Create issue ticket

考えれる64県の原因 リンパ球増加

  • 伝染性単核球症

    ときに、悪性リンパ腫や亜急性壊死性リンパ節炎などとの鑑別を要する場合があり、以下に述べる血清診断や、リンパ節生検を行うこともある。 白血球総数は正常ないしやや増加、好中数は正常ないしやや減少(百分率は低下)する。リンパの著しい増加、異型リンパの出現(5 %以上になることが多い)が特徴的である。[ja.wikipedia.org] 異型リンパの出現は、EBウイルスがBリンパに感染し、感染細胞に対する細胞性免疫反応により活性化された幼若なT細胞が増加することによる。 多くの症例で肝脾腫を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマToxoplasma gondiiは、単細胞の原虫です。世界中でみられます。人に寄生して、トキソプラズマ症という感染症を起こします。アメリカ合衆国では、6000万人以上が感染していますが、ごくわずかの人でしか症状は見られません。それは、免疫の働きが、通常、病気を起こさないように、トキソプラズマを抑え込んでいるからです。[…][city.yokohama.lg.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    また、気管支鏡で 肺胞 洗浄を行なうと、洗浄液中の総細胞数やCD4陽性Tリンパ増加している所見が認められ、診断の参考になります。 しかし、サ症の確定診断のためには、生検によって、病巣の組織の中に類上皮細胞肉芽腫を見つけることが必要です。[nanbyou.or.jp] サルコイドーシスにおいては多くの場合、気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数、リンパ比率、CD4/CD8比が増加する。総細胞数やリンパ比率の上昇は種々のびまん性肺疾患で観察されるが、CD4/CD8比の上昇が加わった場合はサルコイドーシスを疑う大きな根拠となる。[ja.wikipedia.org] なお、BALFは喫煙の影響を受け、喫煙によって総細胞数は3 4倍に増加し、マクロファージの比率が増加し、リンパ比率が低下する。CD4/CD8比も低下するとされている。 サルコイドーシスの約50%に眼病変が生じるとされておりその多くはぶどう膜炎と呼ばれる眼内炎症疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • ヘロイン依存症
  • 慢性リンパ性白血病

    分類 病期 基準 生存期間中央値 [5] Rai分類 低リスク 0 リンパ増加のみ。[ja.wikipedia.org] 慢性骨髄性白血病では、血液、骨髄の両方で芽から成熟した細胞まで白血球の著明な増加があり血小板も増加していることが多く、慢性リンパ性白血病では成熟したリンパが著明に増加する。 急性白血病細胞は分化能を失い幼若な形態(芽球)のまま数を増やすので、骨髄は一様な細胞で埋め尽くされる。[ja.wikipedia.org] National Cancer Insititute-sponcered Working Groupの1996年の診断基準では末梢血のリンパ数が5000個/μl以上、増加している細胞がB細胞性でCD5 かつ骨髄でリンパが30%以上とされるが、骨髄検査は診断には必須ではないとされる [6] 。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    3)マクログロブリン血症 臨床症状に加え、血清中にIgM型のM蛋白が増加(3g/dl以上)し、骨髄液検査でリンパに似た異常な形質細胞が多数認められる場合に診断がつきます。 病期(ステージ) 診断後、病気の拡がりや程度(病期)を決めるためのさらに詳しい検査が必要になります。病期は治療法の選択や予後の推定に重要です。[niigata-cc.jp]

  • 子宮頸癌

    子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。そこに生じる悪性の上皮性病変(癌)のこと。 発生頻度は発展途上国で高い。発症は20代から40代で高く、死亡は25歳未満ではまれであり、特に高齢者に多い。主な原因に、主に性交渉にって感染するヒトパピローマウイルス (HPV)の感染があるが、大部分の人で通常は免疫によってHPVは排除される。子宮頸癌の人々の87.4%に、HPVの感染が確認されている。ほかの部位のがんに比較して生存率は高く、検診により死亡率は最大80%減少する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状