Create issue ticket

考えれる206県の原因 リンパ性腸疾患

  • コクサッキー ウイルス感染症

    (1)、ロタウイルス炎(1) EBウイルス 3 1 発疹症(1)※、鼻咽頭炎(1) 頚部リンパ節腫・伝染単核球症疑い(1) 発疹性疾患(じんま疹様)(1)※※ サイトメガロ 1 発疹症(1)※ アストロ 2 感染性胃腸炎(2) アデノ 2 4 気管支炎・アデノウイルス感染症(1) 単純ヘルペス疑い・ヘルパンギーナ疑い(1)※※※ 手足口病[pref.nara.jp] ・ノロウイルス腸炎(1) ノロ GII.6 1 感染性胃腸炎・ロタウイルス腸炎(1) ヒトパレコ 3 2 ウイルス性敗血症(2) ライノ A 1 咽頭結膜熱(1) ライノ C 1 発疹症(1) ※重複感染 平成30年6月分 検出病原体 北部 中部 南部 その他 臨床診断名 A群ロタ G1 1 ロタウイルス腸炎(1) A群ロタ G9 2 感染胃腸炎[pref.nara.jp]

  • 十二指腸憩室

    1 prednisolone 155 上気道感染、下肢深部静脈血栓症、下肢蜂窩織炎、下肺野浸潤影、下腿浮腫増悪、下腿硬結、不眠、不穏状態、中心性漿液性脈絡網膜症、中枢性副腎不全、亜急性心筋梗塞、低Na血症、低カリウム血症、低血糖、低血糖症、低血糖脳症、倦怠感、偽膜炎、傾眠傾向、免疫不全症関連リンパ増殖疾患、再発性水痘、冠動脈異常、出血性膀胱炎[selimic.imic.or.jp]

  • タンパク喪失性腸症

    IBD(炎症疾患) LPE(リンパ球形質細胞炎) 腸リンパ腫 PLE(たんぱく漏出性腸症) IL(リンパ管拡張症) といった用語が定義と分類がグチャグチャにメディアに記載されているので混乱を招きます。[haruanimalhospital.com] 1 消化不良 膵外分泌不全症(EPI)など 2 非蛋白喪失吸収不良 食事反応、寄生虫症、炎症疾患、腫瘍疾患などが考えられます。 3 蛋白喪失吸収不良 リンパ管拡張症、重度の炎症疾患、消化器型リンパ腫など[bright-vet.com] 遺伝的な場合もありますが、ほとんどは他の疾患に伴って認められます。原因となる疾患としては、リンパ管拡張症、重度の炎症疾患(IBD)、腸管型リンパ腫などもあれば、胃や腸の潰瘍やびらん、重度の感染性、寄生性腸疾患など様々です。犬で主にみられます。 症状としては、慢性的な下痢や嘔吐が認められることが多いです。[midori-vet.com]

  • リンパ球性胃炎

    リンパ球・形質細胞炎 15年06月14日 リンパ球・形質細胞炎は犬・猫の炎症疾患( IBD )のもっとも頻繁に認められるパターンのひとつです。[minamigaokaah.com] :炎症疾患(IBD)重度の粘膜所見/十二指腸疾患:炎症疾患(IBD)の粘膜所見/若齢犬に見られる炎症疾患(IBD)/IBD、リンパ管拡張症/ 治療による炎症疾患( I B D )グレードの変化/IBD穿孔性十二指腸潰瘍/十二指腸潰瘍と空腸瘻設置術/ 十二指腸潰瘍/ポリープ様腺癌/ 蛋白喪失性腸症(PLE)/消化器型リンパ腫[pharm-p.com] 感染症、異物、食物アレルギーなどあらゆる原因が除外されても原因が特定できない場合には、いわゆる炎症疾患(IBD)を考慮する必要があります。[29fuku.com]

  • 虫垂炎

    ここで、同じ症状をおこす大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)、移動盲腸(いどうせいもうちょう)(コラム「 移動盲腸 」)、付属器炎、間膜(ちょうかんまく)リンパ節炎(せつえん)、子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)など、ほかの疾患との鑑別診断が必要です。[kotobank.jp]

  • 小腸内細菌異常増殖

    書籍・雑誌 全国送料無料でお届け 品切れ 4,536 円(税込) 目次 別冊・医学のあゆみ 腸内細菌と疾患 ―目次― 特集 腸内細菌と疾患 総論 1.腸内細菌研究の基礎分野における近年の進歩 ―腸内細菌の解析方法,代謝 2.腸内細菌と疾病とのかかわり―臨床からみた近年の進歩 3.内細菌と腸管免疫系―近年の進歩 4.炎症疾患における プロバイオティクス・プレバイオティクス[molcom.jp] 251(1): 13 -17 2014 腸内細菌と腸管免疫系 - 近年の進歩 大野博司 理化学研究所統合生命医科学研究センター粘膜システム研究グループ 医学のあゆみ 251(1): 18 -22 2014 炎症性腸疾患におけるプロバイオティクス・プレバイオティクス療法 - 最近の進歩 光山慶一 久留米大学医学部内科学講座消化器内科部門炎症疾患[mol.medicalonline.jp] の増殖を抑制することも明らかとなった.また,私たちは,内常在細菌の異常増殖が起こりリンパ増殖疾患を発症しているG23SマウスにW27 IgA抗体を経口投与することで,内細菌叢の改善やパイエル板胚中心B細胞数が著しく減少するなどの良い効果も得た.[katosei.jsbba.or.jp]

  • びらん性胃炎

    食道、胃、十二指腸、他の炎症(その他良性疾患) 食道、胃、十二指腸、小腸、結腸、直腸の潰瘍、憩室炎等の炎症疾患 麻疹,腸管合併症を伴うもの 非特異間膜リンパ節炎 腸間膜リンパ節炎 非特異性腸間膜リンパ節炎 食道炎 術後食道炎 食道炎 食道膿瘍 アルカリ性食道炎 壊死性食道炎 化学性食道炎 感染性食道炎 消化性食道炎 放射線食道炎 腐食性食道炎[scuel.me]

  • 腹膜線維症

    ANCA関連血管炎(GPA、MPA、EGPA)、腺癌、扁平上皮癌、腫瘍周囲浸潤、Castleman氏病、皮膚形質細胞増多症、Erdheim-Chester病(組織球細胞の全身の浸潤を特徴とする稀な疾患)、炎症筋線維芽細胞腫瘍、炎症疾患リンパ増殖疾患(節外周辺帯B細胞リンパ腫、リンパ形質細胞性リンパ腫、濾胞性リンパ腫)、穿孔性膠原線維症[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 虫垂膿瘍

    ここで、同じ症状をおこす大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)、移動盲腸(いどうせいもうちょう)(コラム「 移動盲腸 」)、付属器炎、間膜(ちょうかんまく)リンパ節炎(せつえん)、子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)など、ほかの疾患との鑑別診断が必要です。[kotobank.jp]

  • 精巣疾患

    このアプローチは一般に、後腹膜の複数領域にリンパ節腫脹がみられるか、馬蹄腎または骨盤腎、あるいは炎症疾患など放射線療法が禁忌であるIIA期およびIIB期患者にのみ適応される。 [ 7 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] 後腹膜リンパ節郭清(RPLND)は、放射線療法と化学療法が禁忌であるまれな男性に実施されることがある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

さらなる症状