Create issue ticket

考えれる762県の原因 リンパ球障害

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    これは、リンパを特に障害する作用が強く、繰り返し投与により、白血病細胞の数を減少させる力が強いですが、同時に正常リンパ数も減少させるため、免疫力の低下が認められます。このため、その治療に際しては、カリーニ肺炎、サイトメガロウイルス感染症、真菌感染症などの日和見感染症を予防することも重要です。 平成22年8月改訂[pref.aichi.jp]

  • 腸リンパ腫

    ,亜急性脳症,脳神経障害,眼科的障害,単神経障害・多発単神経障害などが続く.腫瘍細胞の大部分が大型B細胞リンパである.検査では血清LDH上昇,sIL-2受容体上昇,頭部MRI異常,髄液蛋白の上昇などがみられるが,最終的診断は小血管の血管腔内に充満する腫瘍細胞を生検で組織学的に確認することであり,最近は皮下組織まで至るランダム皮膚生検が有用[kotobank.jp] ステロイドの使用は避けるべきである.治療は化学療法と放射線療法の併用である. b.血管内リンパ腫(intravascular lymphoma) 血管内リンパ腫は,おもに血管内で腫瘍細胞が増殖し,神経症状を含め多彩な症状を示す疾患である.神経症状は全経過中85%にみられ,最も頻度が高いのは多発性脳梗塞を主体とする脳血管障害であり,脊髄・神経根障害[kotobank.jp]

  • 有毛細胞白血病

    有毛細胞白血病(ゆうもうさいぼうはっけつびょう、英: Hairy cell leukemia)とは、B細胞由来の白血病で、周囲に毛様の突起を出す白血細胞を特徴とする疾患である。 全身倦怠感、発熱、食欲不振、脾腫(80 90%)、肝腫大(30 40%)、皮下出血、点状出血を認め、慢性に経過し、汎血球減少を呈し、骨髄はdry tapとなる。 高齢者(平均60代)、男性(男女比1 1.5:1)に多く、欧米に対し日本人では稀な疾患である。 CD11c、CD19、CD20、CD25陽性。骨髄ではびまん性のhairy cellの浸潤、特徴的な蜂巣様組織像、繊維化が見られる。 クラリビン(代謝拮抗薬)が有効。 白血病[ja.wikipedia.org]

  • 急性HIV感染症
  • ガラクトシアリドーシス

    若年/成人型では、5歳以後、多くは10歳以後に視力障害などの症状で発症し、小脳性失調、ミオクローヌス、痙攣発作、錐体路障害、眼底のチェリーレット斑(図1)、角膜混濁、粗な顔貌、骨の変形(図2)、被角血管腫、リンパの空胞化(図3)、腎障害、心障害などの多彩な臨床症状が出現する。[japan-lsd-mhlw.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    体内での免疫担当細胞ではリンパの役割はもちろん非常に大きいですが、肺内の主要な細胞は肺胞マクロファージであることから実はマクロファージの役割も非常に大きく、しかし、そのマクロファージの機能では依然未知の部分も多いのが現状です。また、肺胞を構築する肺胞上皮細胞も疾患のpathogenesisとの関連で未知の部分が多いのです。[tm.nagasaki-u.ac.jp] この観点は感染症という炎症の話だけではなく、ここ最近は様々な非感染性の疾患も炎症性疾患として認識されてきており(COPD、気管支喘息、動脈硬化症、関節リウマチなどの自己免疫性疾患)、炎症の遷延、炎症終息の障害という観点からはある意味共通したリサーチ・クエスチョンが根底にはあります。[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • 鉄欠乏症

    一方リンパ系の造血はあまり障害されないの で血中のリンパは減りません。症状は軽い人から重症の人までさまざまで す。大体年間 3,000人から5,000人 の患者がいるとされます。 良く知られているようにこの貧血の一部は、放射線、薬剤などが原因で発症し ます。[city.gifu.med.or.jp] リンパの一部は形質細胞という抗体を作 る細胞に変化します。 さて、再生不良性貧血はこの造血機能の障害です。障害されるのは、骨髄系幹 細胞と、それが分化した赤芽球系、顆粒球単球系、および血小板のもとである 巨核球系の幹細胞です。[city.gifu.med.or.jp]

  • 貧血

    10 多発性骨髄腫 多発性骨髄腫は、免疫機能を持つ形質細胞というリンパががん化して骨髄中に増える疾患です。全身の倦怠感や腰痛などの症状の他に、造血機能に障害をきたすために貧血が起きたり、体の抵抗力が低下して呼吸器系の感染症にかかりやすくなります。[takeda-kenko.jp]

  • 歯齦炎

    8).薬剤性過敏症症候群:初期症状として発疹、発熱がみられ、更に肝機能障害リンパ節腫脹、白血球増加、好酸増多、異型リンパ球出現等を伴う遅発性の重篤な過敏症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う(なお、ヒトヘルペスウイルス6再活性化(HHV 6再活性化)等のウイルス再活性化[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状