Create issue ticket

考えれる44県の原因 リンパ球性胃炎

  • リンパ球性胃炎

    形質細胞性胃炎/平滑筋肉腫/リンパ腫/胃癌/肥満細胞腫/胃潰瘍/胃・十二指腸潰瘍/肥大性幽門狭窄症/急性膵炎に続発した胃幽門洞、十二指腸の肥厚/異物:ヒモ状異物/異物:釣り糸/異物:噴門に刺さった釣り針/異物:ストッキング/異物:靴ひも/異物:タオル/異物:生理用品/胃内視鏡を使ったヒモ状異物の除去法/異物:鶏骨/異物:その他/ネコ回虫[pharm-p.com] 最終的に慢性萎縮胃炎を伴ったリンパプラズマ細胞十二指腸炎と診断した。再度問診にて数ヶ月前よりHill'sのフードから市販フードに変更していたことを確認した。小腸疾患用の食事(CIW)、サラゾピリン、H2ブロッカーを10日間処方し、嘔吐は消失し便の状態も改善した。[sagamigaoka-ac.com] 好酸性胃炎と肉芽腫 :胃粘膜や粘膜下、平滑筋内に成熟した好酸が散在あるいは焦点的な浸潤を特徴とする。リンパ球やプラズマ細胞、好中球の浸潤も見られる。[tabaru.9syu.net]

  • 胃炎

    病理 表層胃炎: この症状における主な浸潤の炎症細胞は,好中の混ざったリンパ球とプラズマ細胞である;炎症は表在的で胃前庭部か胃体部,またはその両方を含む。通常,萎縮または化生は伴わない。発症率は年齢とともに増加する。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎は、急性炎症と慢性炎症が混在した慢性活動胃炎と呼ばれる慢性胃炎状態です。若年者のピロリ菌感染胃炎の典型として鳥肌胃炎があります。これはリンパやリンパ濾胞による慢性炎症が主体となり、萎縮をほとんど認めませんが、除菌治療の良い適応疾患となります。[jsge.or.jp] MALTリンパ腫(偽リンパ腫): 胃粘膜における多量のリンパ様浸潤を伴う病気で,メネトリエ病に類似している。(後述「消化潰瘍」の「合併症」の胃癌の考察を参照)。 全身性疾患による胃炎: サルコイド,結核,アミロイド,その他の肉芽腫性病変は胃炎の原因となるが,臨床上重要な問題になることは少ない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 急性胃炎

    【原因は何か】 慢性胃炎は、急性胃炎のように完全に治りきることはまれといわれています。病理学的にみると、当初は表層胃炎と呼ばれるリンパを中心とする炎症細胞浸潤(しんじゅん)がみられます。胃炎が長期化してくると、胃粘膜は次第に萎縮(いしゅく)し、胃酸や粘液を分泌しない状態になり、萎縮性胃炎と診断されます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 一方,慢性胃炎の場合には,リンパなどの炎症細胞浸潤の組織像に合致する, 胃炎の分類(新シドニーシステム) 内視鏡所見 浮腫,発赤,脆弱性,浸出液,平坦びらん,隆起びらん,粘膜ヒダ萎縮,粘膜ヒダ過形成,血管透見性,壁内出血斑,結節性変化 診断のカテゴリー:発赤性・浸出液胃炎,平坦びらん性胃炎,隆起びらん性胃炎,萎縮性胃炎,出血性胃炎,ひだ[ichikawa.org] 病理 表層胃炎: この症状における主な浸潤の炎症細胞は,好中の混ざったリンパ球とプラズマ細胞である;炎症は表在的で胃前庭部か胃体部,またはその両方を含む。通常,萎縮または化生は伴わない。発症率は年齢とともに増加する。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 上部消化管出血

    病理 表層胃炎: この症状における主な浸潤の炎症細胞は,好中の混ざったリンパ球とプラズマ細胞である;炎症は表在的で胃前庭部か胃体部,またはその両方を含む。通常,萎縮または化生は伴わない。発症率は年齢とともに増加する。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] MALTリンパ腫(偽リンパ腫): 胃粘膜における多量のリンパ様浸潤を伴う病気で,メネトリエ病に類似している。(後述「消化潰瘍」の「合併症」の胃癌の考察を参照)。 全身性疾患による胃炎: サルコイド,結核,アミロイド,その他の肉芽腫性病変は胃炎の原因となるが,臨床上重要な問題になることは少ない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • びらん性胃炎

    一方,慢性胃炎の場合には,リンパなどの炎症細胞浸潤の組織像に合致する, 胃炎の分類(新シドニーシステム) 内視鏡所見 浮腫,発赤,脆弱性,浸出液,平坦びらん,隆起びらん,粘膜ヒダ萎縮,粘膜ヒダ過形成,血管透見性,壁内出血斑,結節性変化 診断のカテゴリー:発赤性・浸出液胃炎,平坦びらん性胃炎,隆起びらん性胃炎,萎縮性胃炎,出血性胃炎,ひだ[ichikawa.org] 病理 表層胃炎: この症状における主な浸潤の炎症細胞は,好中の混ざったリンパ球とプラズマ細胞である;炎症は表在的で胃前庭部か胃体部,またはその両方を含む。通常,萎縮または化生は伴わない。発症率は年齢とともに増加する。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] MALTリンパ腫(偽リンパ腫): 胃粘膜における多量のリンパ様浸潤を伴う病気で,メネトリエ病に類似している。(後述「消化潰瘍」の「合併症」の胃癌の考察を参照)。 全身性疾患による胃炎: サルコイド,結核,アミロイド,その他の肉芽腫性病変は胃炎の原因となるが,臨床上重要な問題になることは少ない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 好酸球性胃炎

    好酸性胃炎と肉芽腫 :胃粘膜や粘膜下、平滑筋内に成熟した好酸が散在あるいは焦点的な浸潤を特徴とする。リンパ球やプラズマ細胞、好中球の浸潤も見られる。[tabaru.9syu.net] アレルギー性好酸食道炎 急性腐蝕胃炎 潰瘍大腸炎 クローン病 アレルギー性好酸性胃腸炎 蛋白漏出性胃腸症 腸リンパ管拡張症 吸収不良症候群 熱帯性スプルー 単純性腸潰瘍 急性出血性直腸潰瘍 クロンクハイト・カナダ症候群 痔核 急性肝炎 重症急性肝炎 胆汁うっ滞性急性肝炎 劇症肝炎 アルコール性肝炎 急性肝内胆汁うっ滞 薬剤性肝障害[ja.wikipedia.org] 粘膜関連リンパ組織(MALT)リンパ腫 このまれな病態は,胃粘膜への大量のリンパ浸潤を特徴とし,メネトリエ病に類似することがある。 全身性疾患に起因する胃炎 サルコイドーシス,結核,アミロイドーシス,その他の肉芽腫疾患は胃炎を引き起こしうるが,その場合に胃炎が最も重要であることはまれである。[msdmanuals.com]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    扁桃組織では(恒常的と言っても差し支えないほど)上皮内に非腫瘍性リンパ球の浸潤が観察されるし、唾液腺の非腫瘍の慢性炎症でも導管上皮内へのリンパ浸潤が観察される。 慢性活動胃炎(chronic gastritis, active inflammation)においては腺上皮内への好中を含む小リンパ球浸潤が少なからず観察される。[cir.ncc.go.jp] 炎症性か、MALTリンパ腫か 未治療の消化管生検組織に認められる小型-中型リンパ集簇巣が、細胞密度が高く、領域を示す場合は悪性リンパ腫と診断可能もしくは強く疑われる。H. pylori感染に伴う慢性活動性胃炎ではしばしば粘膜固有層内に複数の二次リンパ濾胞を形成するので、結節性増殖パターンを示すリンパ腫と鑑別を要する。[cir.ncc.go.jp]

  • 非乏尿性腎不全

    《続きを見る》 9 doxorubicin 68 上腹部痛、下痢、不整脈、不穏状態、両下肢発疹、両側感音性難聴、便潜血、便秘、全身倦怠感、出血性膀胱炎、切迫性尿失禁、創部発赤、創部腫脹、口内炎、吐気・嘔吐、嗄声、嘔吐、嘔気、好中数減少、好中減少、好中減少症、心毒性、心筋症、急性嘔吐、急性壊死胃炎、急性毒性、急性白血病、急性非リンパ性白血病[selimic.imic.or.jp]

  • 非吸収性肺炎

    病理 表層胃炎: この症状における主な浸潤の炎症細胞は,好中の混ざったリンパ球とプラズマ細胞である;炎症は表在的で胃前庭部か胃体部,またはその両方を含む。通常,萎縮または化生は伴わない。発症率は年齢とともに増加する。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] MALTリンパ腫(偽リンパ腫): 胃粘膜における多量のリンパ様浸潤を伴う病気で,メネトリエ病に類似している。(後述「消化潰瘍」の「合併症」の胃癌の考察を参照)。 全身性疾患による胃炎: サルコイド,結核,アミロイド,その他の肉芽腫性病変は胃炎の原因となるが,臨床上重要な問題になることは少ない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    病理 表層胃炎: この症状における主な浸潤の炎症細胞は,好中の混ざったリンパ球とプラズマ細胞である;炎症は表在的で胃前庭部か胃体部,またはその両方を含む。通常,萎縮または化生は伴わない。発症率は年齢とともに増加する。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] MALTリンパ腫(偽リンパ腫): 胃粘膜における多量のリンパ様浸潤を伴う病気で,メネトリエ病に類似している。(後述「消化潰瘍」の「合併症」の胃癌の考察を参照)。 全身性疾患による胃炎: サルコイド,結核,アミロイド,その他の肉芽腫性病変は胃炎の原因となるが,臨床上重要な問題になることは少ない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状