。[kansen-wakayama.jp] 時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)などさまざまな症状を引き起こします。重症化し、死亡することもあります。[city.asago.hyogo.jp]

  • アデノウイルス感染症

    耳前リンパ腫脹が生じることもある。結膜浮腫,疼痛,およびフルオレセイン染色で確認できる点状角膜病変を認めることがある。全身性の症候は軽度であるか,全くない。流行性角結膜炎は通常3 4週間以内に治まるが,角膜病変はそれ以上続くことがある。 呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱炎,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。[msdmanuals.com] また、頚部特に後頚部のリンパ腫脹と圧痛を認めることがある。潜伏期は5 7日とされている。ただし、生後14日以内の新生児に感染した場合は全身性感染を起こしやすいことが報告され、重症化する場合があることが報告されている 4) 。[niid.go.jp]

  • 性感染症

    症状がいったん消失しますが、治療せずにいると全身の発疹・リンパ腫脹、さらには数年 数十年後に、血管や神経の障害等の多様な症状をきたすことがあります。 症状は静かに進行していきます。 コンドームの適切な使用により、感染のリスクを減らすことができます。[city.hachinohe.aomori.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    先天性トキソプラズマ感染症には網脈絡膜炎、小眼球症、斜視、水頭症、小脳症、精神・運動障害、脳内石灰化像、肝脾腫脹、黄疸、リンパ腫脹、発疹、発熱など多彩な症状が見られます。これらの症状は新生児期に明らかなものばかりでなく、けいれんや精神・運動発達遅延などは乳幼児期以後に発病することがあります。 トキソプラズマ感染症は予防が大切です。[topics.or.jp] その他、リンパ腫脹、肝機能障害、黄疸、貧血、血小板減少等が見られることもある。不顕性感染となった場合も、眼病変などはおおよそ思春期頃まで遅発性の発症のリスクがあるとされている。[nih.go.jp] 腫脹,肝機能障害,黄疸,貧血,血小板減少などが見られることがあります.出生時に症状がなくても,眼病変などについては思春期頃までは遅発性の発症リスクが存在します.[zousantsushin.jp]

  • 肺炎

    縦隔リンパ腫脹はまれであり,過敏性肺炎をサルコイドーシスから区別する目安となる。 肺機能検査 肺機能検査は,過敏性肺炎の疑いがある症例における標準評価の1つとして行うべきである。この症候群は,閉塞性,拘束性,または混合パターンの気道変化を引き起こしうる。[msdmanuals.com]

  • 伝染性単核球症

    年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ腫脹、肝脾腫がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] リンパ腫脹は通常は対称的で,どのリンパ群にも起こりうるが,特に前頸部および後頸部リンパに多い。リンパ腫脹が唯一の症候である場合がある。 脾腫が約50%の症例にみられ,第2 3週目に最大となるが,通常は脾臓の端が触知できる程度にとどまる。軽度の肝腫大および肝の叩打痛を認めることがある。[msdmanuals.com] 伝染性単核球症は後頚部リンパ腫脹、 溶連菌性咽頭炎 は前頚部リンパ腫脹も鑑別点です。伝染性単核球症では末梢血に異型リンパ球が増加します、病名の由来です。[ohashinaika.jp]

  • 皮膚炎

    皮膚炎(ひふえん)とは、皮膚に起こる炎症のこと。別名湿疹(英: Eczema)ともいう。湿疹の特徴として「外見上、多様性に富む固疹が、時間的にも状態的にもみられる」「病理学的にリンパ球などの炎症細胞浸潤がみられること」などがあげられるが、統一した定義をつけることが困難な概念である。外見の変化を専門的には湿疹の三角形と言われ別項に記す。 湿疹とは病態(動き)を示す言葉であり、ある湿疹を診た時に、発疹が起こっているとは言うことができるが、発疹を診てこれは湿疹だと言うことはできない(同じことが蕁麻疹でもいうことができる)。皮膚に起こる形態的徴候は皮膚科学の言葉で発疹として別に定義されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    症状の経過 [神経痛様疼痛、瘙痒感、違和感、知覚異常(ピリピリ、チクチク)] (数日後)[浮腫状の紅斑(軽度の発熱、リンパ腫脹、頭痛) ] 小水疱(水ぶくれ:初めは透明であるが黄色になる) びらん(一部潰瘍)) (10 15日後)[乾燥して痂皮(かさぶた)] (3 4週間後)治癒 注意事項 ・水ぶくれは破らないように 痂皮になるまでは、水疱[self-medication.ne.jp] 側胸・腹部に多いが全身いずれの部位にも発生し,局所に神経痛やリンパ腫脹(しゅちょう)を伴う。健康な状態で発症することもあるが,多くの場合, 免疫 能力の低下した状態や ストレス などによって発症するとされる。治療には アシクロビル ,ビダラビンなどの抗ウイルス薬や ビタミンB (/12),鎮痛薬を投与する。[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状